FC2ブログ

観音崎公園から走水神社(はしりみずじんじゃ)へ

2011.10.12(18:00)

コンテナ船の通過110924

 観音崎灯台に昇り、浦賀水道の写真なども撮ったので、満足して観音崎公園を後にします。
 海岸沿いに歩いていると、沖をコンテナ船が通過していきます。すごい荷物の積み方をするものですね。

 横須賀美術館(「トリックアート展というのをやっていました」)を横目で見ながら歩いて行くと、「観音崎京急ホテル」がありました。景色のよいロケーションにあるのですが、まさにこの日9月24日の夜、一階から出火、当面休館となりました。写真も撮ってありますが余計なことをしていると、メインの走水神社(はしりみずじんじゃ)の写真の邪魔になりますから省略です。

 このあと、近くの食堂を見つけて「シラス丼」の昼食をとり、ふたたび走水神社を探すことにしました。三浦市に予算がないのか、案内板がなくて迷います。スマートフォンのGPSがなかったら、もっとうろうろしなければならなかったでしょう。


ボードウォーク沿いに走水神社へ110924

 海沿いにボードウォークがあるので、一度道路を外れて歩いてみることにしました。
 波がボードを洗うばかりとなっています。
 佐渡や房総の海とは比較にもなりませんが、少しは迫力あるように見せたいなあ、と。


走水神社階段下から110924

 さて、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐のためこの地から出船しましたが、海が荒れて進めません。海神の怒りのためだと考えた后の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)がこの沖で入水して、航海の安全を図ったのです。
 日本武尊は、わが身を犠牲にして海を鎮めてくれた弟橘媛命を偲び、村人の敬慕の念を謝して冠を下賜されました。村人たちはこの冠を石櫃におさめて土に埋め、その上に社殿を建立して日本武尊を祀りました。そして明治の終わり頃、近隣に祀られていた弟橘媛を合祀したのが、現在の走水神社ということになっている
ようです。


走水神社から沖を眺める110924

 走水神社から沖を眺めています。穏やかな海です。荒れて日本武尊の出征を脅かしたようには見えません。


走水神社横から110924

 走水神社の参拝風景です。


走水神社手前アゲハとヒガンバナ110924

 じつは道を一本間違えて、走水神社横の駐車場のほうへ先に入ってしまいました。
 その道端に、彼岸花が咲いていて、アゲハが蜜を求めて飛び回っていました。


走水神社のヒガンバナと蝶上から110924

コメント
二枚目の海の写真、昔のフィルムで撮ったみたいな感じですね。
こういう画風に挑戦してみるのも面白そうです。^^
【2011/10/13 16:19】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
hirugao さん、
アゲハは次から次へと飛び回るので、目だけを狙いながらとにかく何回もシャッターを切るだけなのです。
それしかもうどうしようもありません。
そんななかに、たまたまなんとか使える写真が一、二枚でもあればいい、とそう願いつつ撮るだけです。
【2011/10/13 16:13】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
おお、「観音崎京急ホテル」に泊まられましたか。ベスト・ロケーションの、見るからに高級そうなホテルでした。昨日現在、ホームページにはまだ休館中となっていました。火事は残念な話です。
アゲハチョウは枚数を撮っていますから、たまたま使える写真があった、ということなのです。
【2011/10/13 16:09】 | ディック #- | [edit]
最後の写真でどきっとしました。
あまりにピントがぴったりで
ヒガンバナも素敵に撮れていて・・・

技術もありでしょうがいいカメラが欲しくなりました~。
【2011/10/13 11:22】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
10年以上前になりますが「観音崎京急ホテル」に宿泊しました。
火事があったんですね。
ホテルからの眺めが最高だったことを思い出しました。
彼岸花にアゲハチョウ、バッチリですね。
【2011/10/13 10:11】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
地理佐渡さん、大和朝廷の伝説が神奈川県と絡むのはここだけではないでしょうか。
よい体験になりました。
海と言っても、これほど大型船が頻繁に行き交う沖の景色というのはめずらしいのではないでしょうか。磯で遊ぶ家族連れと行き交う大型船を同時に見られる。おもしろいポイントです。
【2011/10/13 09:54】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
ありがとうございます。おっしゃるように一枚目は浦賀水道の特徴をよく示している写真だと思います。ちょっと見ているだけで、沖を様々な船が通る。その前の磯で家族連れが遊んでいる、なんて光景は、そうそう見られません。
【2011/10/13 09:50】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
古代史に弱いというのは、自分のひとつの弱点のように思っていまして、奈良方面への旅行を控えて、万葉集、古事記・日本書紀と、その時代に関わる歴史をかなり勉強しました。
その過程で、日本武尊が三浦半島へ来ていたことを知り、この走水神社と結びつきました。このように古代史を身近な史跡と関連づけて考えられると、急に歴史が生き生きとしたものに感じられてきます。
【2011/10/13 09:47】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

日本武尊の東夷征伐。伝説が伝えられる
神社。こんな神話が伝えられる所はそう
そう無いでしょうねぇ。

さて、海辺の風景。たまには良いですねぇ。
同じ海ですが、やはりこちらとは違う海に
見えます。

【2011/10/13 06:14】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
クロアゲハ。よく撮れてるなあ・・・。
磯で遊ぶ家族連れ、沖をゆくコンテナ船。
左にもう一隻。
海風が吹いてる。
【2011/10/13 05:39】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
こんばんは
走水神社ですか。
歴史にも疎いので、こちらで記事を読ませていただいて、興味がわいてきます。
海を望む風景がいいですね。
【2011/10/12 23:11】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
紗真紗さん、
奈良へ出かける前、明日香の辺りも回る予定でしたから、古事記・日本書紀の勉強をしていまして…。うわあ、走水神社が出てきたぞ、と古代の伝説が急に身近になりました。
チョウはもう飛び回りますから、とにかく数多く撮っておけばどれかは撮れているだろう、ということです。
火事の件、朝日新聞の神奈川版のニュースを読んでびっくりしました。その前を通ってきたばかりだぞ、と。
偶然の一致は起きるときには起きるんですね。
【2011/10/12 19:28】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

訪れたことのない走水神社でした。
このような感じの神社だったのですね、
謂れがよく分かりまして感謝です。

クロアゲハとヒガンバナのふぉとが
凄いですね、さすがですlll。
また、その日休館となるような出火があったのには、
驚きました。
素敵なお写真で、このシリーズも楽しませていただいております。
【2011/10/12 18:57】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4357-5635e28b