東大寺の戒壇院を拝観

2011.10.11(18:00)

東大寺中大門111001

 東大寺は中大門をくぐれば大仏殿の拝観ができますが、ここでぼくは少し考えました。
 奈良での初日、京都で近鉄の特急券購入などの流儀がわからず戸惑い、慌てて重い荷物を運び、近鉄奈良駅からホテルを捜して思い荷物を引きずり、猿沢池から興福寺の急な階段を登ったりしたため、五重塔の撮影中にとうとう心房細動の発作が出てきて、東大寺へ向かう頃になってようやくおさまってきたところでした。
 そろそろ日が傾いて、1時間かそこらで慌てて大仏殿を見るのはおもしろくない、と思いました。


夕暮れの東大寺戒壇院111001

 大仏殿の拝観を諦め、左へ回って、ゆっくりと歩いていきました。
 東大寺戒壇院(戒壇堂と書かれているものもあります)を見つけました。


戒壇院正面111001

 これは確かとても大切な施設だったはずです。出家者が正式な僧となるためには、授戒(戒律を授けられる)の儀式を経てようやく僧となることができるのであり、日本にはそのための施設としての戒壇がなかった。鑑真が渡来して初めて戒壇が唐招提寺に設けられたのでした。
 五木寛之氏の『百寺巡礼』第一巻の「唐招提寺」によれば、東大寺は唐招提寺から鑑真を招いて戒壇院を創建し、以降は、僧たちは東大寺で授戒を受けた(受戒した)後に唐招提寺で戒律を学び、それぞれの寺に戻るようになった、といいます。
 戒壇院の中へ入りました。堂の中では「四天王像」などの塑像を見ることができます。
 中でも「広目天立像」の表情はじつにすばらしく、さまざまな写真集におさめられて知られています。なかでも写真家・入江泰吉さんが撮られた広目天頭部のアップは、思わずどきりとするほどです。入江泰吉さんのことをご存じの方が多いとよいのですが…。


戒壇院門の瓦111001

 戒壇院の門を出て、門の瓦などを眺めてみます。ぼくのような素人は、建築物のこういうところへはなかなか目が行きません。


東大寺戒壇院の塀と屋根111001

 じつは、翌日になって立て札を見つけました。この日も見ていたはずなのですがよく読んでいませんでした。東大寺では寺内の僧侶に戒法を授ける「授戒会」(じゅかいえ)を行うにあたり、11月4日から10日まで戒壇堂は拝観停止とするのだそうです。またまた、あぶないところでした。


戒壇院横から若草山を望む111001

 戒壇院の周辺を回りながら帰り道を探しました。
 横から眺めた戒壇院の向こうに見える山は「若草山」です。


戒壇院付近の夕暮れの石榴111001

 帰り道、石榴を見つけました。あたりはもう暗くなり始めています。

 ----------------------------

 追記: 三枚目はどうも落ち着きませんね。全体が見える写真を…、と思いましたが、この画像だけ妙に浮ついて見えます。

コメント
ザクロ、素敵ですね。
固まって生るのでなく、こういう生り方、とても上品です♪
流石古都と言うことでしょうね♪

強い光が無いからでしょうね、撮れ方もとても上品です。
【2011/10/13 16:13】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
紗真紗さん、
ぼくも勉強しながら書いています。記録して記事にしておかないと、いつの間にか忘れてしまうから。書き留めると覚えます。
写真の原板は歩いて撮った順番に自動的に連番となっているので、地図など見ながら間違わないように…。本などで読んで覚えた大切なポイントだけを、記事の中に少しずつ出していこう、と思っております。
【2011/10/12 19:22】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
>差し替えられると良いのでは?などどつい余計なことを~
塀の内側で建物を撮った写真が、よせばよいのにどれもみな同じような撮り方をしていまして、差し替える写真がないのですよ。

反省は、建物というのは縦横の線などが明確に見えるので、無理をして隅々と全部が見えるような広角の写真を撮ってはダメだ、ということでしょうね。三枚目、さらに無理して敷地全体まで入れてますから、こんなことはそもそも無理なのだ、ということでしょう。このことに気がついたときはすでに遅かった、ということです。
【2011/10/12 19:18】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

そのような発作のなかでの取材、
巧みなお写真でその場に立ちました気にさせて
いただいております。
鬼瓦もなかなか趣がありまして、
このように獅子などはじめて見るものばかりです。
やはりお寺には石榴が~、
少しづつお勉強させていただきます。
【2011/10/12 18:43】 | 紗真紗 #- | [edit]
ディックさんこんにちは。
ご自身で追記されているように↑3枚目は確かにいただけませんね。
他の写真とのバランスが取れないような・・。
差し替えられると良いのでは?などどつい余計なことを~(笑)
【2011/10/12 17:13】 | 空見 #- | [edit]
mico さん、
>何時でも訪れるという気持ちから見逃していることが多い
それでよいのではないでしょうかねぇ。広すぎて、あれもこれもといっても不可能でしょう。
ゆっくり歩き回ること。そして説明書きは必ず写真に撮り、パンフレットなどは貪欲に集めて、次の訪問機会に役立てられるようにしてあります。
【2011/10/12 11:52】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
急がずにうろうろとしていると、たとえば別のお客さんと受付の方の会話が耳に入ったりします。そういうところから、「ああ、こういう注目点があるんだ」とか、気がつかされることが多いです。疑問に思ったら声をかけて訊ねるとかすると、なかなか有効です。
視野を広げるには、時間をかけて情報の間口を広げておくことですね。
この瓦のことも、受付の方と別のお客さんの会話が耳に入って気がついたのでした。
【2011/10/12 11:48】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
ぼくのPC使用歴は、まだハードディスクすらなかった時代に遡ります。何回も苦しい目に合っています。バックアップ対策、雷や停電への対策など、多少金が掛かっても、何重にも保護対策を施しておくことが、結局は自分を助けます。今後のためにも、よくご存じの方に相談されて、しっかりした対策を立てられることをお薦めいたします。
【2011/10/12 11:44】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
書かれていらっしゃる通りです。その点は追々今後の記事の中で触れていきたい、と考えておりました。
大仏殿の拝観は翌早朝となりましたが、まだ修学旅行生が少なく、落ち着いて見てまわることができました。
今回の記事内の写真は夕刻の雰囲気も出ていて、全般によく撮れていますが、「建物と敷地全体を見渡して一枚で…」などと観光ガイド的なことを考えてしまいますと、三枚目のように、どうも風格のない変な写真が出来上がります。
「屋根がちょっと欠ける」とか、「一部が見えない」とか、そんな風に考えず、風格や雰囲気を優先して撮影した写真によいものが残っているように感じます。
余計なことを考えた写真もかなり撮ってきてしまいましたが、数が多いので、よい写真も撮れているでしょう。
【2011/10/12 11:39】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
書きすぎない程度にわかりやすい記事を心掛けたいと思います。
楽しんでください。
【2011/10/12 11:30】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
大仏殿以外に、たとえば二月堂、三月堂など、国宝に指定されている建物がたくさんあります。この戒壇院(戒壇堂)は、記事内に書きましたように、仏教の歴史を考えたときに重要です。
いつか一度いらっしゃられるとよいのではないか、と思います。
【2011/10/12 11:29】 | ディック #- | [edit]
心房細動の発作、軽く収まり何よりでしたね。
何時でも訪れるという気持ちから見逃していることが多いと感じました。
【2011/10/12 09:39】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
大仏殿、大仏そして鹿 若草山ですよね。

屋根のところの飾りはあまり写真は撮らなかったですがこうして撮っておくのもいいものですね~

改めて見直しました。
今度行った時にはなどと考えています。
【2011/10/12 08:49】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

pc復旧しました。コメントありがとうございます。
なお、何ともあちらこちらと遠征されて・・・ディックさんのサイトが大きくなられたような・・・。
後ほど、ゆっくり伺います。まだ、pcの使い勝手は低レベルでして・・・(笑い。
【2011/10/12 07:39】 | nakamura #- | [edit]
おはようございます。

東大寺や唐招提寺が盛んだった時代は仏教の
性格としましては、鎮護国家のためというよ
うに聞いています。そのため、僧はある意味
国家公務員的存在でもあったと..。
従いまして正式な僧と言いますと、このように
国立の戒壇院で受戒を必要としたのでしょう。
これ以降平安時代に最澄の天台宗、空海の真言
宗がもたらされ、体系化された仏教が導入さ
れた。これまではまだ仏教が国家の関与する
段階ですね。平安も末期になって浄土宗がもて
はやされるようになって、聖という存在が市中
に出て次第に広まっていったんでしょうねぇ。
なんか、変な方向に行っています(笑)。

さて、大仏殿にたどり着くまでに少し事情が
生じたようですが、結果としましてはそれは
幸いするでしょう。次回それが出てきますかね。
毎度、ご自身には不満のようでも、見る側には
綺麗に写されている写真がならびました。
僕もこんな風に撮影すべく彼の地を詩的な時間
に再訪したいものです。

【2011/10/12 06:15】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
ディックさんの記事で奈良へ行ったつもりに成ります。
楽しみたいと思います。
【2011/10/12 01:05】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは
東大寺には行った記憶があります。でも、大仏殿を見たことしか覚えていません。
色々な建物があるのですね。
私もゆっくりと見に行きたいと思いました。
【2011/10/11 23:52】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
空見さん、
初日はね、どうもいけません。その土地に気持ちが融けこんでいない、ちょっとした細かな流儀や地理がわかってない。
翌日は、この日の反省があって、充実していました。
【2011/10/11 23:12】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
なかなか勝手知らないところへ行くと、戸惑うことも多かったのではないかと思います。
とにかくバタバタと拝観してバタバタと移動、というのが私の性に合いません。
見たいところは心納得するまで、ゆっくりと、が望ましいものです。
鑑真の映画を見た事がありますが、かつてはこんな僧が本当にいたのかと感動しました。
たくさん実の付いた柘榴ですね~♪
【2011/10/11 21:43】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4356-47b55115