FC2ブログ

宝戒寺の境内の花

2011.09.25(19:00)

宝戒寺の白いヒガンバナ110923

 鎌倉の「宝戒寺」(ほうかいじ)というお寺の境内に来ています。
 宝戒寺は金龍山円頓宝戒寺といい、天台宗のお寺です。
 滅亡した北条氏の霊を弔うため、また修行道場として、後醍醐天皇が足利尊氏に命じ、北条氏の屋敷があったとされる地に寺を建立させたそうです。


ヤブラン110923

 ヤブランがまだ咲いていました。やや暗めで、よく見えません。カメラのレンズを通したほうがわかりやすいです。


もしかして酔芙蓉110923

 芙蓉(フヨウ)の仲間のようですが、前日のしぼんだ花弁が赤いのはなぜでしょうか?
 ちょうど12時頃なのですが、これはもしかして酔芙蓉(スイフヨウ)で、これから赤くなっていくとかあるのでしょうか? このような感じのフヨウは初めてで、ぼくにはよくわかりません。


黄色いヒガンバナ110923

 「黄色いヒガンバナ」などと呼ぶのではなくて、ヒガンバナの仲間の別種で、たぶん名前があるのだろうと思いますが、どなたか教えてくださいませ。
 暗い中で撮って、原色の色合いを再現するのはなかなかむずかしいですが、まあ、こんな感じでした。


ミズヒキ110923

 ミズヒキ。撮影困難な花で、どう撮ったらよいかといつも悩みます。
 わが家の庭にたくさんありますが、背景が暗くなりすぎてアイデアが出てきません。


宝戒寺のハギ110923

 宝戒寺は白いハギがよく知られていて「萩の寺」と呼ばれているのですが、このように部分的にしか紹介できないのは、台風に葉がすっかり痛めつけられてしまったからです。

宝戒寺のハギ2110923

 このあと、同じように白い萩のうつくしい英勝寺というお寺の萩がなくなっていたため、園丁さんに訊ねたところ、台風で痛めつけられたのですべて根元から剪定したとのことでした。


宝戒寺の赤いハギとシジミ110923

 この赤い萩も、よく見ればかなり傷んでいるのがわかります。
 シジミくんも傷んでいるようです。台風に耐えたきみはえらい!

 ----------------------------------------

 本日はこれが二本目の記事です。
 ↓ 下の記事もご覧ください。
コメント
nakamura さん、
とくによいことはありませんが、余裕ができて充実しております。
海の写真やクレーンは、ぎらぎらした西日とか、海と空の荒れた対比とか、最初からそういう効果を狙って誇張して表現しています。
おもしろい、と思っていただければうれしいです。こんなことばかりはやっていられませんが…。
樹木が斜面に植わっていて、雨などで斜面の土が剥がれていくのを放置していたのがいけないのではないか、という気がします。
根が露出してくると、グリップが弱くなるのではないでしょうか。それを防止するためには、あまり下草刈りを一生懸命やってはいけない、と思います。土が剥がれやすくなりますから。
【2011/09/27 18:09】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

ヤブランがよく撮れていますね。黙って、お座布団を・・・。
なお、最近のディックさんの写真にあざやかさが出ているように見えます。海の写真や、クレーンが迫力を見せているようです。何か良いことがおありでは?(笑い)。
また、樹木の倒木が多いのは管理上の問題もあるように感じますが、いかがでしょうか。倒木が多すぎるような・・・。
【2011/09/27 06:56】 | nakamura #- | [edit]
mico さん、
お寺で写真を撮っていると、なぜか落ち着いてよい写真が撮れるように感じます。「境内で秋の風情を満喫」とおっしゃる、その環境が後押ししてくれるのでしょう。
【2011/09/26 20:14】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、ありがとうございます。
でも、hirugao さんのお写真には、hirugao さんらしいセンスを感じて感動しています。
技術的なことは、繰り返しやっていれば自然に上手になるもの。でも、センスはまた別ですからね。
【2011/09/26 20:12】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
たぶん、「人」の中でも「日本人」は「とくに」ではないでしょうか。動物でなくても、虫でも、木でも、石でさえ、何にでも感情移入できる特異な民族ではないでしょうか。
倒れた木が、長年この地を見守ってきたとか、倒れることそのものにも痛みを感じることができます。
けっして悪いことではないですよね。
【2011/09/26 20:09】 | ディック #- | [edit]
境内で秋の風情を満喫されましたね。
ヤブランとミズヒキソウの撮影に失敗ばかりしています(苦笑
台風で傷んだ萩が痛々しいです。
【2011/09/26 10:14】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
こちらで小さなお花の写し方また「こんなのだったのか」

と感激することが多いです。

小さなお花の写し方参考になりますが私はまだ出来ないでいます。

1枚目の写真良いですね~
【2011/09/26 09:31】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
大風が吹いて、木が折れて、倒れて。
人智の及ばぬ世界の厳しいありさまはわかるけど・・
神様は時として気まぐれで残酷であります。
自然の摂理といえばその通り。
しかし花を咲かせるのもまた自然の摂理。
感傷などというものを持ち合わせているのは人だけか。
【2011/09/26 04:25】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
空見さん、
ふうむ、そうすると酔芙蓉にはシングルと八重とがあって、これは八重なんですかねぇ。
ミズヒキって、花が小さいから、空見さんの言葉を借りて言えば、たぶん「背景の処理」と、あと「できれば画面に一本だけでなく、たくさんの本数を撮ること」が大切のような気がします。そのためには、撮りやすいシチュエーションにある花を見つけなければならない。これがなかなかそう上手くはいかないですね。
アップを楽しみに待ってます。
【2011/09/25 22:46】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
芙蓉は酔芙蓉のようですが↑花びらが多いですね(笑)
個人的には花びらの数が少ない方を好みます^^;
ショウキズイセン(鐘馗水仙)は実物を見たことがありませんがネットではよく見かけます。形はピンクのナツズイセン(夏水仙)や橙色のキツネノカミソリ(狐の剃刀)にそっくりですね。
そうそう、この前ディックさんのミズヒキが綺麗だったので、今日は私も挑戦してみました♪
【2011/09/25 22:19】 | 空見 #- | [edit]
とんとん さん、白い萩がねぇ、ちょっと残念でした。
かたちよく垂れたのを撮りたかったのでした。
おかげさまでいろいろと覚えました。
ヤマトシジミですか、台風の吹き荒れているあいだ、どうしているのでしょうねぇ。ずっと葉の裏か何かにつかまって耐えるのでしょうか。台風が大きいと蝶たちもたいへんですね。
【2011/09/25 21:38】 | ディック #- | [edit]
代表的なヒガンバナ三色をゲットできましたね♪
我が家にもしょうキヅイセンがあるはずですが一回咲いたきりで、何年も冬眠しています。

白い萩は一番素敵。
今ヤマトシジミの数が多いですね。
小さいのでうるさくないですが。
【2011/09/25 21:26】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
地理佐渡さん、
本日から記事を1日2本にして消化しようとしています(笑)
ミズヒキ、何かいい雰囲気でしょう? 無理して撮ってみるもんですねぇ。背後に石があるんです。それで背景の色が落ち着きました。
【2011/09/25 21:20】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
あ、そうか、これがショウキズイセンなんだ。
とんとん さんのところで仕入れた情報では、白いヒガンバナはショウキズイセンとヒガンバナの交配種だそうで…。
【2011/09/25 21:16】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
ミズヒキやハギも咲いて、秋になったと感じますね。
黄色いヒガンバナは、ショウキズイセンというと思います。
【2011/09/25 20:40】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。

宝戒寺の風景。冒頭の白いヒガンバナが
印象的でした。さらには水引の写真の
何と涼やかなこと。良い雰囲気です。

花の写真がたくさんあるとのことです。
海の風景シリーズはその後と言うことで。

僕なんか結構いい加減にやったりしてい
ます(苦笑)。

【2011/09/25 20:27】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4334-e02e0178