FC2ブログ

三殿台遺跡 (国指定遺跡)

2011.02.07(19:00)

三殿台遺跡パンフレット

 2月4日の午後、京浜急行弘明寺駅から歩いて、「三殿台遺跡」(さんとのだいいせき) を見学してきました。
 ふたつの川にはさまれた標高55m の台地の上で、1961年夏の発掘により、縄文時代住居跡5軒、弥生時代住居跡170軒、古墳時代住居跡約30軒が発掘されたとのことです。
 遺跡は調査終了後埋め戻され、表面に標識が残されましたが、中央部分のみ発掘調査時の状態を永久保存するため上屋が建てられ、ガラス窓越しに内部を覗くことができます。
 また、奥のほうには縄文、弥生、古墳時代の竪穴式住居が一軒ずつ、再現されて見学できるようになっています。
 横浜のこの台地では、大和朝廷の時代になってもまだ、人々は竪穴式住居で生活していたのです。
 銛などの生活用具、装身具、縄文式や弥生式の土器などが発掘され、展示されていますが、箱根美術館で以前見たことがあるような大きなものはなくて、庶民の生活に実際に使われた小さなものばかりでした。
 竪穴式住居の中に入ると、中は昼間でも真っ暗に近く、当時の生活はどんなであったろうか、と想像してしまいます。
 これらの時代のことは、教科書で習った程度のことしか知らず、とくに学習したこともなかったので、見学はたいへん興味深いものがありました。



【発掘調査時跡を保護している建物】

三殿台遺跡の上屋の外側110204


【建物内部の発掘調査時の遺跡】

上屋内部の発掘時調査の跡110204

外側が明るいので、ガラス窓に反射があり、中の様子はややわかりにくくなっています。



【縄文時代竪穴式住居】

縄文時代住居110204

縄文時代の竪穴式住居は、床が丸く、円錐形に近い簡単な建て方です。


【縄文時代竪穴式住居内部】

縄文時代住居内部110204

実際はほとんど真っ暗です。フラッシュを使用して撮影しています。


【弥生時代竪穴式住居】

弥生時代住居110204

弥生時代になると、丸みを帯びた四角形の床になってきます。


【弥生時代竪穴式住居(戸口側)】

弥生時代住居戸口側110204



【古墳時代竪穴式住居】

古墳時代住居110204

古墳時代の竪穴式住居は、床が四角形です。中に炉が登場してきます。



【三殿台から見た梅とみなとみらい方面】

三殿台からみた梅とみなとみらい方面110204

標高55m というと、一気に登ってくるとかなりの高台になります。
梅の向こう側にランドマーク・タワーが見えています。

 ------------------------------

今日は結婚記念日なので、ランドマーク・タワーの70階で、夫婦でディナー・タイムを楽しむことになっています。JAZZとみなとみらいの夜景が楽しめるはずです。
コメント
nakamura さん、
micoさんのブログのささやかな真似事です(笑)
「さんとのだい」とは変わった名前ですね。ほかに二、三、大きな遺跡があるようです。
そのうちご紹介できるでしょう。
【2011/02/11 21:00】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

お~、ディックさんの記事では珍しく、遺跡でした。
さんとのだいと読むのでしょうか、横浜にあるとは知りませんでした。
【2011/02/11 08:27】 | nakamura #- | [edit]
山手の木々さん、
三殿台遺跡訪問は2月4日、結婚記念日は2月7日でした。遺跡の写真の整理をして、それからディナーへ出掛けました。
東京湾の位置や地形を考えると、やはり横浜は古代から住みやすかったのだろう、と思います。
加齢に従い、この温暖な気候の恩恵がひしひしとよくわかります(笑)
【2011/02/09 17:41】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
いままであまり興味がなかったので、ほとんど知識はないのですが、いろいろと耳に入ってくるところから想像するに、ここはかなり大規模な遺跡にあたるのだと思います。
日曜日の午後、ほとんど見学者はいないのに、事務所があり、係の人が駐在しています。
【2011/02/09 17:37】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
土器などの生活具が発見され、その展示もありますから、ある程度生活の様子は想像できます。ここでは当時の平均よりは豊かな生活だったでしょうけれど、「冬」のこととか想像すると、ぼくは実体験したくはないですね(笑)
【2011/02/09 17:34】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
mico さんのブログで拝見するような大規模な遺跡は、横浜では無理なので、これで精一杯というところです。
ぼくは逆に奈良方面へ、mico さんは横浜でなくてもどこか古代の庶民の生活のわかるところへ、、きっと実現するでしょう。
【2011/02/09 17:30】 | ディック #- | [edit]
ひろしさん、地理佐渡さん、
付近に貝塚が点在しているので、海はもう少し近かったはずです。そこら辺の表示があればもっとよかったな、と思いました。
おふたりのおっしゃるように、大昔から住みやすい気候の横浜で、しかもよほど条件のよい場所だったのでしょう。
【2011/02/09 17:19】 | ディック #- | [edit]
御結婚記念日おめでとうございます。
ランドマークで祝宴とはうらやましい限りです。

それはそうと、その前に三殿台へ行かれるとは、驚きです。私も遺跡巡りが好きで、三殿台には5年ほど前に行きました。横浜の台地は海面の高かった縄文時代中期にはすみやすいところと見えて人がたくさんいたようです。山手もそうでした。それが後々の発展につながったのですね。

ご夫妻の楽しい一日がしのばれます。v-272
【2011/02/09 06:39】 | 山手の木々 #- | [edit]
以前、うちの近所も発掘調査をしてました。
市を一つ、ベッドタウンに生まれ変わらせようという大規模なものです。 色々建ててしまう前に、発掘調査をするというものでした。でも、結局大したものは出ずに終了。 ここを見ると、かなり大きい遺跡ですよね。
【2011/02/08 22:43】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
古代の生活がしのばれます。
高台の集落
それそれに工夫されて当時は豊かな生活があったのでしょうか。
いいもの見せていただきました。
【2011/02/08 16:00】 | ころん #- | [edit]
古代人の生活を垣間見ることが出来ました。
こちらも遺跡が多いですが権力者のものばかりで
庶民の暮らしのことは??
遠くて叶いそうにありませんが訪れてみたくなりました。
【2011/02/08 10:02】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。

良いですねぇ。西から移動をしてきた弥生人が、
稲作農耕を伴ってこの地へと来た時代を想像し
てしまいます。遺跡が縄文から古墳期までと言
うことは、時代を越えて条件の良い場所だった
事をうかがわせます。

横浜付近でしたら、縄文期の遺跡は海辺から
少し離れた高台に並ばないでしょうかね。
東京湾岸は得てしてそんな感じだと思うのです。
【2011/02/08 06:45】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
早速行かれたのですね。
丁寧に紹介した記事に仕上がっているので、
お近くの方はこれを参考にしてお出かけになるといいと思います。
私も昨年4月にお花見ハイキングの一環として、
ひさしぶりに行きました。
横浜は大昔から住みよい所だったのです。
【2011/02/07 21:56】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3765-ffed107a