FC2ブログ

オカタイトゴメとカルミア

2010.06.09(18:39)

オカタイトゴメ100525

根岸森林公園駐車場前の、ごつごつの石だらけの場所、「オカタイトゴメ」はこういうところが好きなのでしょうか。最近近くの菜園にも出てきましたが、わざわざ石の多い、養分の少なそうな場所を選んで出てきているようです。


オカタイトゴメアップ100526

アップの写真では大きく見えますが、同じベンケイソウ科キリンソウ属のメキシコマンネングサ、ツルマンネングサなどと比較すると、花も小さければ、葉は格段と小さいです。

追記: 「地理と佐渡の部屋」の管理人さんから、「メノマンネングサ」について言及がありました。
山渓ハンディ図鑑1によりますと、「北陸地方と東北地方の海岸や山地の岩場にはメノマンネングサが見られる。葉が1cm以上とタイトゴメよりやや長い」とあります。
こちらの写真の植物は、花の直径が1cm あるかないかです。つまり、よく成長したものでも、葉は花よりも一段と小さく、私は「タイトゴメ」のほうをとりました。葉は、実際に米粒のような印象です。
なお、「タイトゴメ」と「オカタイトゴメ」を区別する必要があるのかどうか、その点はいまひとつです。何で読んだか憶えていませんが、海岸に生えるのを「タイトゴメ」、その他の岩場に生えるのを「オカタイトゴメ」というそうです。亡父はわが家から海水パンツで海水浴へ行った、といいます。いまは埋め立てられ、根岸の精油工場の向こうが海です。


オカタイトゴメ全景100525


白い金平糖100526

朝早くスパンキーを連れて散歩に出てしまうと、「根岸森林公園」の中でも「馬の博物館」だけは9時まで入れないので、ついつい巡回がしにくくなります。
時期を失してしまった「カルミア」(ツツジ科)ですが、花の痛んでいないところを、できるだけ選んで撮影しています。
白い(薄いピンクの) 金平糖(つぼみ) も、少しですが残っています。


赤い金平糖100526

赤のカルミアは白のカルミアよりも開花時期が遅いようです。
ぼくはこのつぼみ(金平糖) を撮るのが好きなのです。
コメント
モカさん、nakamura さん、
マンネングサの仲間やカルミアは、どちらも近づいてみるとなかなかに華麗な、見映えのする花ですね。

カルミアのつぼみの「金平糖」は自分が勝手に言い出したことですが、図鑑やネットでもそういう表現をしているものを見かけます。
【2010/06/11 16:01】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
mico さん、
マンネングサの仲間は、海外からの園芸種としては、ぼくが聞いた名前だけでもオオバマルバマンネングサ、シンジュボシマンネングサ、モリムラマンネングサ、ニジノタマなどがあり、タイトゴメ、マルバマンネングサ等の在来種も栽培されて、逃げだしているそうです
【2010/06/11 15:57】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
地理佐渡さん、
「地理と佐渡の部屋」のほうに、わかる範囲内で詳しくコメントいたしました。
「葉の大きさ(長さ)」が区別のポイントだそうです。
【2010/06/11 15:54】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
おはようございます。

カルミア・・・毎年良く咲く花ですが、アップにも耐えられますね・・・(笑い)。
金平糖とは、うまいですね~。
【2010/06/11 05:55】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま~こんばんは~♪

時折り見ておりますお花が・・・
こんな難しい名前だったのですね~。
キラキラお星さまのようで夢がありますね~。
カルミアは大好きなお花です。
真っ赤な蕾も素敵です~
でも~このピンク色の蕾とお花が同居して素敵です。
ほんとに綺麗な画像です~惚れ惚れいたします~♪
【2010/06/10 20:49】 | モカ #- | [edit]
こんばんは。

とりあえず当方も明日アップしてみます。
先日トビシマカンゾウやイワユリを撮影し
た時に撮影したものなんです。ぜひ見てい
ただいて何かアドバイスをいただければと
思います。
【2010/06/10 19:58】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
オカタイトゴメ、初めての名前です。
マンネングサの仲間の多さに驚きました。
私が買ったカルミアは上の段の花色ですが
赤いカルミアも素敵ですね。
【2010/06/10 18:24】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
地理佐渡さん、
ここ数年、この時期になるとマンネングサの仲間をずいぶんと調べました。
確かに、メノマンネングサとよく似ています。出てくる場所も海岸や岩場ですから、困りました。
記事内に追記しましたが、山渓の図鑑を頼りに品種を区分しています。
【2010/06/10 17:19】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
空見 さん、
葉が米粒みたいだから、「大唐米」と憶えてください。
ぼくが強調したいのは、メキシコマンネングサやツルマンネングサより全体に小さく、葉も小さい。繁殖力は強い、ということです。
記事内に、地理佐渡さんが言及されているメノマンネングサについて、追記しました。

なお、薄いピンクのカルミアは、ぼくとしては苦し紛れの写真でして、時期を失したことを後悔しています。来年はもっとよい写真を! と思います。
【2010/06/10 17:15】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
おはようございます。

先日撮影したものが何なのか調べていましたら
メノマンネングサというものではないかと..。
後日紹介しようと思うのですが、葉の雰囲気が
先もとがらず似ています。よく調べて紹介せね
ばと思いました。
【2010/06/10 06:32】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
オカタイトゴメ、名前は初めてですが、これって庭に出て来るので抜いているものです!

ははぁ~そういう難しい名前でしたんですね、次に思い出せるか自信ないです(笑)

カルミアの薄ピンク、見事に撮られていて脱帽です。なかなかこんな美人さんにはお目にかかれませんもの。
【2010/06/09 23:24】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3459-b9f6589b