FC2ブログ

根岸森林公園の梅

2011.02.11(17:31)

【日月】

日月110204


日月2110204


鹿児島紅

鹿児島紅110204

きれいな花がほとんど残っていません。


桜梅

桜梅110204

構図が不安定ですが、なかなかよい花が見つかりません。


【水心鏡】

水心鏡110204

水心鏡は、いつもなら大きくきれいな花が多いのですが、縮れたり、傷んだりしている花が多いようです。


【高く伸びた紅冬至の枝】

高く伸びた紅冬至110204


構図について

 「構図」にはぼくはこだわるほうですが、あくまでも基本に忠実で「三角形の構図」を基本としています。安定感があるからです。
 そうはいっても、相手は自然ですから、なかなか理想通りには行かず、「ここはちょっと仕方がない」と妥協することも多いです。
 印象派の画家にドガという人がいますが、この画家は、たとえば競馬のシーンで、「騎手の半身と馬の尻だけが画面の端に見えている」という絵だとか、商品取引所の室内画で、「画面の右端に右を向いている人がいて、何かやろうとしているように見える」とか、とんでもない構図を繰り出してきます。
 意識的に不安定な構図を選び、たとえば「動き」のようなものを「演出」とようとしていたりするのです。
 「意識的」である証拠としては、この画家は親しい友人から「家族の肖像画」を頼まれたに過ぎなくても、何枚も何枚も下書きをして構図を構成します。そうして出来上がった家族像は、夫婦二人と子ども二人が、画面の中でてんでんばらばらな方角に目をやっていたりするのです。きわめて親しい人からしか依頼を受けず、引き受けたら家族の心の結びつきのようなものまで絵に表そうとし、習作を重ねてから初めて絵にします。
 たとえ、常識的に変な構図でも、練りに練ってこれでよいと決めた構図を描く人でした。
 野外のシーンでも、自分のアトリエ内で何回も何回も下絵を描いて、それから全体を構成するという描き方をしました。
 花の写真で、左端の花が左を向き、右端の花が右を向いていると、構図はきわめて不安定な感じがします。それでも、ぼくはときどき敢えてそれをやりますが、画面外の陽射しを表現しようとか、やはり意図があります。
 ドガの絵を観賞していると、「意図がはっきりあるときはやってもよい」と自信を持つことができます。

 上のいくつかの梅の写真ですが、今年は梅園の工事のため時季が過ぎてしまい、選ぶことができる花が少なくて、なかなかよい構図が見つかりません。ほとんどが「仕方がないと妥協した写真」ばかりですが、最後の「紅冬至」は、撮影時点で「これがベスト」という意識がありました。
 しかし、構図としては問題大ありです。左下に何かあれば立派な三角形の構図ですが、何もないときわめて不安定であり、構図としてはふつうは禁じ手です。
 でも、「そこになにもない」からこそ表現できるものがある、とも感じています。
 これは「とてもよい写真」か、それとも「基本を逸脱した愚作」のどちらなのか。
 迷いつつも、ここへ出すことに決めました。

 --------------------------

たまにはこういう記事もよいですかね。
けっこういろいろと考えながら写真を撮ってまして、そういう経過を文章にしてみるのもおもしろいか、と。
コメント
miyata さん、
いわゆる「標準レンズ」というのは、通常製品的にはいまひとつですね。
ぼくの場合、ズームは12~60mm と、70~200mm のほかに単焦点レンズ を持っていますが、ズームは高い金を出してもよいレンズを買うと、解像度などの点で満足が得られると思います。
【2011/02/16 15:56】 | ディック #- | [edit]
う~ん、カメラをもう一台ほしいけどねぇ。・・・

自分は、ズームとの中間位のレンズがほしいです。いちいち付け替えるの面倒だし、標準ではちょっとたらないなあ・・・
【2011/02/15 20:56】 | miyata #- | [edit]
>バランス良ければいい
それって「構図」でしょう(笑)
金があれば…、う~ん、カメラをもう一台ほしいけどねぇ。
>スーパーのカードを渡されただけ
そこのスーバーだけでなんとかしろ、ですか? きびしいなあ。
【2011/02/13 17:55】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
>余分なものは、はずせ
そりゃあ確かにそうですが…(笑)
こういうブログをやっていると、「写真としての理想」と「自然観察としての興味」の対立にも悩まされますし…。
>一枚は花は アップでマクロで…
これもわかります。一方で、集団で群生している様子を撮りたいんだ、とか、ありますよねぇ。
【2011/02/13 17:50】 | ディック #- | [edit]
構図って考えないですね。バランス良ければいいかって感じだけです。・・・それって構図?
というか理論的に考えないですね。なるほどそんな風に考えたら面白いですね。最近、被写体を探しにいっていないので写真も撮っていません。
けれど、ばたばたどたばたしています。
 
今日はかあちゃんはお出かけなので、子供と二人で好きなもの食べてました。しかし、お金くれなくて、スーパーのカードを渡されただけなので、そこに売っているのものしか食べられません。あはは・・

【2011/02/12 23:07】 | miyata #- | [edit]
こんばんは。
デックさまの解説でお勉強になりました。
お花撮りは まずきれいな枝を探します。

講師は余分なものは、はずせとおしゃいます、
そこは、むつかしいですね。
一枚は花は アップでマクロでと言われますが・・
ブログでは私実行あまりしませんが・・

「桜梅」が春の喜びを表していると思います。
解説ありがとうございます。
【2011/02/12 21:53】 | ころん #- | [edit]
dezire さん、
おっしゃるとおりで、まことに悩ましいです。

このブログでさらにややこしいのは、自然観察としての図鑑的興味もありますから、「絵としてのよい写真」だけが「狙い」ではない、ということでして…。梅であればまあ、誰でもよく知っているので、そういうことはあんまり考えずにいられますが…。
【2011/02/12 19:21】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
そのとき任せでも、ふつうは「不安定」を避けるようになっていますから、あまり考えすぎないでください。
今回の記事は、何か狙いがあるとき、どこまで基本を外すのか、という話題です。
紗真紗 さん のあの記事の梅は、「鹿児島紅」のような気がいたしませんか?
【2011/02/12 19:15】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
空見さんは、基本的な原則を守っていらっしゃると思います。
人は本能的に不安定を嫌うので、被写体が三角形になるよう配置すると(重力の法則により) 安定感が出てきます。基本とか勉強しなくても、何枚も撮っていると自然にそういう写真を撮るようになっていきます。ご安心を!
ただ、そういうことを意識しすぎると、「つまらない」写真になりますから、逆にご注意を!
【2011/02/12 19:09】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
紗真紗 さんのところでも「鹿児島紅」だと思われる梅の花が記事になっていました。
この鮮烈な色が特徴です。
>ウメはハマのディックさん・・・
誉めていただけると嬉しいですが、「文殊」の写真に満足しているほかは、今年はあまりよい写真が撮れておりません。
【2011/02/12 19:03】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
基本の構図、というのがあるのですか。そういうことさえ何も知らずに撮っていました。
理論的な基本のお勉強が苦手なのです^^;
梅はバラバラの方向に咲きますから、これというポイントが絞れずいつも適当になってしまっています。
私の場合、上手だなぁと思う人の写真を沢山見ることが、自分なりの勉強と思っています♪
【2011/02/12 18:55】 | 空見 #- | [edit]
ディックさま~こんにちは~♪

「三角形の構図」ですか~?
そのような基本を頭に置きますとと違いが出てくるものと
思いますが、やはり余裕がありませんでそのときまかせで
たいへんお勉強になりました。

鹿児島紅がインパクト大で・・・
見た・・・という感想を持ちます。
それにしましてもやはり、梅のディックさまです^♪
【2011/02/12 17:11】 | 紗真紗 #- | [edit]
自然の写真で構図をとるのは難しいですね。安定感を重視すると、動きがない面白くない写真になってしまいます。画面に緊張感がないと、作品としては面白くないので、私もいつも悩んでいます。

ご照会の写真の中では、桜梅の写真が私は一番好きです。光のあたりかたの強弱で微妙に主役と脇役が表現されていると感じました。

私もブログに新しい記事を載せましたので、お立ち寄り下さい。
【2011/02/12 16:33】 | dezire #tLX0El8c | [edit]
こんにちは。

構図のお話は、ディックさんらしいこだわりですね。
ウメはハマのディックさん・・・。
鹿児島紅がスゴイ色をしておりますね。
【2011/02/12 15:24】 | nakamura #- | [edit]
kawazukiyoshiさん、
横浜は昨日は一日中かなりの雪でしたが、今朝はほとんど積もっていません。明るくなり、陽射しが出てきました。
こういうことを何回か繰り返して、ほんとうの春になっていく…、この感じが、ブログを続けていくうちにわかってくるようになりました。
【2011/02/12 09:56】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
地理佐渡 さん、
思い通りにならないことが多いにしても、頭の中ではあれやこれやと考えて撮っていることは事実です。
被写体があるから、妥協の連続であることも事実です。
地理佐渡さんだって、無意識のうちに同じようなことをされているはずなのです。
ときに大胆にならざるを得ないとき、「紅冬至」の写真のようなとき、無意識が意識にのぼってきて、「どうするか」と真剣に悩みます。
【2011/02/12 09:53】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
mico さん、
「何も考えずに」ということは、ありえないと思います。
人は本能的に不安定を嫌います。mico さんは無意識のうちに「安定感のある構図」を捜しているはずです。
感性に濃淡はあるので、大胆な方は意識的にそれを崩す。どこまで許容するか、みたいなところがおもしろいです。
【2011/02/12 09:49】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
構図のとりかた勉強になりました。
私は何も考えずに撮っていました(苦笑
梅の開花、そちらが早いようですね。
【2011/02/12 09:23】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。

勉強になりました。たくさんの梅を
撮影されるにしても、実は花を選び、
構図にかなうものをまたさらに考える。
まさにドガの絵ではないですが、十
分に練り上げられた上での作品を私た
ちは見させてもらっているんですね。
背後にある撮影者(作者)の思いを
改めて伺い、とても感心してしまいま
す。すごいなぁ..。
また、時にこのように長文が入るのも
良いですね。

さて、こちら佐渡は今朝も肌寒いです
が、曇り空です。
【2011/02/12 07:02】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
山口はまださむくて、花を見かけません。
予報はあたらいませんでしたが、今晩は本当に雪が降るようです。
二月の忘れ雪になってくれればいいのですが。
お元気で
今日もスマイル
【2011/02/11 22:32】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3773-38fc5489