法隆寺

2011.10.28(10:51)

 2日夕刻、近鉄駅ビルの観光案内所で確かめますと、法隆寺へいくならばJR奈良からJRに乗るべきだと教えられました。宿泊しているホテルから近鉄奈良駅まで10分、JRまでなら16、7分かかります。
 さて、この日真夜中に目を覚ましたら、足腰が痛いのなんの! 朝は真っ先にハムストリングスを延ばすストレッチから始めたのでした。
 JR奈良駅へのちょうど中間くらいで腹具合が悪くなりまして、もうつらいのなんの…。奈良への旅行前に急に歯茎が痛くなって、旅行中に膿を抑える抗生物質をもらっていたのが、どうも胃腸によくないようです。
 それでJR奈良駅でトイレ、法隆寺駅でトイレ。バスをゆっくり20分待って、法隆寺に到着したらもう一回トイレのもつもりが、「え? 嘘~、なあに、このすごく長い参道!」
 立派な松並木の長い参道がありますが、一枚目は下の写真を出したいので省略です。


法隆寺正面南大門と五重塔111003

 というわけで参道を抜けてやっと着いた法隆寺南大門の正面です。
 この南大門の横の建物の門には、大きく「聖徳宗宗務所」の札がかけられ、法隆寺は「聖徳宗」(しょうとくしゅう)の総本山であることがわかります。
 Wikipedia によれば、聖徳宗は小本山に法起寺・法輪寺、門跡寺院の中宮寺など末寺は、29ヵ寺。
昭和25年に、法相宗からの独立。聖徳太子を宗祖とする。所依の経典は、聖徳太子が撰したとされる「三経義疏」だ、そうです。(腹をこわしていようがいまいが、法隆寺の後は中宮寺、法輪寺、法起寺と歩くつもりでいます)


法隆寺西院伽藍前右111003

 ちょっと右を見ただけでこうです。やたらと広い。


法隆寺西院前の門を入って左111003

 門を入って左がこれ。何をしているって、まずトイレを捜して落ち着きたい。


東室聖霊院111003

 右に「東室 聖霊院」(ひがしむろ しょうりょういん)、左に「西室 三経院」と、そっくりの建物が…。(後で調べたら、どちらも当初は僧房でした。東室 聖霊院は、後に解像されて太子尊像の安置場所となっています)


西室三経院右から111003

 ちょっとうろうろして西へ行ったのが正解でした。何を書いているのだか…。
 でも、旅行記ですから、そのときの気分とか、書き残しておかないといけないな、という気持ちがあります。
 配置図で確認すると、中門を入った西院伽藍の中に金堂、講堂、五重塔などの主要建物があり、それらは中門に連なる回廊で囲まれています。その東に「東室 聖霊院」、西に「西室 三経院」があり、ぼくはまだ中門の中にすら入っていないのでした。


西室三経院前を戻る111003

 ほっとして(笑)、西室三経院の前をもどってくると、五重塔がちらっとのぞいています。


【法隆寺・金堂】

法隆寺金堂111003

 いよいよ中門から中へ入ります。
 ああ、ここはすばらしいです。ごちゃごちゃと講釈する前に、この雰囲気を楽しみたいと思います。


【法隆寺・大講堂】

法隆寺大講堂111003


【法隆寺・五重塔】

法隆寺五重塔111003

 なお「西院伽藍」とわざわざ言っているのは、少し離れた場所に「夢殿」を中心にした「東院伽藍」が配置されているからです。

 -------------------------------------- 

 この日、天候がよく、明るいときは Olympus のカメラはたいへんよく写るので油断しました。腹具合の悪かったこともありますが、どうも適当に撮っていて、コントラストに対する配慮だとか、構図だとか、いい加減なため、編集段階で大幅なトリミングをしたり、歪みを直せなかったり、ずいぶん苦労しました。

コメント
そうやってどツボにはまっていくのです。うしし・・
まあ秋の夜長といいますから
【2011/10/31 19:29】 | miyata #- | [edit]
miyata さん、
「韓流歴史ドラマ」から楽しむ韓国王朝と英雄たちの物語二冊組み、結局買っちゃいました。少しこの世界の知識を溜め込んで、それからドラマへ行くことになるのかな。
【2011/10/31 17:42】 | ディック #- | [edit]
はっきり言って中国・朝鮮は大きすぎてよくわからないのです。自分は、gyaoでずっとドラマを見ていたので、本を読んでいたらどうなったでしょうか。ドラマですので着色その他変色されているでしょうが、なんとなく雰囲気がわかるので、ただ面白かったということで、詳細・繋がりが明確には理解できていません。
紀元前200年位ですか秦の始皇帝の時代も物語があるのでしょうね。自分はチュモン大王の高句麗のドラマが面白かったです。紀元前では30年位でしょうか。チュモンの次の王のドラマもありました。紀元前を超えて、600年位なのでしょうか、初めての女王ということで新羅の善徳女王、これもドラマ化されてこれも全部見ました。これらほとんどが長編ドラマなので、これらきっと本にすると、10巻を超えてもおかしくないでしょうね。アマゾンでチュモンが上巻下巻と出ていたようですが、自分は読んだことはありませんがこんなものではきっと表し切れていないと思います。しかし概要がつかめるかもしれません。
このあたり、見始めたらきっとドツボにはまると思いますよ。
他にもいろいろ見たと思いますが、今は日清戦争に至る時代の明成皇后を見ています。
【2011/10/30 22:47】 | miyata #- | [edit]
miyata さん、
ガイド役にびったりかと思いましたが…。
よし、amazon で本を検索して、そちらのブログで、これとこれとどちらが楽しめそうかとか、もう少し具体的におうかがいします。
【2011/10/30 10:53】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
そういえば鐘の音を聞かなかったなあ。

一昨昨日、川越で「時の鐘」の鳴るのを聞きましたが、誰も鐘を衝いていないのに、自動で動いていました(笑)
【2011/10/30 10:50】 | ディック #- | [edit]
YAKUMA さん、
腹具合には十分注意していたのですが、化膿止めの抗生物質が余分でして、どうしても胃腸に影響するのです。1回分のむのを止めましたが、歯が痛み始めるももっと困るし…。
カメラを持ってうろうろしますと、どうしても余分に歩きますね。あっちから撮ろう、こっちから撮ろうとうろうろするだけで、法隆寺なんてかなりの距離を歩きます。
ずいぶん歩いた旅行でした(笑)
【2011/10/30 10:47】 | ディック #- | [edit]
紗真紗さん、
はあ、たしかにスリリングな法隆寺見学でした(笑)
手前に屋根がどうの…という話ですが、半分は後からの反省ですが、広角で撮りすぎるとどうも結果が歪んで変でして、結局使い物にならない写真ばかりになります。そうしないで撮るには、自分が後ろへ下がってズームを少し効かせて撮ることでして、そうしようと思うと、建物が大きすぎて近い建物の一部が入ってきます。
でも、結局はそれしか撮りようがないくらい、建物大きく、配置が広すぎるのです。
奈良のお寺は大きすぎます。
【2011/10/30 10:42】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
どうもややこしいな、と思うのは、法隆寺だけはJRが便利で、そのほかは大概近鉄なんですね。
なんかそういうのがのみこめて、ようやく奈良がわかってきたような気になってきます。
【2011/10/30 10:37】 | ディック #- | [edit]
韓国王朝史関係の本・・・

チュモン・・・本ではないけれど、紀元前のお話です
【2011/10/29 20:24】 | miyata #- | [edit]
柿食へば鐘がなるなり法隆寺

今頃の季節でしょうかね。
遅かった。みなさん当然書いておられる。
どうすればいいんだろう。

この鐘は法隆寺の鐘か。別のお寺か。
【2011/10/29 19:20】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
こんばんは
お腹の具合が悪くなるとは災難でしたね。
私はお腹が弱いので、よくそういうことがあります。
新婚旅行で、ドイツのお城を見ていたときも痛くなって、見学もそこそこにトイレを探しました。
法隆寺は広いのですね。この雰囲気を私も味わってみたいと思いました。
【2011/10/29 17:23】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

もう、ディックさま大丈夫だったのでしょうか~?
こちらには旅の味が出てきました感が、
法隆寺はちょっとスリリングで・・・、
ですが、正しい法隆寺を見ているような~~
手前にさり気なく木々や屋根を取り入れる、
素晴らしいお写真をありがとうございます~♪
【2011/10/29 17:01】 | 紗真紗 #- | [edit]
広々とそして綺麗ですね~

法隆寺の秋ですね。
乗り放題3dayというのがあるので奈良へ行ってみたいです。
【2011/10/29 17:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
nakamura さん、
たくさん歩き回れましたけれど、まだまだ見逃したところもあります。いずれまた、もう一度ですね。
アシタバ、お座布団をいただけて嬉しいです。急に朝晩が冷え込むようになってきました。
【2011/10/29 08:26】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
次の記事は女学生たちがいっぱいです(笑)。ガイドさんも旗振ってます、ちょっと遠くて小さいですけど。
朝の時間が少し遅くなると、有名なお寺では修学旅行と重なりますね。
学生たちの動きを見ていたり、会話を聞いていたりするのも、なかなか興味深いです。
【2011/10/29 08:24】 | ディック #- | [edit]
miyata さん、
最近書店に韓国王朝史関係の本が三種類並んでいます。けっこう山積みにしている。
どれかひとつ…、と思っても、どの時代がおもしろいのかわからない。古いほうから順番でないとわかりにくいのか、一番おもしろいところをつまみ食いでもよいのか…。
何かご案内があれば、と思うのですが。
【2011/10/29 08:19】 | ディック #- | [edit]
柿食へば鐘がなるなり法隆寺・・でしょうか。
奈良時代・・・平城京にはいかれたのでしょうか。
軍団兵士に対するすべての指揮命令権など全くの天皇による政治。歴史はとんとわかりませんが、
8世紀、朝鮮は善徳女王より半世紀後の新羅、中国は唐の時代。
ここ数年、朝鮮中国のドラマが鑑賞の主体ですが、それらが少しづつ繋がったりすると面白いです。
【2011/10/28 23:00】 | miyata #- | [edit]
こんばんは。

法隆寺にも行かれたのですか、うらやましいです。
本物の歴史を感じられるというのはうれしいですね。また、ゆっくり行ってみたいものです。
なお、アシタバ、お見事です(笑い)。お座布団を・・。
【2011/10/28 21:15】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは。

どうもそんな感じを受けています。そして、それが
カメラと共に実に楽しいものであること。こうして
中学・高校時代にかえって、あっ、気分を、まわる
なんて楽しいです。
願わくば若くてかわいいバスガイドさんが旗を持っ
て煽動してくれていれば最高です。
法隆寺、柿はなくとも、法隆寺。

【2011/10/28 20:15】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4383-1f4754ec