FC2ブログ

興福寺から東大寺へ(2011.10.01 夕刻)

2011.10.10(18:00)

興福寺東金堂の仏像群111001

 ふたたび興福寺です。写真は東金堂内の薬師如来とその脇侍の菩薩です。大きく扉が開かれて、ここだけは撮影禁止の札が見えなかったのでよいかなあ、と。
 さて、仏教や寺社仏閣に興味のない方にはつまらない写真が続くことになるかも知れませんが、当ブログはぼくのさまざまな想いを記録する日記も兼ねていますので、そこはお許しいただきたい、と思います。

 ところで、興福寺の中心的な建物である中金堂は復元再建中で幌に覆われていて、見ることができません。また、国宝 三重塔と国宝 北円堂の公開は10月8日からであり、ぼくは6日には奈良から横浜へ帰るのでやはり見ることができません。昨日も書きましたが、このような運・不運は必ずあるものとして受け容れざるを得ないようです。


興福寺南円堂111001

 写真は重要文化財の南円堂です。午後遅く、高台の上での西向きとなるので、加工しないとなかなか見られる写真にはなりません。


興福寺北円堂111001

 こちらが国宝の北円堂です。看板によりますと発掘調査中とのことで、フェンスに囲まれています。フェンスの上にカメラを突き出し、液晶を回転させてライヴヴューで撮影しました。


興福寺北円堂縦111001

 北円堂は藤原不比等の一周忌に元明・元正天皇が不比等の霊をなぐさめるため平城京を見渡せる地に建てられたのがのちに平家の焼き討ちで焼失し、1210年に再建されたものです。
 中臣鎌足が中大兄皇子に「蘇我入鹿をやってしまえ」と仕掛けたことが、天皇家の力を強大にし、その鎌足の子孫が代々の摂関家として権力を振るったのですから、北円堂を見ているだけでいろいろと思いめぐらして歴史がおもしろくなります。
 繰り返しになりますが、中臣鎌足の息子の不比等が藤原の姓を名乗ったのです。平安時代に権勢を極めた藤原氏の、興福寺はその氏寺です。
 この写真の角度からは、フェンスは低く、工事中の道具が見えないため、落ち着いて北円堂のよい写真が撮れます。


鹿と観光客111001

 午後三時過ぎ、興福寺に別れを告げて奈良公園内を東大寺へと向かいました。
 ああ、そうか、これが有名な鹿の出迎えなのか…(笑)


東大寺大仏殿への道111001

 何も知らないぼくは、前方に見えているのはひとつの建物だと思っていましたが、中門の上から大仏殿の屋根が見えていたのですね。大仏殿の鴟尾(しび)の金色の輝きが美しく、惹かれるように歩いていきました。
 土曜日の夕刻です。まだまだ混雑しています。興福寺で大勢いた修学旅行生たちは、なぜか一服して、一般の観光客が多くなっています。
コメント
ころん さん、
やはり心臓の不安がありますので、時間に追われて移動したくはない、という気持ちがあって、同じ場所で五泊としました。北円堂は国宝だそうで、中を見たかったですね。
国宝と重要文化財の違い、自分の目で見ても八割方は納得できるなあ、という感じです。だから国宝を見損ねると、ちょっと残念に思います。
まあ、「また行けばいい」と考えましょう。
【2011/10/11 20:43】 | ディック #- | [edit]
良い旅ですね。
同じ場所に五泊旅は正解ですね。
ゆっくり地図を片手に歩きが一番です。
東大寺懐かしい場所ですが、

東金堂内の薬師如来とその脇侍の菩薩。
見せていただきよかったです。
北円堂こちらも初めてです。
たくさんのご紹介ありがとうございます。
【2011/10/11 17:30】 | ころん #- | [edit]
紗真紗 さん、
どの記事にもひとつくらいは「あっ、これはいい! 」と言ってもらえそうな画像を含めようと、写真を選んでいます。
回った道順とか、何に感動したかとか、そこは自分の記録を兼ねていますので、写真と同様、文章にかなり気を遣った記事となっております。
【2011/10/11 17:08】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
猿沢の池から徒歩二、三分のホテルに五泊滞在しました。便利な場所でした。欲張るとたいへんですけど…(笑)
南円堂の写真、高台にあり左前方から西陽が射していますから、ふつうに撮ったら手前全体がほとんど真っ暗になってしまいます。そうならないようなモードをいろいろと試しました。カメラ任せですが、雲がやや不自然になるのは、まあカメラの余計なお世話なのでした。
【2011/10/11 17:01】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

ゆっくりと楽しまれているご様子がお写真から伝わってきます。
興福寺の薬師如来像、スクープ画像のようですね。
どこもかしこも魅力的なものばかりで、
それも撮影技がものをいっておりまして、魅せてくださいます。

次から次と、頭が~ついていけるかしら~~!
鹿も人に慣れて、いい雰囲気ですね~。。。
【2011/10/11 14:21】 | 紗真紗 #- | [edit]
このあたり奈良の見所満載の半径2キロ圏ですよね。
駅近かで興福寺、東大寺、国立博物館、新薬師寺、春日大社、猿沢池・・・
中身が濃いですよね。
しかしアクセスかなあ。。。。京都は行ってもなかなか奈良までは・・・・
南円堂の写真はどこを加工したのかしら・・・雲?
【2011/10/11 11:49】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
mico さん、
北円堂内の国宝の数々とか、東大寺でミュージアムへ移送されて展示がまだ始まっていなかった仏像群とか、いろいろと見逃していますから、いずれまた奈良を再訪したいと考えております。
三浦海岸もそうでしたが、二度目になると地理もわかっているし、交通機関(とくに近鉄)利用の「流儀」とか、そういう細かいことがのみ込めてくるとずいぶんと気楽になりますしね。
【2011/10/11 10:29】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
夜になるとガイドブックと地図ばかり眺めていました。
歩いていてどうしようもなくなるとスマートフォンのGPSマップが頼りです。
今回見逃したものもたくさんありますから、いずれ季節を変えて、再訪したいと思います。奈良はすっかり気に入ってしまいました。
【2011/10/11 10:24】 | ディック #- | [edit]
ゆっくりと樂しまれましたね。
東金堂内の撮影ができて何よりでした。
北円堂には国宝が沢山、公開の時期がずれたのが残念ですね。
【2011/10/11 09:25】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
時々行くのに一人では地理が分からないのです。
書いておられたように大仏殿の屋根のしびが金色に光ってようやく分かるというわけでした。

叉奈良へおいでくださいね。
最近は三宮から1本でいけるようになり便利になりました。
【2011/10/11 07:14】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
空見 さん、
空の「雲」が写真の質を上げてくれている最大の要因のような気がします。空の雲って、こんなにおもしろいものだったんですねぇ。
もちろん、「初めて」の新鮮な感動がありますから、そりゃあ撮影した数が半端ではありません。その中から選ぶのですから、よい写真を選ぶことができます。
コメントをいただいたのは9月30日の夜9時過ぎでしたね。読んだときには「もう就寝」と決めていましたから、そのまま翌日の奈良への出発までPCのスイッチを入れることなく、今ごろ、ああ、「家族で料亭食事会」に反応して何か返信しようと考えていた、のを思い出しています。何を書こうとしたのだったか、忘れてしまいました(笑)
あとは元記事のほうへ、コメント返しいたします。
【2011/10/10 20:41】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
いろいろな本を読んで、かなりの準備をしてから出かけました。奈良のような歴史の古いところは、それでこそ味わい深くなるように思います。
お寺などの風景としては、空の雲がとてもいい感じでして、そのため写真映りがよくなって、横浜の空とは違うなあ、と感じました。
【2011/10/10 20:31】 | ディック #- | [edit]
ディックさんこんばんは。
遅くなりましたが全部拝見しています、お天気が良かったようですね。
まぁ感想としては・・なんとなんとプロ級の腕ではないですか~!(感心しきり)
いろいろ意欲的に、しかも美しく、また構図も新鮮です。
そういえば9/29の「これは何でしょう?アレチウリ」にコメントバックいただいておりませんねぇ(笑)
【2011/10/10 18:48】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

興福寺、公園、そして東大寺。
良いですねぇ。ある意味懐かしい
風景です。またのんびりと奈良へ
行きたいです。
楽しい一時をカメラと共に過ごさ
れてきましたね。うらやましいで
す。

【2011/10/10 18:34】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4354-edabe2d4