FC2ブログ

トキワツユクサの研究

2011.06.14(17:00)

福寿寺の山道のオオトキワツユクサ110531

 三浦義村の墓所を見た後、福寿寺というお寺を訪ね、その山でまた「オオトキワツユクサ」を見た。
 わが家のトキワツユクサと比較すると、花の直径は約3倍、茎の直径は4倍以上、葉の長さも約3倍、地面から立ち上がる高さは4倍以上の大きさだ。


わが家のトキワツユクサ110606

 わが家のトキワツユクサだが、ぼくがマクロカメラで上手に撮りすぎて(笑)、ずいぶんと大きく見えるので、もう一度上に6月6日の写真を掲載した。
 背後にヒメツルソバの花が写っているので、わが家のトキワツユクサの大きさがどのくらいかがわかるだろう。茎は赤緑色で、三浦半島のオオトキワツユクサのような緑色ではない。しかもとてもか弱く細い。何か支えがなければ、せいぜい20cm 程度しか地面から立ち上がれない。


我が家のトキワツユクサの葉裏110606

 わが家のトキワツユクサの葉の裏だ。このように赤い部分が残っているのはトキワツユクサだというが、茎はどれも赤いけれど、葉の裏が緑色のものは数多くはない。


近所のトキワツユクサ110606

 上は近所のトキワツユクサだ。
 あまりこういうことはしたくないのだが、わざとぼくの指を入れて撮っている。
 花の大きさと、茎と葉裏の色が赤緑色であることを確認してほしい。これはとくに小さい個体で、通常の花は1.5倍くらいあるが、それにしてもせいぜいぼくの親指の爪より少し小さいくらいの花だ。

 以上により、現時点での結論は、わが家の玄関先及び近隣のトキワツユクサは「トキワツユクサ」であり、三浦半島のトキワツユクサは「オオトキワツユクサ」だ、ということになる。

追記
 ・ややこしい話で申し訳ないが、15日朝確認したところでは、北東向き花壇の奥に、上の基準では明らかな「オオトキワツユクサ」が、育ってきている。
 《ある疑問》
  ・もともと湿気と薄暗がりを好む性質があるように思うが、石ころだらけのところ、石垣、煉瓦敷きの境などに出てくると、成長しきれずに、茎と葉裏が赤緑色になって、小さいままになる…、なんてことはないのだろうか。

   

【三浦海岸付近の三浦一族の史跡を訪ねる(最終回)】

福寿寺と三浦義村の説明書き110531

 三浦海岸から歩いて三浦一族の史跡を訪ねる、というシリーズの最終回だ。
 繰り返しになるが、三浦義村の墓所を見た後、福寿寺というお寺を訪ねた。
 このように書けば一行になるが、約40分歩き回って福寿寺を見つけた。いわゆる谷戸が曲がりくねり、その奥に福寿寺がある。道を1本間違えれば、登ったり下りたりを繰り返して見つからない。最終的にこの日もこのせいで帰り道に心房細動の発作となってしまい、苦しい思いをした。
 昨日も書いたように思うが、三浦市のような財源の乏しい地方自治体は、道案内を出せる資金がない。福寿寺は小さいお寺で、先日の円福寺のように自ら道標を出すこともできないのだ。
 後日もう一度同じようなことがあり、ぼくはその翌日 Docomo のスマートフォンの夏の新製品の予約をした。健康上の理由からも、GPSとその場で調べられる地図がどうしても必要だ。


福寿寺参道の庚申塚110531

 福寿寺へ向かう参道をようやく見つけて歩いていくと、道端に「庚申塚」を見つけた。これで何回目だろうか。三浦半島の人々はよほど「庚申信仰」が強かったのだろう。
 「庚申塚」については、左の薄緑色の文字部分をクリックすると、ぼくの説明記事がある。


福寿寺本堂110531

 長い階段を登って、ようやく本堂だ。
 三浦義村開基の禅寺だ。このお寺は臨済宗建長寺の末寺であり、建長寺は我が家の本家筋の寺でもある。三浦氏とのつながりを感じさせる。


福寿寺から見る金田港110531

 下山は脇道を見つけて下りていった。
 その途中で金田港を望む。漁協等の建物はこの右側へ首を振っていかないと見えないが、そこには木立が邪魔をしている。
 この道の山側で見つけたのが、オオトキワツユクサの茂みだった。

  ---------------------

 Facebook へ登録してみたり、Evernote を使い始めたり、何か流行ってくると自分も試してみないと気が済まない。
 写真は整理する一方でどんどん溜まるし、7月になってしまうと、美術館の今年度一回目のサイクルが一巡して終わり始める。見ておきたい展示がたくさんある。
 どうも忙しい毎日だ。
コメント
葉裏が緑のままのものもあるのですね、ありがとうございます。
家のは、茎も緑で太くてしっかりしています。
立ちあがらないのは群生していないせいかもしれません。
雰囲気的にはオオの方なのですが、もっと調べてみます。
【2011/06/15 21:36】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
紗真紗 さん、
mixi とはまったく違います。いま気に入っている外国ドラマとか、映画とか、音楽とかを登録しておくと、あるいは「友だち」を作っておくと、目新しい情報がどんどん流れて入ってきます。
「情報の玄関口」として使えるようです。どんどん流れて消えていきます。ブログのように過去ログを見るというような使い方でなく、情報の入り口、just now のお付き合いの場ですね。
ただ、使っている人がまだ圧倒的に少ないです。また、外国と日本の差がありません。英語が堪能だと、かなりおもしろくなるでしょう。
【2011/06/15 20:08】 | ディック #- | [edit]
とんとん さん、
「葉裏」は緑色のままのことがあります。「茎」の色はどうなのでしょうか? オオトキワツユクサという以上、少なくとも25~40cm 以上は地面から立ち上がるように成長しているのを見てきました。
【2011/06/15 19:04】 | ディック #- | [edit]
とてもよい記事を見せていただき庭に走りました。(足元に気を付けながら・・・(^^ゞ)

我が家にあるのはずっとトキワツユクサだと思っていましたが、
葉は裏表共にミョウガの葉の様な緑色。
オオトキワツユクサと判明!と思うのですが。
全く立ち上がらず、横にだらんと垂れます。
家人に似るのかな?(笑)
【2011/06/15 18:15】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
ディックさま~こんばんは~♪

トキワツユクサのお勉強をさせていただきました。
やはりこの時季にすっと立つ姿がなんとも素朴感がありますね。

Facebookに登録されましたか~?
日本のSNSとしては、mixiが先行しまして、
昔、一応登録はしたことがありましたが、時間的、足跡など、
結局面倒なため止めました。
でもこのFacebookは実名ですね。このようなことから、
日本での美徳とされてきた匿名文化のため、あまり伸びないものと
勝手に思っておりましたが、違う要素もあるようですし、
アメリカ人が好む訳、そこのところを知りたいと思っています。
【2011/06/15 17:44】 | 紗真紗 #- | [edit]
mico さん、
写真を見ますと、明らかに別種のように見えますが、石ころの多いところで発育が悪いと茎が赤くなるのではないかとか、疑問を抱いています。
ドクダミに、葉の縁が赤いものがありますが、成長すると赤い縁がなくなります。その程度のことではないのか、とか…。
【2011/06/15 16:31】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
丈が大きく伸びているオオトキワツユクサには、茎が赤いものはありません。いっぽう茎が赤くても、葉裏が緑色のままのものはたくさん見かけます。ただ、茎が赤いものはとても小さいです。
「追記」したように、ほんとうに別種なのか、まだ疑問を抱いています。
【2011/06/15 16:28】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
問題は、葉裏は緑、茎は赤緑色というのがたくさんあるのです。
大きさはかなり違います。オオトキワツユクサと思われるものは、地面から40~50cm くらい立ち上がります。
トキワツユクサと思われる茎の赤いものは、せいぜい15~20cm くらいです。
「追記」しましたように、ほんとうに別種なのかと疑問を持っています。
【2011/06/15 16:25】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
「庚申塚」は、三浦半島を散策していると、ほんとうによく見かけます。そういう土地柄だったのだろう、と想像しています。
トキワツユクサは、手元の図鑑には掲載されていないものがあり、オオトキワツユクサと区別していないものもあります。
「追記」しましたが、ぼくはまだ、いろいろと「疑問」を抱いています。
【2011/06/15 16:22】 | ディック #- | [edit]
YAKUMA さん、
父の父が当時三浦郡の町から横浜へ出てきたとき、臨済宗の寺が近辺になかったので、同じ禅宗ならよいだろう、曹洞宗の寺を選び檀家となった、と亡父から聞きました。じつにいい加減な話だと呆れましたが、日本人にとっての宗教とは、まあ、そんなものなのでしょう。
トキワツユクサの問題は、「追記」しましたが、ぼくはまだ疑問を抱いております。きょうも2個所ほど調べました。
1個所はトキワツユクサ、もう1個所はオオトキワツユクサでした。
【2011/06/15 16:17】 | ディック #- | [edit]
オオトキワユクサとトキワツユクサの違いがよく分かりました。
初夏の海、良いですね。
潮の香りが届きそうです。
【2011/06/15 14:08】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます

トキワツユクサは茎が赤いのですね。
見たことが無いです。
シロバナのはありますが今度はしっかり色を見てみますね。
お忙しそうですがお身体いとうてくださいね。
【2011/06/15 07:54】 | hirugao #Bj.trPR. | [edit]
オオトキワツユクサはこうして見ると、違いがよくわかりますね~・・一度見てみたいものです。
【2011/06/14 22:14】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
トキワツユクサ私も実物見たことがないのです、出会ってみたいです。

「庚申塚」小さいながらも上品さがありますね。
大きいだけがいいものでなくて、
掘りものも屋根も、品良くおさまってる感じ受けました。
【2011/06/14 21:25】 | ころん #- | [edit]
こんばんは
トキワツユクサとオオトキワツユクサですか。
私が近所の公園脇で見ていたのは、トキワツユクサとばかり思っていましたが、オオトキワツユクサのようです。
今度茎や葉裏の様子を確認してきます。
父の実家の菩提寺も臨済宗です。
でも、昔お寺の火事で過去帳が焼失してしまい、ご先祖を辿ることができないそうです。
どんな先祖がいたのか、本当に気になります・・・
【2011/06/14 21:20】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
空見 さん、
たまたまこの日の朝、爪切りをして出かけたのでした(笑)
はたしてこれでよいのかどうか、専門家でないのでわかりませんが、あちらこちらでかなりの数の花を見ました。現状ではここまでで精一杯です。
【2011/06/14 21:14】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
何が出てくるかわからない世の中ですが(笑)、トキワツユクサの仲間の花の色はたぶん白だけ。
ただし、ご近所には「斑入りの葉」のものがあります。

どうも、毎日好き勝手をやらせていただいておりますm(_ _)m。
【2011/06/14 21:11】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
なるほど、オオトキワツユクサの件、よくわかりました。
弱弱しいトキワツユクサとディックさんのキレイに切られた指の爪、丁寧な写真で詳細が分り、私も安堵いたしております(笑)
【2011/06/14 20:27】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

充実した日々のようです。当方は新しいものに
興味を持ちたいところですが、何しろ時間が
無いのでブログの管理が精一杯です。
以前でしたら、色々PC系でしたら飛びついた
ものでしたが..(苦笑)。

さて、トキワツユクサ。実物を見たことがない
んですよ。花は白だけなのでしょうか?

【2011/06/14 20:09】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4075-0cf59766