FC2ブログ

報国寺 ~ 鎌倉の寺

2010.05.11(19:00)

報国寺前の滑川100425

宝戒寺、杉本寺と見てきましたが、本日は「報国寺」です。

この順番は金沢街道(鎌倉時代は「六浦道」)に沿って歩いています。
この道は朝比奈の切り通しを抜けて六浦、金沢八景方面へ抜けており、六浦の塩を鎌倉へ運ぶ道であった、とも言われているそうです。また、朝比奈の切り通しを抜けなければこちらの方面からは鎌倉へ入れない。その要所に金沢北条氏が陣取っていたわけです。

さて、金沢街道(六浦道)を西へ歩いていくと、「報国寺」の前辺りでは滑川(なめりかわ)に沿った道となり、鯉の姿も見られるなど、なかなかよい風情です。


報国寺とシャクナゲ100425

「報国寺」は、鎌倉幕府滅亡翌年に創建された足利家・上杉家の菩提寺(臨済宗)です。
鎌倉には、鎌倉幕府時代のお寺はあまり数多くは残っていなくて、足利時代のお寺が多いように思います。


報国寺庭園の如来像100425

報国寺は境内が美しく整備されて、たいへん美しいお寺です。
庭園にあった浮き彫りの如来像? それとも 菩薩像? でしょうか。


報国寺の竹林100425


背後に広い竹林があり、竹林の中には抹茶をいただける茶室もあります。


報国寺の苔の生えた石灯籠100425

竹林の奥の石灯籠です。


報国寺のやぐら100425

石灯籠の写真の右奥のほう、これは鎌倉では「やぐら」と呼びます。
やぐらは「墓」です。上流階級は法華堂という堂を建てて葬ることが多かったらしいですが、そんなことをしていたら、鎌倉では平らな土地がなくなってしまいます。それで、武士や僧侶のある程度以上の階級のものはこのようなお墓の形式となったのではないか、と言われているようです。
鎌倉の裏山へ入っていくとよく見かける光景です。
コメント
地理佐渡さん、
「やぐら」は、地元にいるとごく自然に使われている言葉なのです。
私の家の裏にあったのは「防空壕」でしたけど(笑)。
鎌倉は、いま「マイ・テーマ」でして、いずれ「ルーツ探求」の話へと繋げていくつもりです。
【2010/05/12 13:31】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
Y. Kawata さん、
如来ですか。いえ、頭が変だなというのと、他方、これだけ従えているなら如来かなと、迷いました。

じつは、石灯籠を左右へ寄せて撮った写真もあるのですが、竹の生え方、並びが落ち着かないとか、手ブレ気味であるとか…。
また、暗さに焦っていたせいか、レンズのフードがずれていまして、ワイドで撮った写真に四隅のケラレがありまして、トリミングすると画面の竹の密集感が薄れ、つまらない写真になりますし…。
上を向けて逆光を撮った写真もあるのですが、ケラレのために、使い物になりませんでした。
竹林はもう少し練習が必要なようです。
【2010/05/12 13:29】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
nakamura さん、
>ディックさんのお寺もよろしいですね。


リラックスして自然に浸っているのがよいのでしょう。
【2010/05/12 13:19】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
モカさん、
報国寺は竹林のほかにも見どころがたくさんありました。
反面、光のコントラストが強すぎて、写真として記事にしようにも失敗だらけでして。
この日は次回の記事の浄妙寺までしか行けませんでしたので、いずれまた、報国寺から始めてその先へ足を伸ばしてみたい、と思っております。
【2010/05/12 13:17】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
空見さん、
こちらのお寺は境内の暗がりにこういうスポットがたくさんあるのです。
背景が極端に明るく、手前が暗いので、なかなか上手に撮れず、一部しか紹介できないのが残念です。
【2010/05/12 13:13】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ころん さん、
この報国寺辺りまで歩いてくると、「自然の風景の美しさ」と「歴史ロマン」が釣り合ってくるように思います。
鎌倉は駅の付近は人混みでごちゃごちゃしていますから。
【2010/05/12 13:11】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
おはようございます。

ここも行った記憶があります。
しかし、墓をやぐら。いやいや当方は
知りませんでした。海に向かって開けた
鎌倉の地は、平地に乏しい土地柄ですか
ら、少しでも土地を有効に利用しようと
言う知恵なんですね。
しかし、久しく鎌倉へは行っていません。
たまにはふらりと出かけたいものです。
【2010/05/12 06:25】 | 地理佐渡.. #ZvVaocAk | [edit]
確かに鎌倉はやぐらだらけですね。 本来、インドでは鳥葬の風習があったそうですから、仏教的精神にのっとった葬り方かも知れませんね。

2番目の写真のブッダは珍しい容姿ですね。 この仏像には気がつかなかったです。 中央にお座りの仏像は恐らく如来ですね。 螺髪(ラホツ)が省略されていますが、肉髷(ニクケイ)がありますから。

竹林の作品は良いですね。 清々しい気分になります。 石灯籠は少しだけ左か右に寄せた方が良かったかも...(^_^;)
【2010/05/11 23:16】 | Y. Kawata #- | [edit]
こんばんは。

ディックさんのお寺もよろしいですね。
竹林に一票・・・です。
【2010/05/11 22:50】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま~こんばんは~♪
爽やかな風をうけながらのお寺歩き~いいですね~。

はい~このやぐらは見たことがあります。
やはりこのやぐらは独特なお墓という感じでした。
石塔が多いほどこのやぐらの迫力がましますね。
竹のお寺としても知られていますほど立派な竹林です。
そこだけは涼しそうです~♪
【2010/05/11 21:57】 | モカ #- | [edit]
素敵なお寺ですね、あまりにも美しい如来像?に驚きました。
【2010/05/11 21:56】 | 空見 #- | [edit]
>足利家・上杉家の菩提寺(臨済宗)です。
苔むした灯篭時代を感じました。
「やぐら」石を切り抜いて立派ですね。
竹の子も、いい風景見せていただきました。
【2010/05/11 21:30】 | ころん #- | [edit]
mico さん、
鎌倉を歩いていると、「やぐら」だらけです。見慣れてしまうと、「やぐら」と言えばすぐに通じるようになりますが、鎌倉をご存じないと何のことだかわからないのかも知れません。
【2010/05/11 20:22】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
新緑が目に沁みそうです。
鎌倉の情緒を味わせ手いただきました。
竹林から爽やかな風が渡ってきそうです。
「やぐら」珍しいお墓ですね。
初めて知りました。
【2010/05/11 20:05】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3389-123b8e12