FC2ブログ

イヌタデ

2010.08.01(15:22)

イヌタデ100724

「牧野富太郎植物記1」を読んでいたら、タデには花弁がない、と書いてありました。
そうはいっても雄蕊雌蕊の揃った花が開いているのを見たことがあり、撮影したこともありますから、どういうことかと調べてみました。
紅色に見える花被は花弁ではなく、「萼」だということのようでした。萼が花被となって紅色に染まり、開く前の蕊も、種も守っているようです。開く前なのか、後なのか、区別する方法はあるのでしょうか。
根岸森林公園の生態を見ていると、イヌタデは、やや薄暗い林の中の、それでもなんとか陽が当たるという程度の場所に、好んで群生するように見えます。


Mさん宅のモミジバアオイ(おまけ)

Mさん宅のモミジバアオイ100728

ご近所のMさん宅のモミジバアオイです。
こういう写真はふつうシベの先端にフォーカスを当てるのですが、敢えて外して冒険してみました。
効果はあったように思うのですが…。
コメント
地理佐渡さん、mico さん、nakamura さん、
お三人とも、イヌタデではなくモミジバアオイへのコメントですね。
ということは、確かにインパクトある写真だったわけですね。よかった、よかった。
【2010/08/02 20:51】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

効果がありましたですね~(笑い)。
鮮明な花びらの赤色です。
【2010/08/01 22:03】 | nakamura #- | [edit]
モミジアオイの真赤な花が目を惹きますね。
素敵なアングルです。
【2010/08/01 19:39】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
こんにちは。きれいです。

今回のアプローチも有りだと思います。
当方なんかですと、そこまでの意識を
持つことなく、ひたすらバシャバシャと
撮影するだけです(笑)。
【2010/08/01 16:51】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3537-d9b76a28