「等々力渓谷」ってどんな渓谷? ~ 「不動の瀧」ってどんな滝?

2011.08.19(15:58)

等々力渓谷歩き始め110809

 横浜から東急線で自由が丘へ出て、東急大井町線へ乗り換え、大井町駅とは反対の溝の口駅方面へ向かうと三つ目の駅が「等々力駅」だ。
 等々力駅へ出て、徒歩わずか5分、緑深い木々の見えるほうへ向かって進んで階段を下ると、そこが「等々力渓谷」だ。



大きな地図で見る

 上の地図では、尾山台駅と上野毛駅の間のマークに「等々力駅」が隠れてしまっている。
 「等々力渓谷」はCのマークの付近だ。


等々力渓谷川を覗き込む家族110809

 ここはウォーキングの会でぼくが体調不良のため参加し損ねたコースで、「等々力渓谷」という言葉の響きに、いったいどんなところか、そのうち自分で行ってやるぞ、と思っていたのだった。
 聞くところによると、等々力という地名は、渓谷内の不動の滝の水が落ちる音が周囲に響き渡り「轟いた」ことからついた、と言い伝えがあるそうだ。
 その不動の滝の写真を撮ってきたと、ブログ「花と滝とつれづれなるままに」の紗真紗さんのところでついコメントしたのがいけなかった。
 そんな誇大な話は、尻つぼみの結果となるに決まっているのである。数枚後に出てくるから、みなさんお楽しみに!


等々力渓谷歩き進む家族110809

 谷沢川という川が台地を浸食してこのように地形になったそうで、この川は多摩川の方向へ向かって流れ、丸子川とぶつかって合流して多摩川へと流れ込んでいる。その手前がこの写真のようになっている。両側の崖の上はおそらくふつうの住宅地だろうと思われる。


等々力渓谷横穴式古墳110809

 渓谷の付近には、古墳時代末から奈良時代にかけての、有力な農民の墓が、横穴式古墳としていくつか残されている。次の「不動の滝」もそうだが、これを「古墳」というと、ブログ「りんどうのつぶやき」の mico さんに笑われてしまいそうだ。


不動の滝110809

 「不動の滝」というのはどうもこれらしい。紗真紗 さんに期待されても、笑い話にしかならない。


菩薩像と不動の滝110809

 絵にならないから、横から菩薩(たぶん)像を入れて撮ってみるが、滝の水量が増えるわけではない(笑)。


等々力不動尊へ登る階段110809

 「不動の滝」から階段を登って、等々力不動尊へ向かう。


等々力不動尊正面110809

 紀州の根来寺を開いた興教大師が日頃信心する役行者作の不動明王に関東の霊地があると告げられて、ここに不動尊を安置したのが等々力不動尊の始まりだという。興教大師が錫杖を振るったところ、霊泉がほとばしり出て「不動の滝」となったのだそうだ。それが轟いて「等々力」という地名が生まれたというのだが、古くはもっと水量があった、ということなのだろうか。

 等々力不動尊の前はふつうの車道、脇の階段を下れば等々力渓谷。河岸段丘の浸食によって生まれた地形だそうだが、都内世田谷区にこのようなところがあるとは驚かされる。

 今回の撮影は、崖と緑に囲まれた中でとても薄暗く、暗さに弱い Olympus E-3の感度を目一杯上げたため、画面にノイズがたくさん出て、つらい画像となった。ノイズ低減フィルターを使ってごまかした写真がたくさんある。画質が落ちているところはご容赦願いたい。

 ---------------------------------------

 長男の出身校日大三高が決勝戦へ進んだ。9回表の始まる直前に地震があって、放送が中断してしまったのが残念だ。
 前回の決勝戦は長男が新中学生のとき、「めったにないことだから甲子園へ行ってこい」と家内とともに勧めたら、勝ち進んだため決勝が終わるまで帰ってこられなくなった。
コメント
長男の出身校日大三高・・・

それは凄い。仕事にならなかったでしょう。
自分とこ新潟の文理が決勝にいった時でさえ私ら大騒ぎしたのにね。
今回文理は日大三高に真っ先に負けたので、今日家族は応援していたようです。優勝校に当たるとはくじ運の無い・・もし勝っていたら優勝したかなあ。
なんて思っていました。
【2011/08/20 17:37】 | miyata #- | [edit]
hirugao さん、
都心に近いオアシスという感じですね。
こういう場所はなかなかありませんから貴重です。
【2011/08/20 11:50】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、YAKUMAさん、
そうか、都市化で台地の水がコンクリートで遮られ、浸透しないのですね。それでは滝も枯れるし、川の水量も落ちる、仕方がないですね。
川と谷が残り、緑が残っているだけでも、よかったと思わなければ行けませんね。
【2011/08/20 11:48】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
等々力渓谷ですか。記事を読み進むうちに、以前テレビで採り上げていたことを思い出しました。
落ち着いた雰囲気のあるところですね。
不動の滝、きっと周囲の宅地化が進み、水量が著しく減ったと思うことにします・・・
【2011/08/19 22:43】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。

むかし、世田谷に住んでいましたが、もっと水量がありました。でも、こうして残っていることに感心します。
台地上の水がコンクリートで遮断されているのですから下に浸透して来ません。都市化の典型でしょうか。
でも、こうして歩くのはよいですね~、うらやまし・・・。
【2011/08/19 22:22】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは

名前聞いたことがありますがでもハイキングにはちょうどいいのではありませんか。
素敵な滝?!があったり古墳?があったりで楽しいではありませんか。
【2011/08/19 21:51】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
空見 さん、
ぶらタモリなどのお話は地理佐渡さんへのコメントとまとめていただいて、この画像の「粗さ」に気がつかれるのは、しっかりと目が肥えてきていらっしゃいます。
フィルムならASA、デジカメならISOが感度で、この感度を上げすぎると、ノイズが出てきます。無理して撮っていますから、明るいところを暗く、暗いところを明るくレタッチすると、ますます不自然な感じになってきます。
PENTAX のK5など、感度の高いカメラがほしいですが、レンズも買わなくてはいけなくなり、かなり高く付きます。
そこでレタッチでノイズを消してごまかしますが、限度があります。元の画像はざらざらですから、これでもかなりよくなっています。
【2011/08/19 21:46】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
そうそう…、環8が上を通っていましたね。生活道路に使っているのではないか、という人の姿も見られました。上は暑いですからね。
【2011/08/19 21:38】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、空見さん、
空見さんはご存じのようですが、「ぶらタモリ」という番組がありまして、タモリさんは都内の高低差が大好きでして、地名、古地図など総動員して、高低差の検証をする番組で、たしか「谷中」のあたりを歩くところもあったように記憶しています。沢や谷の地名は川があったことを示しますから、そのように低くなった地形があるはずですね。あれはとてもためになるよい番組です。
【2011/08/19 21:36】 | ディック #- | [edit]
紗真紗さん、
さすがの紗真紗さんも、誉め言葉のコメントに困るのではないか、と期待しておりましたが…(笑)
高校野球を決勝戦までしっかり楽しんで応援できるのは久しぶりです。
【2011/08/19 21:31】 | ディック #- | [edit]
小肥りじいさん さん、
じつは清水寺へ行ったことがありません。柄杓で水を受けている…、ははあ、想像ができます(笑)
どこぞのサイトにいまでも滝に打たれて修行している、と書いてありましたが…、もしかすると、梅雨どきなどには水量が増えるのかも知れません。
音が轟くとはどうしても思えませんが…(笑)
【2011/08/19 21:29】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

う~む、これが等々力の不動の滝・・妙に感心してみたり^^;
世田谷は娘のアパートがありましたから車で行きました折(甲州街道)、等々力という名前には見覚えがあります。
ディックさんにしては画像が粗いのはどうしたことだろうと思いましたが、なるほどです(笑)
地理佐渡..さん↑も書かれていますが、ブラタモリなどを見ると、知らないだけで東京も面白いですね。
谷根千で有名な谷中なんかも昔は谷だったんでしょうねぇ。
【2011/08/19 20:24】 | 空見 #- | [edit]
等々力渓谷、良い処です。
水の流れる谷の部分に居るとまさかここが東京なの?
と云う感じがします。
真夏でもここではさわやかな風が抜けて行きますね。
環8が上を通って居る様には思えません。
【2011/08/19 19:12】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは。

地理学を分野としてきた自分としては、
この地名は心残りの地名です。いつでも
いけるからなんて気軽く思っていたのが
仇となりまして、一度も訪ねることはあ
りませんでした。
東京を中心とする首都圏は建物に地表を
覆われていますが、関東平野言う割には
意外な程起伏に富んでいます。
地名がある意味ヒントになります。
そもそも世田谷とあれば谷という一文字
が入っていますよね。等々力渓谷。つま
り谷です。なんとなく平坦なイメージが
強い所に谷のつく地名というのは面白い
ですね。都下。特に区部をよく調べてみ
ますと谷地名は多いですし、気をつけた
いのは沢地名も同居しているなんて所で
す。下北沢というように。
あっ、ついついよけいな方に話が進んで
しまいました。

日大三高。やはり事前の評価どおりの
実力を発揮していますねぇ。


【2011/08/19 18:40】 | 地理佐渡.. #ZvVaocAk | [edit]
ディックさま^^
またです~ごめんなさい。。。

リンクをお貼りくださいまして恐縮でございます。
これからもよろしくお願いいたします。
【2011/08/19 17:49】 | 紗真紗 #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

わぁ~じっと待っておりました~♪
等々力渓谷って緑多いところ、時は静かに流れ・・・。
都心のオアシスですね~!
いぇ、ちょっとしたパワースポットかも~!

滝の二条がすっきりと流れているたたずまいに~
さすがと、優美さを感じます。
菩薩像とのふぉとが不動の滝らしさが現れておりまして、好きです。

はい!日大三は大差で勝利しました。
もう~ご長男様の素敵なエピソードに48は32本増えました~♪
明日も、記録と記憶に残る素晴らしい試合をして欲しいです。
v-237
【2011/08/19 17:45】 | 紗真紗 #- | [edit]
う~む・・・
京都は清水寺にある有名な「音羽の滝」とどっちだろう。
音羽の滝ではみなさん、柄杓で水を受けてます。
不動の滝というのですか。
まずは音が轟き渡りそうもないですね。
滝に打たれて修行・・・も難しいかな。
しかし、ここ有名なのにボクは行ったことがない。
【2011/08/19 17:11】 | 小肥り #nLnvUwLc | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4264-b0908a60