鎌倉・英勝寺のヒガンバナ

2011.09.27(20:00)

英勝寺のヒガンバナ110923

 英勝寺は太田道灌の屋敷跡に、道潅から数えて4代目の康資の娘お勝の方(英勝院)が創建した寺で、鎌倉に残されているただひとつの尼寺です。和尚さんは間違いなく女性です(この眼で確認しました)。英勝院は徳川家康の側室で、水戸の徳川頼房の継母にあたり、彼女を戦場に連れて行くと必ず勝利することからお勝の方と呼ばれたそうです。
 ぼくにとっては、簡単にいくことができる鎌倉の寺で、しかも境内の彼岸花が美しいことがわかっています。平日であれば写真も撮りやすい。絶好のポイントです。


英勝寺のヒガンバナ縦アップ110923


英勝寺のヒガンバナ横アップ110923


英勝寺のヒガンバナ集団110923


英勝寺のヒガンバナ下草の中から110923


英勝寺のヒガンバナ背景植え込み110923


英勝寺の竹林110923

 こちらは英勝寺の竹林です。
 昨年も一昨年も撮影に失敗し、紹介できませんでした。全般に暗すぎるのです。
 今回、いろいろと修練を積み重ね、大胆に感度を上げて、かつあとからノイズをごまかす方法がわかってきましたので、この通りみなさんに紹介することができました。


英勝寺の竹林と裏山110923

 竹林が深くて暗いのではなく、鎌倉の寺の特徴として、裏山が間近に迫っているため暗いのです。


【お知らせ】

 10月1日から6日までお休みをいただく予定でいます。そのあと7日の誕生日から気持ちも新たに再開しよう、と思います。
 少し記事の更新を早めていましたが、昨日の「萩」は自信作でしたので、みなさんにご覧いただこうと今日はゆっくりめに更新しています。
 まだご覧になっていない方は、是非、萩の記事をご覧いただきたく存じます。

 最近読んだ本 : 図説 地図とあらすじでわかる! 万葉集/坂本勝
        図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀/坂本勝
※ 上の二冊はとてもよい本でした。
コメント
ころん さん、
土曜日ですが案外とお客様が少ない。だから彼岸花も竹林も、ゆっくりと散策できました。
いずれ境内の雰囲気をもう少しご紹介しようか、と思います。
【2011/09/28 19:19】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
ヒガンバナの葉って、花の後は誰も見向きもしないけれど、後から出てきているはずなんですよね。
竹林、撮れてよかったです。
1日からちょっとお休みさせていただきますが、未紹介の写真が溜まっているのをどうするか、取捨選択に困っています。
【2011/09/28 19:16】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、
「こんなにきれいだったよ」と、それだけの記事ですが、楽しんでいただければ幸いです。
【2011/09/28 18:41】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
撮った花の写真記事を書いているだけで、四季の移ろいが感じられてくる、もともとそれが狙いのブログでしたが、そんなに大袈裟に考えなくても、ごく自然にそうなっていくものですね。
【2011/09/28 18:40】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
ヒガンバナはぼくにとってほんとうに色の出しにくい花なのです。
hirugao さんのモニターにどう見えているかわかりませんが、一般的には色が濃くなると赤味が強く毒々しくなり、色が薄いとぼんやりした色になって冴えません。
その中間の、「これだ」という色を出したくて、苦労していますが、みなさんのモニターの明るさによっては、あるいはブラウザによっては、もしかすると濃かったり、薄かったりしているかも知れません。
【2011/09/28 18:38】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
「英勝寺」は鎌倉駅から近いので、じつはこれで4回目になります。今回はヒガンバナに絞って紹介しましたが、機会があればお寺の雰囲気を含めて紹介していきたく思います。
鎌倉~逗子・葉山方面~三浦半島は、同じ神奈川県内であり、ぼくの祖父が出てきた「本家」があり、「墓所」があり、先祖代々の土地でもありますが、ようやくぼくの手の内に入ってきたというか、馴染んだ庭のようになりつつあります。
【2011/09/28 18:28】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
>由緒正しいお花という印象です
台風の翌日でしたが、さすが園丁さんが入っているお寺のヒガンバナ、という感じでした。
人によって受け止め方は違うと思いますが、ぼくとしては昨年くらいから、ようやく自分の見た目に近いヒガンバナの色が出せるようになりました。
【2011/09/28 18:23】 | ディック #- | [edit]
YAKUMA さん、
実際の竹林はもう少し暗い感じでしたが、あまり忠実に再現すると見えにくくなり、かえって雰囲気が伝わらなくなるので、少し明るい感じにしました。
【2011/09/28 18:18】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

>鎌倉に残されているただひとつの尼寺です。

和尚さん女性・・雰囲気が竹林や、彼岸花のすらりと伸びて咲く容姿に、尼寺の雰囲気まで想像できました。

綺麗に撮影されて、竹の節までピントがピタリ・・
静かに散策&撮影できそうな素敵なお場所感じました。
【2011/09/28 18:05】 | ころん #- | [edit]
こんにちは。

彼岸花の花が綺麗に咲いて居て目を楽しませて頂きました。
途中であれっ彼岸花の葉ってこれだったかな?なんておもったりしました。

竹林も良いですね。状況からして難しい被写体だと思います。

前回の萩の花、細くて長いのですぐ風に揺れて大変だったんじゃないですか?
どれも見事に写されて居ますね。

マリーナからの写真、素晴らしいと思いました。

誕生日が7日に来るんですか?
おめでとうございます。
いつまでも元気でお過ごし下さい。

今後も楽しみにして居ます。
マイペースでのんびりと。
【2011/09/28 17:06】 | ななごう #- | [edit]
彼岸花、竹林。
いい写真ですね。
秋も深しです。
今日もスマイル
【2011/09/28 16:07】 | kawazukiyoshi #1owpcyVw | [edit]
パンパスグラス、イチョウ、ミズヒキ、フヨウ、ヤブラン、台風、ハギ、ヒガンバナ・・・
季節は移ろいますな。気温も秋になり、、、、
空も充分高い。スジ雲・・・・
【2011/09/28 14:17】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
何度撮っても難しい花でした。

こうして拝見していると凄く自然なのが良いなと思いました。
あまり色をさわってないのが好きです。

また始まるのを楽しみにしています。
【2011/09/28 07:08】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

お寺そのものの雰囲気はわからないですが、
雰囲気の良い周囲の風景を持っているので
しょう。静かな空間にヒガンバナ。
今回もまた美しく写されています。

さて、気になる本の紹介が下にありました。
早速行ってみます(笑)。

【2011/09/28 06:00】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

英勝寺のヒガンバナ、
由緒正しいお花という印象です~♪
何ごとも受け止めるような咲き方が好き~。
それにヒガンバナって足元美人ですね~♪

この竹林の雰囲気に心が落ち着きます。
爽やかですね~スカッとしてきます~♪
【2011/09/28 01:23】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは
竹林の写真を見ると心が休まります。
こんな風景はいいものですね。
ヒガンバナは、やはり赤いのが見慣れています。
【2011/09/27 23:39】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
nakamura さん、
2枚目だけ、やわらかい雰囲気を殺したくないので、やや明るい感じにしました。その分、少し色が薄いかな。

ほめていただいてうれしいですが、実際には花の色を完全に飛ばしてしまいました。
しかたないので、後から赤・オレンジ系の輝度を下げる、そのぶん全体を明るくする、それでぼけた分コントラストを上げるなど、複雑な調整をやっております。
つまりは、レタッチがうまくいった、ということになります。
【2011/09/27 22:14】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

これはよくいい色が出ていますね~!
大座布団をどうぞ。
さすがです。
【2011/09/27 21:46】 | nakamura #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4337-7f675334