東大寺二月堂

2011.10.16(18:30)

見えてきた二月堂111002

 道が上り階段になり、やがて東大寺二月堂が見えてきましたが、「えー、あれが二月堂なの?」と誰もが思うことでしょう。修復中であるらしく、外側はパイプと幌で覆われていました。


二月堂登ってきた階段から見下ろす風景111002

 二月堂に登る方法はふたつありますが、ぼくは南側の、屋根のないほうの石段を登りました。
 登った階段上から見下ろすと、こんな風景が広がっています。大仏殿の屋根は大きく、鴟尾(しび)の金色の輝きが目立つので、ここからもよくわかります。


二月堂から見下ろす風景111002

 鉄パイプが邪魔ですが、仕方ありません。
 見えているのは「四月堂」と表示があるのをさきほど確かめています。どうやら、二月堂、三月堂、四月堂があるようです。


二月堂からあかいやを見下ろす111002

 真下に見える建物には、確か「閼伽井屋」(あかいや)と書かれてありましたが、あれは何だろう? そのときはまだ、せいぜいそんな程度の感想でした。


二月堂の釣り灯籠111002

 二月堂内の釣り灯籠です。


二月堂での参拝の様子111002

 参拝の様子です。


長い石段を下りる111002

 奥に屋根の付いた長い階段があります。あとでここを下りよう、と思いました。


二月堂の休息所111002

 奥のほうに休憩所を見つけました。セルフ・サービスでお茶をいただけるようです。なにしろ朝から歩き続けていますから、そろそろ休息しないといけません。
 これが休憩所の中の様子です。なぜわざわざこのような写真を掲載しているのか、それには理由があります。


お水取りに使用する松明の先111002

 お茶をいただきながら周囲を眺めていると、見つけたのは大きな松明の先端でした。
 「お水取りは火祭りではありません」などといろいろな説明が書かれています。写真も展示されています。
 「ああ、そうだった」と、ぼくは以前に読んだ『色の歴史手帖』という本のことを思い出していました。
 ( ↑ 題名をクリックすると、「ディックの本棚」の感想にジャンプします)
 1年を12ヶ月に分け、各月に一色の色を割り当てて書かれていました。
 「白」について書かれているのは二月の東大寺です。東大寺の「お水取り」の練行衆が纏うのは紙衣であり、そのために真っ白な和紙を準備して、毎年2月に東大寺に納める、という「紙衣造り」の話でした。

 簡単にまとめると次のようになります。
 ------------------------
 俗に「お水取り」として知られている東大寺の行事がある。
 そもそもは「修二会」(しゅにえ)という法会(ほうえ)であって、二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の前で、選ばれた練行衆が懺悔を行い、天下太平、万民快楽などを祈る行のことだ。
 この法会は3月1日から2週間、夜ごとに行われる。中でも12日の深夜には「お水取り」と言って「閼伽井屋」(あかいや)内にある「若狭井」という井戸から観音様にお供えする「お香水」を汲み上げる儀式があり、その行を勤める練行衆の道明かりとして、とくに大きな松明がともされる。
 それが有名となって、「修二会」そのものが「お水取り」「お松明」などと一般には呼ばれるようになった。

 ------------------------

 休憩所の中にはたくさんの写真が貼られています。どうも先ほどの屋根のある階段を、松明をともして登るようです。3月12日には、さきほど上から眺めたあの「閼伽井屋」(あかいや)にはいって、中にある井戸「若狭井」から観音様に捧げるための「お香水」を汲み上げるというのです。

 いやあ、この休憩所でゆっくりさせていただいたのがきっかけで、いろいろなことが理解できました。
コメント
mico さん、
東大寺は広いですね。主要なところは見てきましたが、見落としたところもたくさんあります。いずれ季節を変えてもう一度行きたいと思っています。
【2011/10/17 15:27】 | ディック #- | [edit]
ニ月堂が修復中、ちょっと残念でしたね。
ご一緒させていただいてる気分になりました。
奈良公園散策の帰りには一枚目の写真の階段を下ります。
【2011/10/17 13:53】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
小肥りさん、
3月1日から14日の夜、京都はまだ寒いでしょう。見物できる場所をとってずっと待つ…。そりゃあ寒いでしょうねぇ。
姫路城は二回行って、いいところだぞと話していて、かみさんと子どもたちが出かけたあとに修理に入りました。当分は、あの美しい姿は見られないでしょうね。修理に十年かかるというのはざらのようですから、五十~六十代になったら、見ておいたほうがよいかも…(笑)
【2011/10/17 10:14】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
ぼくもまったく同じで、ああ、あの「お水取り」というのはここでやるのか! という具合でした。
堂が高いところにあれば登らざるを得ないですが、問題は一日に歩く全体の時間でして…。朝七時半から夕刻5時まで。そのあいだ、休み時間をどのくらい取っているかなんです。休んで昼食をとったりしていなければ、ずっと歩いて見て回っているわけで、ずいぶん歩いたような気がします。
【2011/10/17 10:07】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
奈良の疲れか、ここ三、四日、腹をこわしたり心臓の具合が悪かったり。PCの前に座るのも億劫なので、テレビを見たり本を読んだりしていました。
まあ、同じペースでは続かないものですね。
奈良旅行は、ずっと同じ場所に宿泊して、朝食を終えたらリュックを担いで出て行くという繰り返しでした。
【2011/10/17 10:02】 | ディック #- | [edit]
修理中というのが残念でありますね。
神社仏閣参拝はこの修理を計算しないといけませんね。
姫路城も修理中。これはお城ね。
お水取りのお堂。何かの本で京都の大学生が内陣で
足元に忍び寄る寒さに振るえながらお水取りを待った・・・
といった描写がありましたけど・・・さて何の本だったかな。
覚えておりませぬ。
【2011/10/16 22:39】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
こんばんは。

あぁ・・お水取りという行事が行われるのはここですか。
「修二会」も確か俳句の季題になっているけど知らない・・こちらで勉強させていただきます (^^ゞ

それにしても階段が多そうで、ディックさんはずいぶんと健脚ですね!
【2011/10/16 20:17】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

やはり良いですねぇ。こうして自分の時間で
マイペースの撮影行です。奈良はこうして歩
きたいもの。そんな豊かな時間を感じます。
ずいぶん歩かれ事と思いますが、ある意味
風景を楽しみつつ健康にも良いんじゃないか
と..。

地理佐渡は夕方佐渡へと戻りました。二日間
ジョギングを休んでいましたので、夕方いつ
ものコースをジョギング。久しぶりに心地の
良い汗でした。

途中、時の撮影を狙っている人たちの車が三
台。僕はその近くを走っていったのですが、
時にそれが仇となりまして、朱鷺たちが飛び
去ることもあります。今回は良かったようで
す(苦笑)。

【2011/10/16 19:39】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4371-fedbefdc