FC2ブログ

ヤブツバキ

2011.01.28(19:00)

ヤブツバキつぼみ入り

ヤブツバキは、開花はしていますが、寒いと傷みがはやいようで、写真を撮ってもどうもいまひとつです。
たくさん撮りましたが、気に入ったのは上の写真くらいでしょうか。
下の2枚、花の姿も構図も、いまひとつです。


ヤブツバキ中景110121

ヤブツバキ横110121

 ----------------------

 「ディックの本棚」でお付き合いさせていただいているブログ「desire photo & art」の dezire さんが「書籍の電子化」について書かれた記事の中で、書籍が電子化されると「何か自分に役に立つものを捜し求める眼で本を流し読みしてしまう傾向になります。そして、その本から自分に都合の良いもの、自分が今直接使えるものだけをつまみ食いするような本の読み方に陥ってしまう傾向があります」と書かれていました。
 その記事に、ぼくは同感を示し、
 「便利になると、つまみ食いをするようになります。パソコン通信の時代、一冊の本を数人で延々と議論するなどしていました。それは深みのある議論でした。ブログができて、誰でもコメントできるようになり、ブログがお付き合いの道具化すると、適当に相づちを打ったり、誉め合ったり、ブログのランキングを競い合ったり、それでは皮相的な感想のやりとりに終始するだけで、そこには真情を吐露しての、あるいは自分でよく考えた上での、真の議論は生まれてこなくなります」とコメントしました。
 つまり、ぼくはいまある問題意識を持っています。「コメントとコメント返しのお付き合い化」はそれ自体悪いことではないですが、コメントの多寡がブログの価値を左右するというような傾向は間違っていると思うし、気楽なお付き合いも必要だと思う一方で、以前は「パソコン通信」で行っていたような、真情を吐露しての真剣な議論がない、というのも不満なのです。
 じつは「ディックの本棚」を想定して書いていたのですが、そこへ「花通信」のアドレスを記載してしまったので、dezire さんの昨日のコメントがあった次第です。
 「花通信」としては想定していなかったことですが、自分で「花通信」を少し変えていこうと思っていますから、こういう議論もたまにはいいかなあ、と思っております。
 こちらの常連の皆さんも、お忙しい中とはいえ、品種の同定のような話題になると急に真剣になられますが、本来そうあるべきなのだ、と思います。
コメント
ころんさん、
こちらの林では、筒咲きに近い花が多いです。通常、トップの写真よりはもう少し開きますが、大きくは開かない。
その開ききらない具合が、またなかなかよい按配です。
【2011/01/29 21:05】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyoshiさん、
ヤブツバキの原生林とは、うらやましいです。
圧倒されるほどの数のヤブツバキ、見てみたい!
【2011/01/29 21:02】 | ディック #- | [edit]
寒い中咲くお花は綺麗です、
赤い色も冴えて開花するとまだ映えることでしょう。
またお山でみたいものです。
【2011/01/29 16:12】 | ころん #- | [edit]
萩にある、笠山には藪椿の広い原生林があります。
数に圧倒されてしまいます。
今日から寒気が来るとか。
お元気で
今日もスマイル
【2011/01/29 15:10】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
nakamura さん、
こちらの常連さんはみなさん洗練されていらっしゃるから、そのときどきの忙しさとか、興味の度合いとか、言葉の端々から感じさせる巧みさもお持ちで、ぼくはまあ安心して気楽にやっておりますが…。
ただ、ぼくはいま、このブログの問題だけでなく、携帯とか、ツイッターとか、あるいは若者たちの友だちづきあいとか、社会的傾向としてとらえているので、こんな話題が出てきてしまうのです。
【2011/01/29 10:30】 | ディック #- | [edit]
ひろしさん、
>写真の左上に見える葉先の尖り具合…、
そうですか、さすがです。
もう少し観察を深めないといけませんね。

程度問題というのが、なかなか難しい。
ひろしさんのように割り切ろうと思っても、反応が少ないと寂しいように思いますし…。
【2011/01/29 10:23】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

おっしゃることはよくわかりますね~。正論かと思いますが、ひろしさんの言われるように、程度の問題でもありそうです。ふつうの生活を考えれば堅い話ばかりでは疲れてしまいますから、笑い話も欲しくなります。
ネットも、ブログもその延長線上にあるのではないかと。そして、価値観はすべての人が違いますから、それがまた人間である証拠ではないかと考えますが、いかがでしょうか。
しぶい椿とお話にお座布団を・・・。
【2011/01/29 10:07】 | nakamura #- | [edit]
共感するところ大です。
私の方が残された時間はもっと少ないので、「これはコメントを残したいな」という話題だけにコメントを差し上げる、という方向に切り替えて久しくなりました。

いくら矮小化していても、たとえば写真の左上に見える葉先の尖り具合はノゲシの特徴を残しています。
【2011/01/29 09:59】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
mico さん、
mico さんのお庭にはヤブツバキがありますか。
「庭の○○」という話題は、nakamura さんも多くて、紅白の梅とか、クスノキとか、樹木が多い。mico さんは園芸種の花の話題が多いという印象でいました。
こう書きながら、どんな庭かなあ、と想像をめぐらしております。
【2011/01/29 09:51】 | ディック #- | [edit]
ひろしさん、
ふつうに成長していれば、ノゲシとオニノゲシは間違いようがないくらい区別がはっきりしているので、真冬のこの時季に、「まあ、どっちでもいいや」くらいの軽い気持ちで撮ったのがそもそもの原因でしょうか。
ひろしさんは、矮小化したひねくれた葉っぱでも、写真からはっきり同定できますか? ぼく自身はとうてい無理なので、いい加減に撮ってしまいましたが…。
【2011/01/29 09:47】 | ディック #- | [edit]
ひろしさん、
結局は程度問題だとは思いますが、私にしてみれば、残された時間は短い。潤滑油としてのお付き合いのおしゃべりは社会生活上有益には違いなくても、そればかりに占領されては、残された時間がますます短くなります。
一方、若者たちは「場の空気を読み、傷つくことを怖れて、真情を吐露しない」ということが言われております。これはネット上の付き合いではなく、現実の付き合いにおいてです。
広くは、コミュニケーションのあり方、社会生活上の問題でもあります。
【2011/01/29 09:38】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
寒さの中で凜と咲くヤブツバキに惹かれます。
我が家のヤブツバキはまだ蕾が硬くて開花が待ち遠しくなりました。
【2011/01/29 09:27】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
これはまた言いにくいことを、はっきりと言い切ったものですね。
「真情を吐露しての真剣な議論」ばかりでもつらいものがありますが、要はその「程度」「割合」の問題でしょうね。
こうして真情を吐露されると、読者も挑発されてしまうかもしれませんね。

ということからすると、きのうの草は「オニノゲシ」だとは思いますが、惜しむらくは葉の全体像が写っていなかったのが同定困難の因だった、と言わせていただきましょう。
【2011/01/28 22:35】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3744-3af05b55