新・港村(新港埠頭)のアート

2011.09.21(14:47)

新港埠頭のアート美容室110913

 今晩は「ヨコハマ・トリエンナーレ2011」の新港埠頭会場「新・港村」を紹介してみよう。
 ブースが集まっていて、アーティストがそれぞれ制作中または制作終了した作品を展示している。

 上は南雲由子さんの「美容室」。ここで髪をカットしてもらったら、最後は写真を撮って美容室入り口に展示される決まりとなっている。


自転車式旋盤110913

 上の工房は牛島達治さんの「汎用動力研究所」だ。隣の南雲由子さんの説明によると、人力で動く機械が専門で、写真の自転車は移動式旋盤だ。自転車を漕ぐことで金属機械部品を削ったりできる。工房の中では、何かしら大型機械を製作中で、本人は毎日1度はここへやってくる、ということだった。


これでほんとにアート110913

 う~む。ぼくとしては、これでアート作品だと言われても…。


パッワークのアート110913

 磯崎道佳さんの作品。ご自由に寝転んでください、と書かれている。


寝転んで眺めるアート110913

 寝転んで眺めるのもなかなかよいものだ。馬の木彫りは櫻井かえで さんの作品。


寝転んだ足の見える象のオブジェ110913

 寝転んで象の像を眺めながら写真を撮ると自分の足が写る。


学生たちと会場110913

 学生たちも見に来ている、立ち上がったおじさんがとても不審に見えるらしい。


竹のモビルアート110913

 この日、この会場には「ピカいち」の作品がひとつあった。松本秋則さんの竹などを使ったサウンド・オブジェだ。
 最初はモビールかとおもったが、角を曲がり込んでいくと「からから」「ころころ」と、例のCM「森の木琴」のような音がたくさん聞こえてくる。


竹のサウンドアート110913

 こんなふうなものがいろいろとぶら下がっていて、風がなくても小型モーターが仕込んであり、ランダムに動き出して音を出す。これはいい! これは楽しい。ほかの作品を見てまわっていても、会場にはいつも「からから」「ころころ」と可愛い音が響いている。


竹のサウンドアートのアップ110913

 このように、たったひとつでもいい。自分の感性にピタッとフィットする作品と出会えれば、見にきたかいがあった、と嬉しくなる。
 制作者の松本さんは、瀬戸内国際芸術祭2010に参加したほか、海外の国際芸術祭にも多数参加している方らしい。第9回バングラディッシュ・アジア・アートビエンナーレではグランプリ受賞だそうだ。

 ------------------------------

 午前中にスポーツ・クラブへ行き、13時頃帰ってきたが、帰りは横浜駅のホームを雨が横に通って行く。階段の下へ隠れて電車を待つ人が多いが、階段も上のほうは雨が吹き込んでいる。
 現在14時45分、風が強くなっている。一応の準備はしたが、皇帝ダリアが無事に済むかどうか、あまりの風の強さに、心配になってきたところだ。
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/04/04 15:35】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/15 14:11】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/26 01:59】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/26 23:25】 | # | [edit]
kawazukiyoshi さん、
台風は、じつはわが家よりも根岸森林公園がたいへんな被害を被っておりまして、きょうかなり写真を撮ってきましたから、明日にでも記事にしようか、と思っております。
通勤されていた方は、早く帰れないなら泊まり込みのほうが楽だったかも知れませんね。多数の通勤電車が止まってしまいました。
【2011/09/22 19:21】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
植物の写真ばかりではつまらないだろう、と思って、3、4回に1度は変わった写真を掲載して記事を作ろう、と考えております。
自分が実際に出歩いて撮っているわけですから、自分の行動記録にもなりますし…。
足はまあ、どのくらい画面に入れるか、じつはちょっと悩みました(笑)
【2011/09/22 19:17】 | ディック #- | [edit]
台風は大変でしたね。
娘は、早々と会社が帰宅命令を出したそうで
無事に帰宅困難者にもならず
家で悠々としていたそうです。
今日もスマイル
【2011/09/22 17:03】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
こんにちは。
アート、何だかようわからんのですが、写真的には履いている靴とゾウが面白かったかな(笑)
サウンド・オブジェですか~あれはいいですね、見ごたえ聞きごたえがありそうです。
【2011/09/22 16:47】 | 空見 #- | [edit]
ころん さん、
見てきた光景をアット・ランダムに並べたら、これがアートの祭典だとはわからないくらい、ごちゃ混ぜの不思議な世界です。
おかしなものがたくさん並んでいまして、写真にして見せるとおもしろそうなものだけを撮っているわけです。
実態はもっとずっと へんてこりん です。
【2011/09/22 15:57】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
わが家では大切にしていた皇帝ダリアを根こそぎやられました。
根岸森林公園を回ると、あまりの惨状にショックを受けます。何十年も育てなければ、ユリノキもネムノキもあれほどの大木にならないでしょうし、枝振りのよいオオシマザクラの太い枝がやられていまして、被害を受けた大木はあまりにもたくさんありすぎて、ぼくはとてもがっかりしています。
【2011/09/22 15:53】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
松本秋則さんのサウンド・オブジェは、とくに抜きんでていました。これは誰でも親しめて、見た目も、音もよくて、楽しめる作品になっていました。
【2011/09/22 15:49】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
横浜トリエンナーレのうち、この「新・港村」は、まるで大学の学園祭をやっているかのような雰囲気です。
Tシャツをアートっぽく制作して売っていたり、屋台があったりします。ぼくは平日に行ったら、お客さんが少ないので屋台は閉店していました。
【2011/09/22 15:47】 | ディック #- | [edit]
アートもそのようにですが・・
科学博物館に見えていました。
楽しそうな芸術品ですね。
寝転んでお休みの空間がいいようで・・
(お足が物語る)でした(笑い)
【2011/09/22 13:13】 | ころん #- | [edit]
こんにちは。

昨日の台風による被害は無かったですか?
海に近いディックさんの処ですと雨も汐味だったのでは無いですか?
私のバイクも海から5キロ離れて居ますが潮を被って居ます。

この様なアートも面白いですね。
【2011/09/22 12:57】 | ななごう #- | [edit]
松本明徳氏のアートなかなかお洒落ですね~

揺れ動く様子がそして音が出るというのも楽しいですね。
【2011/09/22 10:56】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
芸術の秋、アートを樂しませて頂きました(感謝
身近で楽しめていいですね。
【2011/09/22 10:39】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
紗真紗 さん、小肥りさん、nakamura さん、
以前も書きましたが、今回は「わけがわからん」=30%、見せる水準に達していない = 30%、つまらない=20%、おもしろい=10%、これはいいぞ! =10%というところでしょうか。なんか、ほとんどが「学園祭」のノリなのですが、その中に少しだけ光るアートもある。
現代アートは、「これはいいぞ! =10%」があれば、見に行ってそこそこ幸せになれます。
この会場だけ入る方は500円です。何回でも入れるパスポートをくれます。若者のデートには会話が弾んでよいでしょう。
【2011/09/22 09:02】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

よいですね~、私も寝ころんでみたい!(笑い)。
そのまま寝込んでしまうかも・・・。
お座布団は要らないですね・・・(笑い)。
【2011/09/22 07:20】 | nakamura #- | [edit]
洒落てるなあ・・・
ボクは「和鋏と簪と櫛」のマークが気にいりました。
【2011/09/22 06:23】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

ヨコハマ・トリエンナーレですか~?
もう私の想定外の枠をもっと柔軟に広げなければ~と、
思いました。
現代アートのいわゆる、接する、見せる、親しむですか?
とても発想が面白い作品たちばかりです。

今日のディックさまの画像は・・・、
寝転んで撮ったという~足・・・。。。
タイトルを、象との対話なんて、最高の面白さです~!!!
【2011/09/21 22:56】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4324-2422f8f2