FC2ブログ

浦安の旧漁師町を歩く(1)

2011.09.14(16:00)

 浦安市は市域の約4分の3は1960年代後半以降造成された埋立地が占めているというが、かつては3km ほど沖まで続く遠浅の海が広がっていた、という。
 そもそもの浦安は、アサリ、ハマグリ、海苔などの産地として有名な漁師町だったのだ。
 「San Po の会」第51回のウォーキングは、この古い漁師町を歩いてみよう、という企画だった。
 東西線の浦安駅からまず北へ向かい、「浦安魚市場」を抜けて「善福寺」と「稲荷神社」、そこから現在は緑道となっている船圦川跡を歩いて旧江戸川へ出、川端を南へ歩き、境川の水門付近から「大蓮寺」「清瀧神社」、旧宇田川家、旧大塚家の古い住宅を見て、猫実4丁目の「庚申様」へ立ち寄り、中央公民館で一休みしてから、バスで「浦安万華郷」へ向かって温泉に浸かる、というコースだ。

 地図を出したいところだが、狭い地域で詳細な地図でないと一覧できないため、今回は省略する。

 今回は上のコースの前半部分をできるだけ紹介しよう。


善福寺110910

 まず魚市場だが、土曜日の午後にはもう事実上閉店状態であり、通り抜けただけとなった。
 上の写真「善福寺」は本尊は大日如来だが裏本尊は阿弥陀如来だといい、何宗の寺なのかよくわからない。
 しかし、上の写真は異常だ。じつは大正6年の大津波で崩壊し、何度か改修したのでこのような高いところに本堂が位置しているのだという。


稲荷神社110910

 ここはただ「稲荷神社」という。元禄2年の創建で、小岩村から移築されたものと言われているらしい。境内に富士塚が同居していた。


江戸川からタワーを臨む110910

 旧江戸川の風景だ。


蒸気河岸付近110910

 対岸(写真の右側)は川の中州に当たっている。堤防の上を歩いているが、眼下の町(写真の左側のほう)は河面よりも明らかに低い。堤防の補強改修工事が実施されていたのは「蒸気河岸(じょうきがし)」と言われた付近だ。定期船「通運丸」の発着所があり、大型蒸気船が深川から運航していた、という。昭和19年に廃止されたらしい。


大蓮寺110910

 上は「大蓮寺」。本尊は阿弥陀如来。


清瀧神社拝殿110910

 上は「清瀧神社」の拝殿。鎌倉時代の創建で、海の神様を祀っている。撮影困難だったので写真はないが、本殿は拝殿の背後にあり、とても小さい。小さい御輿を担ぎ上げたような形になっていて、江戸時代に一本のケヤキから掘り出したものといい、凝った彫り細工が印象的だった。
 ここも境内に浅間神社が同居し、大きな富士塚があった。江戸時代の神社にはこのようなことが多いのだろうか。


清瀧神社同居の富士塚110910

 --------------------------------

 座骨神経痛が再発して少し気になり、痛むこともあるがとくにどんどん悪化する気配はない。頸椎ヘルニアのほうもときどき出てきて、手が痺れ腕が痛むが、これもさほど悪化の気配はない。
 うまくできていて、最近は心臓のほうが落ち着いている。ひどいときは毎日のようにあった発作だが、多少危なっかしいときはあったものの、なんとか頓服薬をのまずに済んでいる日が9月6日頃から続いている。5月頃から発作の回数が多くなっていたが、これは「発作」にならずに済んでいる日の連続としては最高記録だ。
 「あ、ちょっとまずいかな」と思うことは昨日も炎天下を歩いていた直後にあったが、喫茶店で涼んでいるうちに自然回復した。この記録更新期間中、スポーツクラブへ3回行っているし、San Po の会で歩き回ったり、美術館にも2回行っている。けっして家で静かにしているわけではない。たまたま危なっかしいとき、座っていられる場所があると自然回復の機会が与えられ、それが偶然続いているうちに、安定してきたようだ。
 このまま続けられるとよいが、どうだろうか。
コメント
kawazukiyoshi さん、
赤ベコ?
福島の赤い牛の玩具とどういう関係が…?
それとも青べかと混乱でしょうか?
体調には十分気をつけます。ごめんなさい。
【2011/09/16 15:37】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
San Po の会で企画されなかったら、ぼくはずっと知らないままだったでしょう。
【2011/09/16 15:19】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

知っているようで知らない浦安の町・・・でした。
昔、干潟が広がりうらびれた漁師町でしたが・・。
今回の大震災では大変な被災をしています。旧市街地は大丈夫でした。
こうして記事で見ると新鮮に見えます。
【2011/09/15 21:41】 | nakamura #- | [edit]
空見 さん、
一度 Wikipedia などで、富士塚、冨士講、富士信仰などと検索して読んでみることをお薦めします。全体像がつかめてきます。
ぼくは富士信仰の名を借りたレジャーの側面が強かったのではないか、と疑っております。
【2011/09/15 17:00】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
漁師町ですから、埋め立て地ではなく、江戸時代からあった土地をあるいたわけです。当時より海面が上昇し、低地になってしまってはいても、流動化などは起きにくいということになりますね。
富士塚の存在を初めて知ったのは何回か前に San Po の会で品川の神社へ参拝したときでした。江戸時代の神社には多いのだと思います。
【2011/09/15 16:56】 | ディック #- | [edit]
浦安の地図を見ながら見て居ます。
歩いたコースは同じ浦安でも北の方で比較的地盤の固い方ですね。
歩いたコースを見ると約4キロ位の様です。
この位が体に負担の掛からない距離でしょうか?

各地に富士講が有る様に富士塚も有るんですね。
【2011/09/15 15:42】 | ななごう #- | [edit]
一病息災ではなく三病息災のご様子ですが、出来る範囲で動いていることが大事ですね。
このまま続けられるといいですね。

空海に飛んだついでに、「世界が変わる現代物理学/竹内薫」のところにもお邪魔しました。
こういう世界好きです♪(きっと難しくて読めないと思うけど。)
>宇宙全体が分かちがたい関係の中にあって、それぞれの存在は他の存在との関係の中で存在している。重要なのは物質(モノ)ではなく関係(コト)なのである。
人間の体も小宇宙そのもの。自分の体はこの観点からでしか治し様が無いと思う昨今です。

↓サイヨウシャジンではないかと。
【2011/09/15 14:21】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
炎天下はいけません!
禁止!!
ふふふ
浦安のイメージは古いままで、
赤ベコの世界しかありません。
古いと言われるはずです。
ははっは
今日もスマイル
【2011/09/15 14:20】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
こんにちは。

なるほど、こんな形の信仰をしていたんですね。
こちらにも古い小さな神社ですが、裏山を富士山と見立てた富士浅間神社があります。以前にエントリーした大草鞋を鳥居にかけていたところですが。
私は当初ふざけているのかと思っていましたが、今回のディックさんの記事を拝見し、昔の人の富士山への願望がこのような形をとったのかな、と感じました。
【2011/09/15 12:38】 | 空見 #- | [edit]
hirugao さん、
富士塚は江戸で広まり、首都圏に広がったのだと思います。
関西圏にはないのではないでしょうか。
【2011/09/15 11:08】 | ディック #- | [edit]
こんにちわ

暑い日が続いていますね。
ちょっと遠出しようと思っても考えてしまいます。

この富士塚この辺では見かけません。
とても面白いと思いました。
【2011/09/15 11:05】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
YAKUMAさん、
今回はリーダーのNさんの地元でしたから、いろいろと解説も聞くことができました。
知らない町を歩くということを、月に一度程度やってみるのは新鮮な発見があって、興味深いです。
【2011/09/15 11:05】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
浦安市と言うと、ディズニーリゾートや住宅地を想像しますが、元々は漁師町なんですね。
今の市域のほとんどが埋立地とは聞いていましたが、海がもっと身近だったのですね。
坐骨神経痛は、本当にお辛いでしょうね。
なんとかひどくならない状態が続くといいですね。
【2011/09/14 21:19】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
小肥りさん、
2年ほど前から San Po の会のおかげで、東京のいろいろな姿を知るようになりました。広いですから、古い場所から新しいスポットまで、おもしろいところはたくさんあります。
【2011/09/14 20:39】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
ディズニーランド付近は埋め立て地ですから、液状化がひどかった。この付近は、低地ですが液状化はなかったようです。
【2011/09/14 20:36】 | ディック #- | [edit]
遠くにスカイツリーが見えてますね。
東京には知らないものがいっぱいあるわ。
【2011/09/14 19:05】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
こんばんは。

ディズニーランドのイメージが強いのですが、
古い地図で見ますと説明されているとおりで
すよね。僕も地形図で新旧のもので見て想像
しています。紹介の風景は昔を探る鍵になり
ましょう。後半が楽しみでです。

【2011/09/14 18:57】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
紗真紗 さん、
この日はとても暑かった。ぼくは案外平気でしたが、企画者兼リーダーが「暑い、暑い」とへばっていました(笑)
既存の神社の中に富士塚を作ってしまって、その頂上へ浅間神社を祀るということを、江戸時代の人たちはやったようですね。
伊勢参りと同様に、信仰しているから富士へ行く、と旅行の理由ができるのがよかったのでしょうか。
富士塚は、身近な場所に模倣富士山を造り、誰でも富士参拝が出来るようにしたのでしょう。
【2011/09/14 18:24】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

San Po の会はハードな歩き、この日も暑そうです。
もう、お寺に神社に、次から次と目がくるくるです。
神社に富士塚がけっこうあるのですね。
富士信仰からくるものでしょうか~。

お体だましだましですね~
どうぞご無理をされませんように。
こちらにも広瀬浅間神社(狭山市)に富士塚がありまして、
登る形となりますが、いつも刺激を受けております。。。
【2011/09/14 17:54】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4315-939470a9