カナメモチとレッドロビン

2011.05.02(18:57)

レッドロビン(4月25日)

レッドロビン110425

 レッドロビンとは何なのか、この機会によく調べてみた。
 カナメモチとオオカナメモチの雑種から作られた園芸品種で、若葉の赤色が濃いのだそうだ。程度問題で見分けるというのなら、それはなかなかむずかしい。赤色の濃さなどは、時期によっても変わってくるからだ。
 ある詳しいサイトによれば、40年ほど前に、カナメモチの仲間のベニカナメモチを生け垣に植栽することが流行した。しかし、この本来のベニカナメモチは、移植した場合などに根付きが悪く、病気になりやすいらしい。
 そこで上述のような交配によって作られたレッドロビンだが、ベニカナメモチより葉が大きく、乾燥に強く、枯れにくいというのである。
 「レッドロビンにも花は咲くが、実が実らないようだ」と書かれているが、これはほんとうだろうか、よくわからない。
 wikipedia では、ベニカナメモチをレッドロビンとしていて、「カナメモチの葉柄には鋸歯の痕跡(茶色の点に見える)が残るが、レッドロビンには無いことで区別できる」としている。
 どの情報が正しいのか、じつに混乱状態だ。

 本牧山頂公園で撮影した1枚目の写真は、葉柄まで確認しなかったが、葉が大きく鮮烈な赤色だったので、レッドロビンのような気がする。

 以下は、近所の植え込みのカナメモチ、もしくはベニカナメモチで、4月末頃から花が咲き始めたのを撮影している。くすんだ赤色で、葉の鋸歯の様子などから、これは「カナメモチ」でよいように思われる。一度かなり赤くなったが、赤というよりは赤褐色で、その時期は短かった。


カナメモチ

カナメモチのつぼみ110417

 上は4月17日撮影のつぼみ。


カナメモチのつぼみ110425

 上は4月25日撮影のつぼみ。この写真のみコンパクトデジカメを使用。


カナメモチ遠景110430

 上の写真および以下の花が咲いている写真は4月30日の撮影。

カナメモチ中景110430

カナメモチの花110430

カナメモチの花アップ110430

 ----------------------------------------

 見たかった写真展が5月8日までなので、混み合う前に出かけたほうがよいだろうと、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館へ出かけてきた。
 「日本のビクトリアリズム 珠玉の名品展~芸術写真の精華」と「ベッティナ・ランス写真展~セレブたちの美しき幻影と気品」をはしごしてきた。双方ともたいして混んでいることもなく、ゆっくりと観賞できた。

コメント
山手の木々さんの写真は、カナメモチだろうと思いますが、どうでしょうか。
園芸業者というのが、けっこういい加減に名前をつけて広めますので、植物学者は困っているようですし、私たち素人も混乱しています。
レッドロビンはかなり鮮烈な赤色になると聞いています。
【2011/05/05 16:03】 | ディック #- | [edit]
遅れ馳せながらコメントさせていただきます。

いろいろ調べていただきありがとうございます。
私が外人墓地で見たのは「カナメモチ」でよろしいのですね。レッドロビンというのは名前が印象的でついそう思ってしまいましたが、間違いだったようです。

何事も正しい情報を得ることは難しいですね。
【2011/05/05 06:19】 | 山手の木々 #- | [edit]
とんとん さん、
つぼみの頃からずっと開花を待っていました。雪を散らしたようなこの光景は、なかなか得難いものがあります。
【2011/05/04 17:40】 | ディック #- | [edit]
カナメモチの花は本当に綺麗ですね。
満開になると、大りんの花の様な華やかsahないけれど、自然で、雪のようで美しいと思います。
【2011/05/04 17:26】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
hirugao さん、
あるサイトの説明によれば、ベニカナメモチを「アカメ」と呼び習わすのが広まっているそうです。ではベニアカメモチとレッドロビンは同じなのか、別なのか。ぼくはここでは「別だ」という方の説をとっていますが、正しいとは限りません。
いずれにせよ、トップの写真の赤色は、鮮烈ではっするほどでした。
【2011/05/03 11:25】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
さて、私の情報にも偏りがあるかも知れません。
レッドロビンとベニカナメモチは同じだとしているサイトもかなりあるのです。真相は如何に?
【2011/05/03 11:22】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
ある事情から樹木にはこだわりがあるのです。
それはともかく、生け垣がきれいで、育てるのが楽なように、と開発されたのがレッドロビンです。
【2011/05/03 11:20】 | ディック #- | [edit]
おはようございます

こんな真っ赤なのがあるのですね~
我が家には上だけ赤いのがあって義母はアカメと言っていました。
最初の写真だったらレッドロビンという言葉がぴったりですね。
【2011/05/03 07:08】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
レッドロビンの葉のほうが色鮮やかですね。
いろいろ勉強になりました。
【2011/05/03 06:40】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。

関心のある方にはやはり細かなことを確認して
置きたいものだろうと思い、説明を読んでいき
ました。当方はやはり樹木の、しかも園芸種の
となりますと、関心が薄くなってしまう悪い癖
が出てしまいます。ただ、生け垣の..と言う
意味で、その存在から想像をふくらませて見て
いました。自宅の庭の道路沿いにはドウダンを
植えていますが、それをこれにかえたらとかで
す(笑)。

【2011/05/03 06:12】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
空見さん、
根岸森林公園前の通りの向かいのマンションの生け垣が、この時期に赤くなってとても美しいのですが、花をみたことがないので、レッドロビンは花を咲かせない、と思い込んでいました。
ところが先日、一枝だけですが、この写真と同じ花が咲いているのです。葉の赤色の様子から、レッドロビンだろうと思っていましたし、ネットで調べたところでは、花は咲くけれども結実しないとあったので、そうなのかなあ、というところです。
レッドロビンとベニカナメモチを同義に書いているサイトは多いようです。ぼくの書いたことは、記事内に書いたように受け売りですから、何がほんとうなのかはわかりません。
【2011/05/02 21:15】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
レッドロビンとベニカナメモチは同じだと、今まで思っていました。
わが家の駐車場で今真っ赤なのはレッドロビンです。私が一応?鳥の形に剪定しているのですが。あまり評判は良くありません(笑)
放置していても丈夫ですし、剪定すると次に出てくる新葉が鮮烈な赤ですから目立ちますね。
花が咲いたのは見たことがない気がします、目立たなく咲いているのかもしれませんが・・。
葉は冬もツヤツヤと常緑で美しく、新葉がまた美しいので、一本あると目隠しにもなり重宝します。
なおスカートの中はあまり覗かない方がよろしいですね、同感。ディックさんのカナメモチ、美しい白花に驚きました。
【2011/05/02 19:48】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3933-60f16a4b