朝比奈切り通しを歩く(その3)

2011.07.09(17:00)

杉林の道を下りる1110609

 杉林の道を下りていく。

杉林の道を下りる2110609

 見上げると日が射し込んできていて、じつに美しい。

熊野神社立て札110609

  5、6分歩いたところに熊野神社への分岐道を知らせる立て札があった。朝比奈切り通しが開かれたとき、守護神として熊野三社大明神を勧請した神社だとあらかじめ調べて知っていた。
 迷った。心臓はでたらめな脈動をうっていて、息が苦しい。しかし、この機会を逃したら、もうこの年齢だし、二度と来ないかも知れない。
 「ええい」と分岐道を歩き出す。


熊野神社への道110609

 ご覧のように大半は平らだが、やがて曲がりくねって登りはじめる。少し後悔し始める。ああ、苦しいと思ったとき、目の前に鳥居があった。


熊野神社階段110609

 大した階段でない、と見えるのはカメラとレンズのマジックだ。都営地下鉄の階段のように一直線に長く登っている。さすがにこれはダメだ、と思った。階段の途中でへばってふらっとなるのが一番危険なのだ。
 諦めて踵を返し、歩き始めてすぐ、細い道が分かれて昇っていくのに気がついた。神社というものは、大概はこのような側道が付いていて、拝殿の横へ出られるようになっているものだ。
 「ぐるりとゆっくり回っていけば、なんとかいけるかも知れない」
 「いや、この状態ではとても無理だ。道が急になったらどうする?」と迷う。
 「しかし、この機会を逃したら、もうこの年齢だし、二度と来ないかも知れない」と、また同じ理屈が頭をもたげる。
 ここで、この日一番バカな決断をした。その細い道を登りはじめたのだ。


熊野神社拝殿の上から110609

 すでに心臓発作状態になっているから、血流が悪くなっていて、登りの一歩一歩が重い。息が苦しい。頭に血が行きにくくなると、ぐっと力を入れて身体を引き上げたとき、ふらっとすることがある。
 思ったより道が長い。おかしいぞ、神社の裏山へ登っているのではないか。余計な回り道をしているのではないか…。
 この写真はもうやけっぱちである。苦しい最中に拝殿の裏から撮っている。余分に登ったことは間違いない。


熊野神社奥の拝殿110609

 なんとか下りる道を見つけて、下りていく。

 明晩は美しい神社の境内の写真を披露するが、正直に言うと、本殿などの建物の配置とか、狛犬や灯籠の並びとか、自分の写真を見てもまったく思い出せない。こんなに苦しいのは初めて、というくらいになっていて、ただ、本能的にカメラを構えて撮っていたとしか思えない。
 「こんなにきれいな神社だったっけ?」というくらいで、ほとんど思い出せないのだ。

 いまもう一度よく見てみると、階段の下から見上げた本殿と、この上の写真の建物は明らかに規模が違う。
 たぶん本殿のさらにその上に、寺でいうなら「奥の院」のような小さな拝殿があり、ぼくは回り道してその裏まで登って下りてきたのだ。それでは苦しいのは当たり前だろう。
コメント
nakamura さん、
ひょろひょろと伸びた幹が並ぶのは「異様な」景色ですね。
樹木の高さが高いのに、下は藪のまま、という林はあまり見られないので、ぼくの目には滅多に見られない「きれいな」景色に見えてしまうのでした。
なんか「スターウォーズ」に出てくる森に迷い込んだようでした。
【2011/07/10 12:18】 | ディック #- | [edit]
こんにちは。

杉林を見て、直感的に感じることがあります。
いかにも痩せた病気気味の林です。間伐が急がれますが、手は入りそうもありませんね・・・。
残念ですが、これが日本の林業の見本のように見えます。
つまらないところのコメントで恐縮です。
なお、無理は禁物カキノタネ・・・。
【2011/07/10 12:06】 | nakamura #- | [edit]
ななごう さん、
携帯電話をふだんからあまり使っていないから忘れるんでしょうね。
深く反省しまして、GPS機能付きスマートフォンを買いました。5月にはたびたび道に迷って余分に歩きすぎ、つらい思いをしたりしましたので、ちょっと高かったですが、これで自分が今どこにいるか、どちらへ向かって歩いているか、わかるようになりました。いつも持ち歩く習慣が付き始めましたので、もう大丈夫でしょう。
音も大きいし、かかってきた電話に気がつかない、ということもなくなり、フリック入力が可能なので、メールも楽に使えるようになりましたし。
【2011/07/10 11:40】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
本殿のほうは、思いの外立派でした。10日の記事にしますので、ご覧になってください。
ぼくのほうは、この日はさすがに苦しかったです。それにしては写真だけはきちんと撮っているようで…、自分で後から見て呆れております。
【2011/07/10 11:33】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
神社の側道が、ふつうは建物の手直ししたりしやすいように本殿の横へと通じているものですが、この熊野神社では、その脇道があまりにも長期に使われていなくて、余計に遠回りして高く登ってしまったようでした。
山奥は気をつけないといけませんね。
【2011/07/10 11:30】 | ディック #- | [edit]
再び出て来ました。

私も皆さんの様にあっちこっちと出掛けたいと云う気持ちはいつも持って居ます。
山小屋さんが山登りをされている様に私も山に行きたいと云うのが本音です。
しかしながら今現在、無理は出来ないと云う事が有ります。
依って皆さんの処にはコメントのみとさせて頂いて居ます。
今回のディックさんの記事を読んで居ましたら、大変な状況なんだなーと思った次第です

携帯は必ず持って行く。忘れたら動かないと云うのが必要ですね。私の様な若輩の物が先輩のディックさんに云う立場では有りませんが気に成りましたものですから。

若しお気に触りました様でしたらどうぞ削除して下さい。

【2011/07/10 00:06】 | ななごう #- | [edit]
この綺麗な写真を撮るのにいろんなご苦労がありましたね。
もう皆さんもドキドキしながら拝見しているのですから。古びた神社なのに何故か懐かしく感じます。
【2011/07/09 23:27】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ディックさま^^こんばん~♪

もう~ディックさま、考えに考えて、そのように・・。
何か、お寺のマジックにかかってしまって大丈夫でしたか。
訪ねている場所がどういうわけか違う~?
どうしてこちらに来てしまう~?ということ、
そういうことって結構あります~♪
でもご無事でのUPですので今日は安心して拝見しております。

木漏れ日のなか、すっと聳え立つ杉の凛々しさに心洗われます。
明夜は佳境?に入るのですネ~楽しみにしております~♪
【2011/07/09 23:06】 | 紗真紗 #- | [edit]
夏のそら さん、
2枚目、4枚目なんて、ほんとによいところのように見えるでしょう? 胸が苦しくなかったら、最高の気分だったでしょう。

切り通しは通行する人がたまにいるのですが、こちらの神社は一人すれ違ってからぼくが帰るまで、誰も来ませんでしたね。
無理をし過ぎて、薬の効きが間に合わなくなっていたようです。
安静にしていれば、最悪でも5時間以内に99%は止まる、はずで、下りの道ならさほど苦しくないことはわかっていました。
だけど、「もう一度登る」なんて、やってはいけませんでしたね。
【2011/07/09 21:58】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
本殿を撮った写真を見ると、ずいぶんと立派なものです。北条氏が威信をかけてつくりあげた切り通しの守護神を祀る神社ですから、こんなに小さなはずがないですね。
明晩、写真を披露いたします。
なお、このような心臓の酷使は、これを最後とするつもりでおります。
【2011/07/09 21:49】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
「心室細動」というのはすぐに命に関わりますが「心房細動」は止まらないと苦しいだけで、すぐに命の危険があるわけではありません。何回も繰り返したり、ずっと止まらなかったりすれば、間接的には問題になりますが…。
一方で、びくびくしてじっとしていることが身体によくないのも間違いないことなので、病気との付き合い方に探りを入れているのですが、今回はちょっとやり過ぎました。
まあ、少しずつ、ここまでならやれる、というところがわかってきつつあります。
【2011/07/09 21:42】 | ディック #- | [edit]
写真を拝見するぶんには、何とすばらしい散歩道と思えるのですが
危なかったではありませんか。
おひとり歩きだったのでしょうか。
誰ぞ見知らぬ人でも、あたりに人のいる週末などの方が安全ですね。
【2011/07/09 19:04】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
こんにちは
確かに階段の上に見える建物と下の写真のは違うようですね。
なんかこの記事を読んでいるだけでもドキドキしてしまいます。
更新されているからご無事だったのでしょうが、心配です・・・
【2011/07/09 17:55】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんにちは。

写真を見るほうにとって見れば、あーーっこんなに綺麗な処を散策して居るんだな―と思いますが、当の本人にすれば命かけの山行きだと思います。
結果は無事帰宅されて居ますので良かったとは思いますが、大変でしたね。

無理は禁物だと思います。
【2011/07/09 17:41】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4152-85a458f5