わが家のオニユリ

2011.07.20(17:32)

オニユリ110715

 わが家の庭で一番に咲いたオニユリだ。7月15日に撮影した。
 昨年までは近所の崖で咲いたオニユリを撮影していた。
 オニユリがムカゴで増えるのだとすれば、なかなか簡単に庭へ侵入してこないのは当然だ、と思っていた。
 ところが、早朝 庭の水遣りをしていると、この株のほかに何本もたくさんのオニユリが成長中だ。一昨日二本目が開花したのを確認した。このままいくと庭はずいぶんと派手なことになると思うが、台風が来ようとしている。
 全部横倒しで全滅! ということも考えられないではない。


オニユリ縦110715


オニユリ横110715



オニユリ横ふたつ110715

 -------------------------------

 雨戸とサッシの修理を終えた。当初予算の4分の1で済んだことがよかった。
 残余の資金で亡父の住まっていた側のダイニングキッチンの壁に、大きな本棚をくくりつけにすることを起案している。膨大な蔵書をきれいに整理整頓できれば、現在書斎代わりに使っている2階に溢れている書籍と、リビングの書籍類を移動させ、雑然とした中での生活がゆったりとしたものに変えられる。
 頭の中で計画は立てられても、なかなか実行に踏み切ることが難しくなってきている。これが年をとる、ということなのかも知れない。
 前向きな推進力を失わないようにしたいものだ。
 
コメント
dezire さん、
そちらへはまたあとでうかがいましょう。
真夏の花、とくにオレンジや黄色の花は、陽射しを反射するのでじつに扱いにくいです。コントラストが強くなりすぎるのですね。
噴水の多い都市というのは、サンクトペテルブルクも夏は暑いのでしょうか。
【2011/07/21 21:25】 | ディック #- | [edit]
夏のそら さん、
miyata さんの奥様も花粉についておっしゃっているようです。
これはほんとうに気をつけないといけません。
朝の水遣りなどは、ぼろぼろのTシャツと汚れてもよいジーンズでやっています。
【2011/07/21 21:20】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
mico さんの方面は、どうも季節感がわかりにくいです。
お庭やご近所はえらく早くて、多少野草めいたものは、お出かけするタイミングでしょうか。
【2011/07/21 21:18】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん
観察していると花よりずっと先にムカゴができていますね。
花はなんのために咲くのかなあ…。
考えてみれば、息子が就職したからぼくの役割ももう終わっていますねぇ。ムカゴはできて、花は別に咲かすものなのか…。
【2011/07/21 21:16】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
わが家の庭では、ある程度大きくなってきたものにはほとんどムカゴが付いています。
どこかの時点で、わが家にムカゴが転がり込んできたのでしょうかねぇ。
【2011/07/21 21:07】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
オニユリの根は食べられるのですか?
う~む、YAKUMAさんなら野山へ放り出されてもしっかり生き残りそうな気がします(笑)
【2011/07/21 21:04】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
一昨年は年末に、昨年は1月と7月に腰を痛めてひどい目に遭いました。昨年9月からスポーツクラブへ通い、ストレッチで伸ばして、筋力運動で補強して、日々の姿勢に気を遣い、1ヶ月に一度、カイロプラクティックでメインテナンス。
本は多分大丈夫。水遣りのほうが危険! 座った姿勢でホースを引っ張ったり、不自然な力の入れ方が多くなります。
いずれにせよ、かなり気を遣っております。まあ、当分は大丈夫でしょう。
【2011/07/21 21:02】 | ディック #- | [edit]
日本に昔からある花ですよね。
オニユリのそばを通ると花粉がたっぷりつきそう。
ああ、それも日本の夏のシーンなんですよね。
【2011/07/21 19:01】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
オニユリの花でお庭が華やぎますね。
今年はまだ出合っていなくて一足早く樂しませていただきました。
【2011/07/21 10:10】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
こんにちは。
私のブログにコメントをいただきありがとうございました。

こちらの写真ブログも、こんにちは。時々訪問させていただいて、写真を拝見て、楽しんだり、撮影の勉強させて頂いています。

オニユリの花は見ると美しいですが、写真に表現するのは難しいなといつも思っています。ディックのさんの表現は大変参考になりました。

それにしても、自宅にオニユリが咲いているなんて、うらやましい換気用ですね・

私は、帝政ロシアの財力をつぎ込んで造った147もの噴水により、世界で最も美ししい水の庭園と言われるピートル大帝夏の宮殿の写真をブログに載せましたので、また見て頂けるとうれしいです。

またブログに感想などなんでも結構ですので、コメントをいただけると感謝致します、

【2011/07/21 10:08】 | dezire #tLX0El8c | [edit]
おはようございます。

さすがのディックさんです。
花も元気で都会的・・・(笑い)。
うちの庭では熱射病のようにげんなりしています。その代わり、生きるため・・・ムカゴだけはたくさん付けています。放置された植物の本能のようです(笑い)。
【2011/07/21 09:43】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは

これはオニユリですね
今調べてきたらコオニユリにはむかごが付かないと書いてありました。
絵の人が私達がオニユリと教えてあげてもコオニユリとしてUPしてましたので。
【2011/07/20 23:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんばんは
オニユリの花、きれいに咲いていますね。
我が家の玄関先でも、5株のオニユリが花を咲かせています。
ムカゴでたくさん増えますね。
大きくなったものは、そろそろ百合根として食べようかと思っています。
【2011/07/20 22:19】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
miyata さん、思わず笑ってしまいました。
奥様はここを読みにはこられない、のですね。
でも、花粉の話はうなずけます。過去に何回かひどい目に遭っていますから、花粉には十分注意しています。服に付いたらどうしようもないですから。
また写真は花が開いたら、できれば葯が花粉で豊かなうちに撮りたいですね。それでこそ、ユリの魅力というもので…。
【2011/07/20 22:17】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

静かにオニユリが見守る中で、
台風が過ぎ去りましたら..

本は重いです。見て出来てい
るくせに、作者の思いがより
いっそうそうさせているとい
つも思います。あ~っ。重い。

大笑。腰をやらぬようにと..




【2011/07/20 22:16】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
このひっくり返るタイプのユリもいいのですが。うちにはありません。
そういえば家の妻は、ユリというとあの花粉がついていやだといいます。
とにかくなにかにつけて自分がAだというとかならずBだというのです。
自分はそれを見越して言えないのです。困ったものです。うちのオニユリです。
【2011/07/20 21:43】 | miyata #- | [edit]
ひろしさん、
過去に一度大量に処分したことがありまして、あとからどれだけ後悔したことか…。
読んだ本というのは、脳のメモリーの延長のようなもの、あそこにこんなことが書いてあったはず、といつでも引っ張り出せるのが望ましいですね。
「倉庫」とはお気の毒様です。
【2011/07/20 20:32】 | ディック #- | [edit]
幸か不幸か、膨大な書籍を移動・整理できる場所ができたのですね。
これで、心おきなく理科系書籍を購めて勉強が進むことでしょう。

わが家には、そんなスペースがなく、同じく膨大な書籍は倉庫に眠って引き出せない惨状にあります。
【2011/07/20 19:00】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4193-6be848d7