FC2ブログ

中宮寺(ちゅうぐうじ)

2011.11.01(18:30)

中宮寺全景111003

 鎌倉・英勝寺の記事で書きましたが、日本橋高島屋で「大和の尼寺 三門跡寺院の美と文化展」というのが開催されました。
 三門跡寺院とは、圓照寺、中宮寺、法華寺のことで、まさにこのお寺「中宮寺」がその三門跡寺院のひとつです。
 聖徳太子の母、穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后の御願により、斑鳩宮(現夢殿)を挟んで西の法隆寺と対照的な位置に創建された、とパンフレットにはあります。
 戦後に聖徳宗に合流されたそうで、事実上法隆寺の末寺と考えるべきでしょう。


中宮寺の入り口付近の木の実111003

 この規模のお寺で参拝客が少ない場合、ぼくはとても居心地がよく、座り込んで長居を決め込んでしまいます。花を撮り始めてしまうのです。
 これは何の木でしょうか。モチノキかなあ。これから赤くなるのでしょうか。わかりません。


中宮寺の瓶の花111003

 これは水辺に詳しい方ならすぐ教えていただけそうです。


中宮寺山吹の返り咲き111003

 返り咲きでしょうか。春はヤマブキが咲きそろって見事なようです。


中宮寺と金木犀111003


変わった建築の中宮寺111003

 中宮寺の本堂はずいぶんと変わった建て方をされています。
 高松宮妃殿下のご発願により吉田五十八さんが設計され、昭和43年に落慶した御堂だそうです


中宮寺堂内から夢殿を臨む111003

 本堂に上がり込んで夢殿方面の写真などを撮っていると、「五分ほどの説明テープがありますがお聞きになりますか」と尋ねられ、本尊の国宝・菩薩半跏像(如意輪観世音菩薩)の前で正座して拝聴しました。
 半跏思惟像というと広隆寺の弥勒菩薩が有名ですが、じいっと見入っていると、こちらの観音様のほうが美しい、という気持ちになってきます。黒光りしている像です。気品と優しさがあり、これも一度見たら忘れられない仏像です。

 -----------------------------

 本日の午後は慶應病院で眼科の定期健診があります。これがあらゆる病院通いの中で一番厭でして、4時間くらい待たされ、診療が終わったときは7時をまわり、病院内は電気を落として暗くなって、会計も特別セクションでやってもらいます。神経眼科だけ、よい先生がいないのか、一人の専門医師に集中しているのです。
 帰宅が9時前になりますが、受付時間は午後2時~3時半、途中、視野検査などに急に呼ばれますから、外出してぶらぶらもできません。座って本を読んでいる姿勢を長時間続けるのは、腰椎や頸椎のヘルニア、座骨神経痛を悪化させますし、3ヶ月毎のもっとも憂鬱な日になっております。
 この記事は予約による自動更新です。
コメント
紗真紗さん、
この中宮寺からあと、お寺の規模が小さくなりますが、雰囲気はとてもよいのです。記事の中にも花の写真が多くなります。
リラックスできてよい一日でした。
中宮寺の菩薩半跏像、けっこういろいろなところで写真が出ています。ご覧になる機会がおありになるとよいのですが…。
【2011/11/03 17:02】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

名前からして素敵な中宮寺です~!
一人占めですか~、
静謐さを感じさせる佇まいですね。
たまには私もゆっくりとここ

ディックさまの如意輪観世音菩薩像の感想で
想像を描いております。
金木犀など木々を上手く撮り入れ素敵です~♪
今日のようなお出かけはほんとうにお疲れになりますが、
どうぞお体お大事にされてください。
v-22
【2011/11/03 15:21】 | 紗真紗 #- | [edit]
nakamura さん、
ああ、最後の一枚…。構図を見つけるのはたやすいですが、こういうのって手前が暗くなりがちで、技術的にはなかなか難しいのです。うまくいったなあ、って感じがします。
ホテイアオイ、思い出してみれば昔は池にいっぱいありましたが、花をまったく覚えていないですね。時季はもう少し早いのがふつうですか。
【2011/11/03 09:30】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
今回の奈良旅行は、予習・復習にたっぷりと時間がかかっています。そして、そういう学習が楽しみになっています。
【2011/11/03 09:26】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

風格があって、よい感じです。最後の一枚に一票。
庭のホテイアオイは、今年はまだ咲いています。チョト変です(笑い)。
【2011/11/03 06:36】 | nakamura #- | [edit]
丁寧な撮影で歴史を紐解きながら歩かれたのでしょう~
そのような足跡が見えてきます画像と説明文でした、
お花もまだ綺麗に咲いていて雰囲気が読めました、
【2011/11/02 18:31】 | ころん #- | [edit]
mico さん、
ホテイアオイ、ありがとうございます。
ひとつひとつの寺の沿革とか、仏像と美術史とか、仏教の歴史とか…、そんなことをやってますと、もう図鑑を確認している余裕がなくなってきまして、みなさんにお聞きしたほうが早いぞ、なんて安易になってきております。申し訳ありません。
【2011/11/02 11:29】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
>魅せられた当時の学生が頬擦りしようとして仏様の薬指を欠いた・
へえ、そんなことがあったのですか !

中宮寺、「以前は西向きの本堂があった」とパンフレットに書かれています。火事でもあったらたいへんだから、耐震耐火の本堂を建てるよう高松宮妃殿下がご心痛、念願されて、この本堂が建てられたのだそうですから、小肥りさんはその前の本堂に上がられたのかも知れませんね。
【2011/11/02 11:14】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
この菩薩半跏像は、最初は一見稚拙な感じがするのですが、結局は深く印象に残ります。
ここ数日、miyata さんがコメントであれこれおっしゃるので韓国の歴史の勉強を始め、日本と韓国とのつながり、という視点が加わってきました。
>中宮寺は静か…
小規模なお寺でよいところを見つけると、とてもリラックスできます。座り込んで長居を決めて、のんびりとするのはよいものです。
【2011/11/02 11:06】 | ディック #- | [edit]
中宮寺でゆったりとした時間を過ごされ何よりでしたね。
三枚目の写真の花はホテイアオイだと思います。
【2011/11/02 11:03】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
半跏思惟像の双璧と言っていいですか。中宮寺と広隆寺。
広隆寺のほうが国宝第一号でね。
もうひとつ、魅せられた当時の学生が頬擦りしようとして仏様の薬指を欠いた・・・そんな事件がありました。木造だしね。
中宮寺のほうが確かに黒光りしてる。こちたも魅入られますね。
ボクは子供のときに今の和風現代建築の前の古びた木造の本堂に上がったような曖昧な記憶があるんです。勘違いかなあ。
【2011/11/02 09:24】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
おはようございます。

有名なそうですね。広隆寺とここのものが
時代(飛鳥)を代表する作品の一つとなっ
ています。韓国にも同様の像があるとかで、
古の半島とのつながりの深さを偲ばせます。

中宮寺は静か。いいですねぇ。ゆっくりと
時を過ごされた感じです。

【2011/11/02 06:58】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4396-e2d4c84c