FC2ブログ

剱崎から松輪海岸へ

2011.06.20(16:46)

小さな漁港110603

 剱崎灯台から岩礁地帯へ下りて歩き出した、と前回書いた。
 岩場は海水または湧き水で塗れ、貼り付いた藻がすべり、あまりにも危険なので、重いカメラを肩からぶらぶらさせている危険は避けて、リュックサックの中にしまい込み、両手をフリーにして歩いた。
 写真はたぶん片谷海岸の漁港だと思う。人影が数人見えるだけで安心し、岩に腰掛けておにぎりの昼食にしつつ、再びカメラを出したところだ。


くびれたところを越えて向こう側の岩礁へ110603

 次の岬をもう海側を回り込むのはあまりにも怖いので、近道はないかと思っていたら見つかった。
 山のくびれたところを少し登って反対側の岩礁へ下りていく。


ミヤコグサとセイヨウミヤコグサの区別の研究


セイヨウミヤコグサ110603

 5月20日の記事で単純に「ミヤコグサ」としていたが、「セイヨウミヤコグサ」という種類もあると、ブログ「土のうた」の nakamura さんからご注意をいただいた 。
 この写真では単純にきれいに見えることを優先して写真を撮っているが、できるだけ検討してみよう。

 新潮文庫の「散歩で出会う花」では、花を真横から観察して、「萼裂片が有毛で萼歯が萼筒より短いのはセイヨウミヤコグサだ」という。
 この「萼歯が萼筒より短い」の意味がよくわからない。とりあえず写真を原寸で見ると、茎や萼裂片に毛があることは確認できる。ただ、「毛」というのはこの程度の毛でよいのかどうか、という疑問が残る。

 次に、山渓の「野に咲く花」に、マクロ写真の比較があるのを見つけた。
 セイヨウミヤコグサは「萼片が萼筒より短い」と書いてある写真を見るのだが、そうは見えない。しかし、毛は確かにもやっと見えていて、ぼくの写真で毛と判断したものと同じような感じだ。「茎にも毛がある」と書いてあるが、ぼくの写真も原寸では茎に毛らしきものが見える。
 花の個数は、ミヤコグサもセイヨウミヤコグサも1~3個つく、と書いてあり、この図鑑では花付きに関しては両者の違いに触れていない。
 重大なことは、ミヤコグサは「3個の総苞が付く」と書いてある。
 一昨日のぼくの記事のセイヨウミヤコグサにははっきりと総苞が写っており、そうすると、あれは「ミヤコグサ」だったのか? では、茎と萼裂片に毛が生えていることはどうなるのだ? あの程度は毛とは言えない程度のもの、ということなのか?
 さて上の写真だ。上段真ん中の花は総苞が2個しか見えないが、そのほかの花はすべて3個の総苞が見えており、真ん中はたぶん写真の角度によるものだろう。花が落ちた後に3個の総苞が残っているものまで写っている。
 結論は、これは「ミヤコグサ」だ、ということになろうか。

 (なお、空見さんから朱赤色が混じることについて言及があったが、山渓ハンディ図鑑では、黄色から朱赤色に転じるものは「ニシキミヤコグサ」という、書かれてあった。三浦海岸のハイキングでは朱赤色の混じった花はひとつも見ていないので、このことはとりあえず忘れよう)

 《結論》6月18日の写真の花は「ミヤコグサ」
     本日の写真の花も「ミヤコグサ」

 全般に「長い」とか「短い」とか、主観が混じる判別方法には悩まされる。「毛」と書いている写真に写っているのが、フォーカスがはっきりしない、もやっとした写真なのも困る。
 「花付きがよい」とか「よくない」とか、主観的な表現では1種類しか見ていない素人はかえって混乱する。山渓図鑑のように「茎に1~3個の花がつく」というような表現が一番助かる。
 山渓の図鑑では、ミヤコグサとセイヨウミヤコグサ、どちらもたいへん「花付きがよく」「グランドカバーに適している」ように見える。自分の経験では、写真の撮り方ひとつで「花付き」はどういうふうにも見せられる。きれいに見せたいから、ぼくは必ず花付きがよく見えるように撮っている(笑)。
 そうなると、初心者は3個の「総苞」の有無で判断するしかなくなってくるが、これは100%確実なことなのだろうか?
 ヒルガオとコヒルガオなど、自然交配しているためどっちつかずのものがたくさんできていることを考えると、今回のミヤコグサの件も一応はそれを疑いたくなってくるが、大丈夫なのだろうか。
 経験不足の素人は悩みが尽きない(笑)


右奥の港へ進む110603

 さて、歩いているほうは「さっさと岩礁地帯を抜けてしまいたい」と思っている。片谷海岸の港が見える前までは、足元は危険だし、波が押し寄せたら逃げ場はないし、ほんとうに怖かったのだ。
 それと、また心房細動の発作が起きかけている。ミヤコグサ(の仲間) の写真を撮っているときに頓服薬をのんだがまだ治まらない。
 江奈湾の入り口の港が見えたときはほっとした。
 

とんび110603 漁港風景310220603


漁港風景110603


漁港の魚屋さん110603

 漁港の風景を眺めながら、国道を剱崎バス停めざして登っていく。この登りが心房細動の発作を起こしているとじつにつらい。登り終えてバス停に着いたとき、漁港の辺りに松輪バス停というのがあったらしい、と気がついた。
 (「ああ、もう絶対にGPS付きのスマート・フォンを買うぞ」と決心を新たにした)


また見つけた庚申塚110603

 バス停付近でまた「庚申塚」を見つけて撮影した。
 庚申塚については、道教の教えに基づく民間信仰だと、以下の記事に詳しく記載してある。
 クリック → 和田の里 の庚申塚

 約20分後、三浦海岸駅行きのバスに乗り込み、帰途についた。

コメント
一つひとつ検証して結論を出すなんてすごいです^^
結論はミヤコグサに落ち着いたのですね。
私も見習わないと・・^^
【2011/06/23 01:38】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
ころん さん、
細かいことを少しずつ詰めて整理していこう、とするのは性格ですね(笑)
【2011/06/21 21:01】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
総苞を確認するだけで済むのなら、話は簡単だと思うのですが…、それならなぜ、萼裂片が萼筒より長いか短いかなど、わかりにくいことを問題にするのか、疑問が消えません。
【2011/06/21 21:00】 | ディック #- | [edit]
ミヤコグサノ仲間植物を確認する作業は大変ですね。
環境などでも咲く時期が違ったりで・
デックさまの課題、私もここまでできません。
心にのこる風景や、庭のお花など日記風にたのしめたら~
そんな感覚です。
いつも不明なこと多しです。
【2011/06/21 14:12】 | ころん #- | [edit]
初夏の海辺、気持よさそうです。
ミヤコグサいろいろ勉強になりました。
【2011/06/21 08:10】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
hirugao さん、
ブログ開設以来
1. 美しい写真を撮って新鮮な感動を記録し、公開したい
2. 植物のさまざまな仕組みを調べて、憶えていきたい
このふたつの「気持ち」が競り合っていますが、基本的には1を優先すると決めています。
今回もミヤコグサの写真がきれいに撮れていることを優先してはいるのですが、文章のほうはこだわって調べませんとね。
【2011/06/21 06:59】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
複雑なので、調べたことをここへ書いて記録しておかないと、また忘れて調べ直したりしかねません。
字数が多くなりましたがお許しを。
左のバーで検索すると、自分の記事が出てくるので、記録としてもたいへん重宝しているのです。
心房細動の発作ですが、あまりないのに越したことはないのですが、どういうときに出てくるのか、なかなか限界がわかりません。
昨日は朝から調子が悪かったのですが、筋肉が固くなってきたのでスポーツクラブへ行き、かなりの量を運動してしまいました。
結果的に今朝まで快調です。
自分の身体の調子のほうが、花よりもずっと複雑です。
【2011/06/21 06:55】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
空見さん、
空見さんとnakamura さんのコメントがきっかけですが、みなさんからの情報を気にしないようでは進歩がありません。
「あらゆる情報に間口を開いて、気にして調べる」というのが、大袈裟な言い方をすれば、自分の幅を広げてきたのであり、ぼくの生き方そのものなのです。
コミュニケーション・ギャップはときにはありますが、今後もどんどん「余計なこと」を語ってくださったほうが嬉しいです。
【2011/06/21 06:49】 | ディック #- | [edit]
こんばんは

今日はとても難しいお話になっていますね。
明日は叉この花を取って来てみてみましょう。
ミヤコグサとわかっただけで充分です。

お体を大切に。
【2011/06/20 22:48】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんばんは、ご苦労様でした。

>黄色から朱赤色に転じる

・・などとは、私はひと言も書いていませんのですが・・。
セイヨウミヤコグサでは花弁の先っぽだけが、時に赤っぽくなっているものを見かける、とコメントしたつもりでした。
ニシキミヤコグサというのは、まだ一度も見たことがありません。私のカキコミから、ディックさんが図鑑やニシキミヤコグサにまで言及されたことが驚きです。
他人がどう言おうと、最終的にはご自分の見た花の感じ方が優先されます、何も気になさらず余計なことは忘れた方がよろしいでしょう。お体をお大事に。
【2011/06/20 22:37】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

むつかしい課題にチャレンジされていますね。
当方ではここまでの根性はないです(笑)。
ただ、どこかに良い目安があるのかもしれま
せん。それをディックさんが見つけてくれる
のを期待して、しばらく待ちましょう(大笑)。

さて、無理はなされないとの言葉を送りたい
ところですが、ある意味ご自身で体調を気遣
われての出歩きのようですから、むしろ楽し
んでられることを喜んだ方が良いようですね。

気持ちの良いウォーキングと気ままに写真撮
影が、心身には良薬と思います。
【2011/06/20 20:28】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4095-e6371041