FC2ブログ

浄妙寺 ~ 鎌倉の寺

2010.05.12(19:00)

浄妙寺門から本堂を臨む100425

宝戒寺、杉本寺、報国寺と、金沢街道(六浦道)に沿ったお寺を訪ね歩いてきました。
金沢街道(六浦道)にこだわっているのは、最後に称名寺と金沢文庫を記事にして、金沢北条氏を話題にし、ぼくのルーツ調べの記事に繋げていく予定でいるからです。

さて、4月25日の最後の訪問地は「浄妙寺」です。報国寺から5分程度だったように思います。
「浄妙寺」は。鎌倉時代の足利氏の密教系のお寺「極楽寺」が、その後住職が代わったときに臨済宗の禅寺として、浄妙寺という名前となったそうです。


浄妙寺庭園の紅いモミジ100425

門を入ると、あきれるほど美しい光景が広がっています。整備された境内の奥に本堂が見えますが、右側にはもみじの若葉の鮮烈な紅色、左側にも変わった花がありました。


浄妙寺のセイヨウキランソウ100425

「ジュウニヒトエ」と出会ったのか、と思いましたが、岩槻秀明さんの「雑草・野草がよ~くわかる本」によりますと、これは園芸種でセイヨウキランソウまたはセイヨウジュウニヒトエというそうです。花の色、葉の色が違うほか、匍匐枝を出して広がる性質があるそうです。(園芸種ではアジュガという名前で知られているようです)


浄妙寺の本堂100425

背景の裏山に注目してください。裏山の存在が、鎌倉の寺に特有の風景を形づくっているように思います。


浄妙寺の白い藤棚100425

本堂の裏の墓地の前には藤棚、ボタンも見えます。広い裏山にも登れて、レストランまでありました。
駅から離れていくと次第に境内が広くなり、庭園も美しくなっていくような気がいたします。


浄妙寺の白いフジ100425


浄妙寺のボタン100425

 -----------------------------------

4月に入って、頸椎の骨の変形による腕・手・指の痛み、痺れがかなり軽減しています。
この記事のように、鎌倉を歩き回って写真撮影もできます。
5月11日の診察で、手術はいったん取りやめにして、少し様子をみよう、ということになりました。
リスクがないわけではないですからね。

コメント
nakamura さん、
なんとなくですが、暖かくなって筋肉の緊張がとれ、同時にあれこれ歩き回ったりもするようになり、体力・筋力を回復してきたことが、頸や腕の緊張を解いて、痛みを軽減しているような気がします。
だから、ぼくの場合はあまりごろごろしていないほうがよいのではないか、と。
会社のパソコンと違って、自宅のパソコンについては、頸椎にあまり負担をかけないよう、角度や、あるいは椅子の高さを調整しています。
まあ、あまりパソコンの前にいないほうがよいことは間違いないですね。
【2010/05/13 21:25】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

頸椎症は姿勢の問題、パソコンが良くないと言われています。私の場合は薬でごまかしていますが、ゴロゴロしていると調子が良くなります。つまり、働くな!ということのようです(笑い)。
一杯飲んで、うまいものを食べて、よく眠りますか!?
【2010/05/13 17:45】 | nakamura #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、ありがとうございます。

>あまり無理をなさらないで、ゆったりゆったり

最近は「待つ」ということを憶えました。
以前は「待たされる」といらいらしましたが…(笑)
【2010/05/13 17:11】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
とんとん さん、
根岸森林公園内「馬の博物館」の紅いモミジ(たぶんノムラカエデ)は、順光ではもっとくすんだ紅褐色なので、こちらのお寺のモミジの鮮烈な色には驚かされました。
【2010/05/13 17:09】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
地理佐渡 さんはフットワークがいいですね。
「寺の名前からして忘れてしまう」というのは、よほど有名でない限り、それで当たり前でしょう。
いまは自分のブログに記録しておける。記事にするため、いろいろと調べるので印象が強くなる。ブログの効用ですね。
「読んだ本」についても、そうですよ。「ちょっとだけ感想を記録する」それだけで記憶に残ります。
【2010/05/13 17:05】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
赤い若葉の紅葉、広池学園で撮った楓と同じ種類でしょうね、きっと。
この鮮烈な赤! 初め緑の中で見てびっくりしました。
【2010/05/13 17:03】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
とんとん さん、
ジュウニヒトエは実物と出会ったことがまだありませんが、写真で見ると、アジュガよりいいかな、と思います。
青系統の花は好きですが、アジュガは葉にも色がありますし…。
【2010/05/13 17:01】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ひろし さん、
冬になったらどうかな、寒くなって身体が堅くなってきたとき、どうかな、というところですね。
まあ「やはり、手術」というのは、いつでも言えることですし、上のような不安も医師に話した上で、少し様子を見ましょう、と言われましたから。
【2010/05/13 16:58】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
YAKUMA さん、
快晴でほんとうに眩しいくらいの日でした。山と青空を撮すだけで立派な絵になる。新緑の季節ならでは…、です。

痺れ、痛みはあるのですが、我慢できる範囲内です。3月は座っているだけでつらくなり、散らす方法を模索してましたから、それと比較すればずいぶん楽に感じます。
【2010/05/13 16:55】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
あまり無理をなさらないで、ゆったりゆったり。
私は31日に軽い手術です。
きるのは何しろ、いやなものです。
気が小さいのです。
ふっふふ
今日もスマイル
【2010/05/13 14:15】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
おはようございます。

記憶が定かじゃないのですが、行った記憶が
あるお寺です。学生時代から結構鎌倉は行っ
ているのに、いったいどの寺を見ているのか
の記憶があいまいです。恥ずかしいことです。
さて、お体のことは現在調子が良いとのこと。
喜ばしいですね。無理せずにいて、手術をせ
ぬともだましだましやれるのであれば、これ
ほど良いことは無いと思います。
【2010/05/13 05:45】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
アジュガは丈夫でどんどん増えますね。
あのほんのりとしたジュウニヒトエが庭に欲しいです。
【2010/05/13 00:20】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
リハビリ、投薬、注射などの保存的治療で日常生活に支障がないのなら、あえて手術をしなくてもよい、と聞いたことがあります。
このまま症状が和らいでいってくれるといいですね。

nekocchi さんの捜していたのは「御衣黄」でしょうね。
【2010/05/12 22:02】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
こんばんは
とても眩しくて、美しい風景ですね。
新緑と青空がとても素敵です。
痛みや痺れが治まってきてよかったですね。
このまま落ち着いてくれるといいですね。
【2010/05/12 21:42】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
nekocchi さん、
八重の緑色のサクラはぼくのところの記事ではありませんね。
そちらへうかがいましたが、「ギョイコウ」で正解ではないのでしょうか。ウコンという名前を知っていますが、もっと薄い色だそうですし。
【2010/05/12 21:33】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
mico さん、
ぼくとしては、みなさんの写真にあるような、長~く垂れ下がるフジも見てみたいです。
早すぎるのでしょうか、それとも種類なのでしょうか?
アジュガ、この写真は4月25日ですから、こちらもきっと終わっているでしょう。
【2010/05/12 21:31】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
様子を見る・・・大切なことですね。
痛み軽減は本当に良かったですね^^
和風の風景は心が落ち着きます♪

ところで、ディックさんのところで緑色の花をしたサクラがありませんでしたか?
名前がわかればと思っているのですが、検索してもヒッ
トしないのです(>< よろしくお願いいたします。 
【2010/05/12 20:45】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
新緑が目に沁みるようです。
白い藤の花の満開が見事ですね。
香までが届きそうです。
我が家のアジュガは終ってしまいました。
お寺に牡丹の花がよく似合いますね。

症状の緩解、何よりですね。
【2010/05/12 20:07】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3390-df75ae99