根岸森林公園のススキとセイタカアワダチソウ

2011.11.02(18:30)

根岸森林公園のススキ111009

 身近な公園で、およそどこにでもありそうなススキやセイタカアワダチソウを撮って記事にするのって、当たり前に撮ってはダメで、何か芸を付け加えなければならないようなプレッシャーを感じます。
 6日間横浜を留守にして、久しぶりに根岸森林公園へ出ていくと、こうした秋の野草たちも背丈を伸ばしていて、新鮮な感動を感じました。
 そう、そういう気持ちが大切です。感動がなければよい写真は撮れない。それがすべての基本でしょうね。


根岸森林公園のセイタカアワダチソウ111009

 崖ですから、草刈りに合わずに自由に伸びていました。
 根岸森林公園には、こういう場所が少なくなりました。


日大生物科学資源部藤沢キャンパスバラ園(付録)

 長男は今春に六会にある日大生物科学資源部を卒業しましたが、10月31日のバラ園の様子を少し紹介したいと思います。
 秋バラは春のように数多く、大きくは咲きません。それでも、学生たちが管理するこのバラ園はなかなかのものです。今秋はいままでに紹介していなかったバラを中心に写真を撮ってきました。
 モダンな大輪種ハイブリッド・ティー・ローズ(HT)をあまり撮ってこなかったので、多少地味な印象になるかと思います。

《マチルダ》

マチルダ111031

 1988年、フランスのメイアン社作出。
 「中輪で枝分かれをしてたくさんの花を咲かせる種類」で、こういう咲き方をするバラを「フロリバンダ」というそうです。札に「」という略号が付いていることが多いです。


《フレグラント・アプリコット》

フレグラントアプリコット2111031

 1999年、米国J&P社作出。
 たまたま一輪しか写っていませんが、これも「フロリバンダ・ローズ」だということです。


《ジャック・カルティエ》

ジャック・カルティオ111031

 1868年、フランスの Robert&Moreau 作出。ジャック・カルティエというのは、16世紀に活躍したフランスの航海家だそうです。
 古いバラで、このようなバラはオールド・ガーデン・ローズと言われているようです。


《グリーン・ローズ》

グリーン・ローズ111031

 原産地 中国 の四季咲き。花弁が変化しているということで、これでも「咲いている」らしいです。
 これも古くからある品種のようです。
コメント
ころん さん、
背後にクロマツの林が見える南向きの斜面です。崖地なので草刈りが入らず、ここまで放置されていたことが幸いしました。
【2011/11/03 21:17】 | ディック #- | [edit]
季節をいち早く知らせるススキとセイタカアワダチソウで、
野山でもペアーで咲く雰囲気、良くとらえられて、
バックの松も見事です。
グリンローズ初めて見せていただき感謝です。
【2011/11/03 18:30】 | ころん #- | [edit]
空見 さん、
あちらこちらで見かけてどういうふうにでも撮れるだけに、「あ、これだ」という場面を見つけたい。でも、それがなかなかそうもいかない。奈良から帰ってきて最初の根岸森林公園の散策でした。
しばらく見ないと、何か新鮮な感じがして、「あ、これだ」に気がつくのです。
セイタカアワダチソウ、ここまで育つのをなかなか放っておいてくれないのが、横浜の住宅地です。彼らにとってもラッキーでした。
【2011/11/03 17:14】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
ススキもセイタカアワダチソウも、比較的よい感じに撮れて満足しています。
バラは、記事の写真が少ないときに、機会を見て、あと2回くらいは出していきたい、と思います。
【2011/11/03 17:09】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
セイタカアワダチソウは、花粉が嫌われるらしいですが、ぼくは平気なので、「きれいでいいじゃないか」と思っています。
今回のバラは、見るからに派手な大きな花を避けて、おとなしいものを選んだつもりですが、それでも自然に存在感を主張していますね。
【2011/11/03 17:07】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
あとで検索するときのために、ぼくは記事の表題ではカタカナを使う原則にしています。文中ではそのときの気分ですね。
【2011/11/03 16:56】 | ディック #- | [edit]
こんにちは。
見事な切り取り方ですね、今までいじめられていましたセイタカアワダチソウ、今年は規制が少しゆるんだのかこちらでもたいそう元気を盛り返しているように見えます。
【2011/11/03 16:14】 | 空見 #- | [edit]
セイタカアワダチソウも日本の秋の風景に溶け込んでしまいましたね。
お手入れの行き届いた綺麗な秋薔薇を楽しませて頂き有難うございました。
【2011/11/03 15:32】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

やはりこの時季は、
ススキとセイタカアワダチソウですね。
私、このトンガリ、スッとそそり立つ
セイタカアワダチソウが好きで、
色がいけて・・・ますますはまりました~♪

ジャック・カルティエも落ちついた感じ、
でも、グリーン・ローズを一度見ますと忘れませんねぇ。
けっこう気になって魅力にはまりそう~
素敵なお花のご紹介ありがとうございます。
v-22
【2011/11/03 15:24】 | 紗真紗 #- | [edit]
薔薇をどの字を使おうかと迷いました。

マチルダというのは家で植えてみたい感じです。
最後の中国の薔薇も楽しいです。

ススキのあるところにセイタカアアワダチソウはあるんですね。

明日私も載せます・・・・
【2011/11/03 11:09】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
nakamura さん、
このように集団で咲いている植物を、手際よく撮るって、むずかしいですね。makamura さんは集団が得意のはずですが…。写真の上のほうを目立ちやすく背景の暗いところを選んでおります。
グリーン・ローズって、咲いているのかいないのか、よくわかりませんが、つぼみがあるとよかったのですがね。
【2011/11/03 09:37】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、YAKUMAさん、
ほんとにありふれています。
それだけに、いつ頃、どんなタイミングで撮るかが大切でしょうか。
今回はうまいことに、一番活き活きと伸びてきたところを捉えられました。
【2011/11/03 09:33】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

一枚目、なかなか・・・ディックさんらしい一枚です。最後のバラは、驚き・・・、これでもバラか?ですね。
【2011/11/03 06:39】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは
セイタカアワダチソウは、以前ほど群生が見られなくなった気がしますが、まだその存在感は大きいですね。
刈られずに育った花は活き活きしていますね。
グリーン・ローズは、本当に咲いているとは思えません。面白い花を作り出しますね。
【2011/11/02 21:42】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。

どちらもごくありふれた雑草系。
ですが、実に雰囲気良くとらえ
られています。一口に雑草とは
言いますが、季節を表してくれ
る種もあります。今回はどちら
もでしたね。
ドクダミなんかでしたら季節感
と言うものではくくれない別の
世界でした。
【2011/11/02 20:49】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4397-9aba93f7