天武・持統天皇陵から橘寺へ

2011.11.10(18:30)

天武・持統天皇陵111004

 高松塚古墳の後は、埋葬されている天皇が誰であるか確実と言われている天武・持統天皇陵へ向かいました。
 遠くから眺めると、高さはさほどでもないと思いましたが、いざ駐輪場へ自転車を停めて登りはじめるとかなりあります。
 きょうも厳しい日になるのかなあ、などと思い始めました。


天武・持統天皇陵近景111004

 文春新書から10月20日に『天皇陵の謎』(矢澤高太郎)という新書が出ていまして、その中で引用されている研究によりますと、天皇陵の中で被葬者が確実とされている天皇陵は、天智天皇陵とこちらの天皇陵の二基だけだそうです。( mico さんの情報では、最近「斉明天皇陵」が正しいとされたそうですが…)
 だから、この機会にこちらにはぜひ立ち寄っていこう、と思っていたのでした。
 というのは、「結局は『大化の改新』以降、歴史がやっとほんとうに確実な日本国の歴史となっていく」と、そんな印象を抱いているからなのです。細部が詳しくなり、権力争いなどもかなり具体的になっていく印象があります。


天武・持統天皇陵の景色111004

 天皇陵の上からの景色です。高いので遠くまで見渡せます。


亀石付近の畑111004

 自転車をさらに漕いでいくと、道が狭くなり、小中学生の自転車とすれ違います。中にはぼくに道を尋ねてくる子もいますが、横浜から初めてやってきたぼくにわかるはずもありません。
 
 畑の写真をとったのですが、近寄って撮っていないので、この白い花が何なのかわかりません。


亀石付近のアキノノゲシ111004

 アキノノゲシが元気に咲いています。


亀石111004

 「亀石」です。ユーモラスです。彫った人はセンスがあります。
 よく「○○岩」とか、渓谷などではそのような名前が付けられた奇岩がありますが、「岩が何かに似ているからって、べつにどうだっていいじゃないか」と、思わないでもありません。でも、こちらはなかなかアートを感じさせます。由来はいくつかの説があるようですが、正体は想像するだけで謎とされています。伝説は伝説でそれらしき「お話」があるようです。


橘寺門前到着111004

 さあ、聖徳太子と関係の深い「橘寺」の門前に到着しました。

 ----------------------------

 最近読んだ本 : 知れば知るほどおもしろい 古代韓国の歴史と英雄/康熙奉
          ↑ 「白村江の戦い」とか、百済、高句麗からの仏教の伝来とか、「明日香」の記事とも深い関係があります。
        破戒/島崎藤村
        ローマ人の物語35 ~ 最後の努力(上)/塩野七生
        ローマ人の物語36 ~ 最後の努力(中)/塩野七生
コメント
ディックさま^^こんにちは~♪

百人一首の中で一番はじめに覚えましたのが、
持統天皇の御歌でした。。。
ここから香久山は近いのですか~?

ふぅ~む・・・という感じの亀石ですね。
ヒガンバナが素敵なあしらいです。。。
いつの世にも諧謔にあふれる芸術家がいるものと、
思いました。


【2011/11/12 14:49】 | 紗真紗 #- | [edit]
hirugao さん、
「少し前の秋」にズキっときています。まあ奈良旅行記もこの辺りからスピードが上がりまして、わが家の花とか、「いまの晩秋」も出てくるよう配慮しています。
「天皇陵」というのが、じつは「天皇陵」かどうかも判明していないものが多く、被葬者が特定できない古墳が大半だそうです。一番の原因は、宮内庁が調べさせないということだそうで…。
【2011/11/11 11:01】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
明日香巡りを終えたあと、そういえば壮大な「前方後円墳」をまだ見ていない、と不満が募りまして、翌日はまた馬鹿な歩きをやるのです。しかも雨が降りまして…。前方後円墳体験というのは、時間ばかり掛かって割が合わない見学でした。大きすぎます(笑)
こちら天武・持統天皇陵は手頃でした。亡くなった人の墓に労力を掛けすぎるのはあまり賛成できません。現世を大切にしないと…。
【2011/11/11 10:56】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
古代のセンスは現代に通じる、と感じました。
まあ、ほかに、わけのわからない石もいろいろありましたが、これはちょっと訴えてきましたね。
【2011/11/11 10:52】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、小肥り さん、
家にシャクチリソバがあって、たくさん咲いたらこんな雰囲気かなあ、というのはありました。でも本来の「ソバ」を見たことがありませんし…。
畦道がやや下のほうで、下りていくのがちょっと面倒、と思ったため、花のソバへ近づきませんでした(笑)。
【2011/11/11 10:50】 | ディック #- | [edit]
立派な整然とした古墳ですね。

関東はこのような古墳の多いところできちんとされていますね。
もちろん天皇様のですものね。

少し前の秋を楽しませて頂きました。
【2011/11/11 10:16】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
このあたり、天皇御陵墓けっこうたくさんあるんですよね。
白い花は・・・蕎麦・・・かな・・・違うかな。
【2011/11/11 10:13】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
おはようございます。

亀石、たしかにアートを感じますね。古代にもアーティストはいたでしょうから・・・(笑い)。
【2011/11/11 06:28】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは。
白い畑は蕎麦畑と違いますか?
日光ではもう実の刈り込みが始まり、今日は機械が入って音がすごかったですよ。
【2011/11/10 22:50】 | 空見 #- | [edit]
地理佐渡 さん、
前回の記事で書きました『入江泰吉 万葉さんぽ』という本と、そして mico さんのブログのふたつが、ぼくに「奈良へ来い」と言ってましたからね。歴史の好きな地理佐渡 さんとしては、うずうずとされているところだろう、とお察しいたします(笑)。法隆寺などのメインの大寺院と、明日香地方散策と、まだぼくが行っていないのは、「前方後円墳」でして…。この翌日、いよいよ我慢できなくなりまして…。
【2011/11/10 20:57】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

良いですねぇ。今回もまた奈良に行かないとと言う
思いを誘う物ばかりでした。写真の良さも手伝いま
してなおさらです。いつもmicoさんの紹介でうずうず
しているところに追い打ちをかけられています(笑)。

【2011/11/10 20:27】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4412-ff5e3750