FC2ブログ

和田城趾を捜して ~ 「和田の里」を歩く(2)

2011.05.31(19:39)

ブラシの木110519

 平塚農業高校初声分校の周辺を、和田城趾の碑を捜して3、40分うろうろしていたことは、昨日書いた。
 結局城趾の碑は見つからなかったのだが、その代わりおもしろい写真が撮れた。
 これは「ブラシの木」だが、わが家の近所や港の見える丘公園の山手111番館などで撮影してみたがどうもぱっとしない。この背景はインパクトがあっておもしろいぞ、と閃いた。


ドコモの施設110519

 送電線もおもしろいが、これは何だろう?
 「CV初声町」の札があった。ドコモとパケット中継業者を接続するための Con Verter 装置のことらしい。


和田城趾かと疑った坂の上110519

 ここは最初に和田城趾ではないか、と疑った坂の上を見た写真だ。
 上は広い台地が広がり、見渡す限り畑と住宅地が広がっている。もう少し行けば、そこに和田城趾の碑があったのかも知れない。鎌倉時代の話だから、城というより「館」程度のものだったかもしれない。「和田の里」は三浦半島有数の穀倉地帯だったそうで、和田義盛は三浦義明の孫に生まれ、現三浦市初声町和田を領したことから和田氏を名乗り、父の死後にこの付近へ居館を移して、拠点に定めたのだ。


エル】(日本大学生物科学資源部のバラ~最終回)

エル110516

 「エル」は「ELLE」で、女性誌にちなんで名付けられたバラだ。
 フランスのメイアン社が1999年に作出したもの。
 さて、バラの写真はまだまだたくさんストックがあるが、いつまでも続いて切りがないし、そろそろ自分でも飽きてきたので、今回をもって終了としたい。


山手111番館のニオイバンマツリ(5月21日撮影)

ニオイバンマツリ110521

 港の見える丘公園の隣り、「山手111番館」の「ニオイバンマツリ」。
 これを撮るならこの位置からしかない構図だが、これまで5年間というもの、失敗写真の山を築いて、一度もここへ掲載したことがない。
 「上手に撮ることができない原因」ははっきりしている。
 a. 脇の道が狭く、離れることができないので、ワイドになりすぎる。
  そのためしっかりとフォーカスが合わない。
 b. 陽が向こう側から当たり、ニオイバンマツリと赤いカエデが影になり、
  暗くなって色が出ない。空は青くならない。
 このような無理難題を解決するためには、より高性能のカメラを入手するか、それができないなら、現像レタッチ技術で補完するしかない。そこで、ぼくはとうとう Photoshop ( Elements ではない) を入手して、ここ数ヶ月レタッチ技能の向上を目指してきた。上の写真がその成果という次第だ。


山手111番館のゴールデンボーダー (5月21日撮影)

ゴールデンボーダー110521

 山手111番館は、J・H・モーガンが大正15に年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として設計した。現在は横浜市が寄贈を受けて管理し、一般公開をしている。
 こちらの表玄関のバラがいい。「ゴールデン・ボーダー」といいフランスのメイアン社が1987年に作った品種だ。
 これも白と黄色と、色飛びしやすい組み合わせで、気をつけていても失敗しやすく、なかなか上手に撮ることができない。多少曇りかけていたのが幸いしたかも知れない。

 ---------------------

 きょうは梅雨の晴れ間がのぞいたので、また「三浦海岸」方面を歩いてきた。
 潮風、鳶と鶯の声、そんなウォーキングだった。


コメント
mico さん、
ニオイバンマツリ、香りを確かめたいところですが、こちらの「表庭」は芝生への立ち入り禁止です。
まあ、そうでなければ、観光客が多いので、この写真も人間だらけになってしまうところです。
【2011/06/01 18:50】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
現像・編集というのは、通常はカメラ内部でやっているわけですが、明暗のコントラストが強すぎるなどの困難な状況では、自分でやるほうがきれいにできます。( 慣れていれば…、の話ですが)
文章で「苦労した」と書いていても、画像でそれとわかるようではダメでして、ふつうにきれいに見えなければ、失敗写真としてボツにするだけですね。
「和田の里」、まだまだ続きます。
【2011/06/01 18:47】 | ディック #- | [edit]
ブラシノキと高圧送電鉄塔との組み合わせが良いですね。
ニオイバンマツリこんなに大きな木は初めてです。
良い香りも漂っていたでしょうね。
【2011/06/01 08:51】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。

まさに一所懸命の和田氏の和田郷なのでしょうね。
今となってはその頃の名残は希薄であっても、
訪れた際に勝手にこの辺だろうと想像することだ
けで楽しいものです。城と言うより居館。これは
時代背景からも想像されますね。
さて、ニオイバンマツリ。面倒な名の花ですが、
この撮影にずいぶん苦労があったこと。フォト
ショップでのその後の処理という苦労を感じさせ
ないものですねぇ。

【2011/06/01 06:12】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
紗真紗さん、行きは鉄塔を見ながら通り過ぎたのです。
道に迷ってもどってきて、ブラシの木と鉄塔を見上げて、「よし、組み合わせよう! 」と思いました。
よかったのは、左下にも赤い花のポイントができたことで、これで構図がしっかり三角形になり、落ち着きました。
あとは、絞りをどのくらいにするか。使い慣れたカメラでの「勘」でしかありません。一枚しか撮りませんでした。「やった! 」と思いましたよ。
ゴールデンボーダーは3枚撮りまして、洋館のアーチがはっきりと見えて写っているものを選びました。最初の二枚が気に入らなかったのは、背景のアーチが見えないとつまらない、と思ったのです。前の鉄柵のアーチとの組み合わせです。
【2011/05/31 23:15】 | ディック #- | [edit]
とんとん さん、
5月19日の写真ですから、ブラシの木はまだ咲き始めです。
背景に人工物を使う場合、徹底的にやったほうがよい、という例だなあと、自分で撮っていて実感しました。低い電線も、そこにあってよかったなあ、と思うくらいです。
【2011/05/31 23:06】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
この送電鉄塔との組み合わせ、いいでしょう!?
絞りをどのくらいにすればどのくらいボケるか、そこが使い慣れたカメラでの「勘」でして、一発必中、これ一枚しか撮っておりません。
ニオイバンマツリ、これだけ大きいのはめずらしいので、ずうっと何年も狙ってはいたのですが、なかなかうまく撮れませんでした。
【2011/05/31 23:04】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
ニオイバンマツリは、案外コンパクトデジカメのほうがよく撮れるかも知れません。全体にフォーカスが合いやすいし、明暗の差を自動的に修正してくれるから。
もともと、空が明るすぎて、手前は暗く、人間の眼だからこそ見えている光景です。
3枚目、向こうは広大な台地でした。ほとんど畑、ぱらぱらと住宅です。石垣、木の柵、青空、登る道と木の影…、こういう雰囲気は好きなのですが、記事にするにはあとひとつポイントがほしいです。それを文章で補うしかありませんでした。
【2011/05/31 22:59】 | ディック #- | [edit]
ディックさま~こんばんは~♪
はい!ご招待状を持って伺いました~♪

もう~ブラシの木の背景が素晴らしい・・・
あぁ~はっきり~出来過ぎではありませんか~。
見つけて見つけられるものではありませんねぇ。
アイデアの勝利です~♪
いつも鉄塔を見てあのぐるぐるが気になっておりました。

ゴールデンボーダーは洋館に似合いますね。
いつも散策のコメントがとても面白いです~♪(*^_^*)
【2011/05/31 22:55】 | 紗真紗 #- | [edit]
ブラシノキに釣り合うバックとなると、こうなるのですね。^^
バックも負けていないのでいいアイディアです。
粒々はまだ蕾で、咲き始めなのでしょうか。
【2011/05/31 22:02】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
こんばんは

背景を凄く考えることがありますがこれって面白いと
思いました。
薔薇はもうおしまいですか。
私はこれからUP しようと思っています。

ニオイバンマツリ大きな木ですね~
【2011/05/31 21:58】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんばんは。

なるほど・・ニオイバンマツリはこだわり技能の画像でしたか。これはボツ画と並べて見比べないと違いが分りませんけどね。
上から3枚目は向うが海でしょうか?向うに広く開けた海を想像させてなかなか渋いです。路に木の影が巧く出て’片蔭り’というわけです。
【2011/05/31 21:51】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4033-d21ad5fb