FC2ブログ

日本大学生物科学資源部バラ園のバラ(2)

2010.05.25(19:00)

マルコポーロ100522

日大生物資源科学部(藤沢キャンパス)バラ園のバラ・シリーズ第2回です。
上の写真は「マルコ・ポーロ」。フランス・メイアン社1993年作出です。詳しい解説はありませんが、とても花付きがよいようでした。
写真の背景が見えていますが、大学のバラ園で営業目的ではありませんから、囲んでいるフェンスとか、地面とか、味も素っ気もありません。ただ、花だけが立派です。
車椅子の団体さんとか、見学者は多いようです。



気象を一定にする実験室100522

昨日も書きましたが、日大生物資源科学では、環境が劣悪でも育つ植物なども研究しています。
上の実験室の気温は摂氏38度、湿度80%に保たれているそうです。こちらの学生になるには、体力がないとたいへんそうです(笑)。


ブレーズ・オブ・グローリー100522

上は「ブレーズ・オブ・グローリー」。オランダのインタープランツ社2005年の作出です。


ジュリア100522


さて、いよいよ茶色のバラが登場です。「ジュリア」はイギリス Wisbech Plant社が1976年に作出しました。
「淡い茶を含んだ微妙な色合い、先にフリルが掛かった花弁」「アンティークな雰囲気」と解説にありました。
下も同じ「ジュリア」です。



ジュリアつぼみ100522



パパ・メイアン100522


最後は「パパ・メイアン」。フランスのメイアン社、1963年作出。作出者の父親アントワーヌ・メイアンを「パパ・メイアン」と呼んだもののようです。黒バラの名花として知られているそうです。

日大生物資源科学部のバラはもう1回明後日に予定していて、グレーのバラなどを紹介予定です。明晩は別記事を準備中です。
コメント
mico さん、
めずらしいバラの数々を楽しんでいただければ幸いです。
【2010/05/26 20:11】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
さすがに大学、珍しい薔薇を育てていますね。
生育に良さにも感心して舞いました。
【2010/05/26 08:13】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
YAKUMA さん、
学内は一応通り抜け禁止となっていますが、バラ園は一般開放されています。
今年はそろそろ終わりに近づいていると思いますが、横浜の「港の見える丘公園」と比較すると、一週間弱遅れてピークを迎えた様子でした。
秋咲きのバラは春より少し小振りになりますが、それでも管理がよいので十分楽しめる、と思います。
【2010/05/25 21:42】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは
日大生物資源科学部、知らぬ間に学部名が変わっているんですね。
こんなバラ園があるとは知りませんでした。
綺麗な花、色々とあるのですね。
私も機会があれば行ってみようかな。
【2010/05/25 21:33】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
地理佐渡さん、
茶色のバラっていい味わいですよね。
ぼくも庭にほしいです。「ジュリア」で指定して購入可能だと思いますが、値段はどうなんでしょうね。
バラは手間も掛かりますし、かなり本気にならないと、育てるのはたいへんのようです。
【2010/05/25 21:23】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

あの茶色の混じった色合いと花の姿。
これは良いですねぇ。我が家の庭にも
欲しいくらいの雰囲気です。ありそうで
無かった感じという感じをしています。
【2010/05/25 20:51】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3427-79024cec