FC2ブログ

宝戒寺の境内 ~ 鎌倉の寺

2010.05.06(21:07)

宝戒寺の本堂遠景100425

 4月25日、宝戒寺、杉本寺、報国寺、浄妙寺というルートで、鎌倉を歩きました。
 わが家の祖先は、鎌倉幕府を支えやがては執権北条氏の陰謀にあって滅ぼされたとされる三浦氏に仕えたとされています。だから、鎌倉を歩くということは、単に県内の観光地を見てまわる、ということとは、少し違う意味合いも持っているわけです。
 本日は、その最初の宝戒寺です。


宝戒寺の本堂100425

 宝戒寺は、鎌倉駅から北東へ10分ほど、八幡宮の前の横大路と見られる道を金沢方面に向かい、小町大路と交差したところにあります。この辺りは、執権であった北条氏の屋敷跡であったと言われ、その北条邸跡に足利尊氏が建てた、とされているお寺です。新田義貞に攻められたとき、この寺の南東にある「腹切りやぐら」で北条高時以下870名が自害したと言われ、ぼくは以前に見にいったことがありますが、この日はそちらへは出向きませんでした。


北条邸の碑100425

 北条氏については、歴史を細かく見ていくと、謀略で他の勢力を蹴落とし、自分たちばかりが勢力を拡大する、ということをやりすぎていたことは明らかで、恨みを買いすぎていた、ということでしょう。


宝戒寺の石灯籠100425


宝戒寺の鐘楼100425


宝戒寺の白椿100425


 宝戒寺は、秋には白い萩がきれいだそうで「萩の寺」として知られているそうです。
 境内はあまり広くはなく、萩の咲いていない時季としては、境内の雰囲気を伝える程度のところでしょうか。
コメント
Miya'sRose さん、
「八百七十余名が腹を切った」とは、『太平記』に記載があるようです。新田義貞軍など大軍に四方を囲まれ、鎌倉幕府はこれまで、と覚悟したのでしょうね。

体力を少しでも回復しようと、ぼくも出歩く機会を多く作ろう、と思っております。
【2010/05/09 18:11】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
870名が自害・・・

それだけいれば一合戦できそうなもの。
よほどのことなのですね。

歴史を思っての散策、それもまた一興ですね。
自分は体力のため歩かないと。

【2010/05/08 10:55】 | Miya'sRose #- | [edit]
nakamura さん、
横浜の歴史、鎌倉の歴史、神奈川県の歴史…、地元ですし、先祖は三浦郡に在住して、多少は鎌倉の歴史にも関わったのかな、と思いますから、やはり興味深いものがありますね。
【2010/05/07 21:21】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

祖先への思いも出てくる鎌倉歩きですね。
しっとりとして歴史がにじみ出ているようです。
【2010/05/07 20:45】 | nakamura #- | [edit]
モカ さん、
この日は涼しいながらも快晴でした。
構図といいましても、たとえば「本堂」を見えるように撮るならこれしかない、という場合が多い土地柄です。
狭いので、苦し紛れに無理をして撮っているものばかりです。
【2010/05/07 17:45】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
地理佐渡 さん、
鎌倉は南の海以外は山に囲まれた要害の地。それだけに狭く、市街地でも自然に囲まれた感じがいたします。
武家の屋敷も、寺も、入り組んだ谷のような地形(鎌倉では「やつ」と言われています)の中に建てられていることが多いです。
【2010/05/07 17:42】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ディックさま~こんにちは~♪
歴史的背景が分かっていれば・・・
鎌倉のお寺めぐりも楽しくなるのでしょうね~。
由緒ある宝戒寺の落ち着いた佇まいに身をおいてみたいです。
かなりの快晴だったのでしょうか~?
それにしましても構図などお勉強になりますお写真です。(#^.^#)
【2010/05/07 17:17】 | モカ #- | [edit]
こんばんは。

なんとなくキジバトの声なんかが聞こえてきそうで、
雰囲気がいいですねぇ。心落ち着く寺歩きに、北条
氏ゆかりの地という歴史的ロマンのおまけつきです
ねぇ。
【2010/05/06 21:57】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3371-61d39a68