FC2ブログ

ツバキいろいろ

2010.01.09(20:42)

筒咲きのヤブツバキ0912

上は根岸森林公園のヤブツバキですが、ヤブツバキの中には、このように筒咲きになったまま、ほとんど開かない花を付ける木があります。
そういう中から茶花に使われるという「侘助」という品種が生まれたのか、と以前は思っておりましたが、どうも違うようです。
筒咲きではなくて、大きくは開ききらないという程度で、しかも花の大きさがかなり小振りでないといけないらしい。茶人の好みは気むずかしいようです(笑)

下の白いツバキのような形が、むしろ「侘助」らしい感じがします。真ん中に白い雌しべが少し飛び抜けて出てきています。それも「侘助」の特徴です。
しかし、「侘助」と呼ばれるには、黄色い葯が付いていてはダメなのでして、この葯が退化していることが必須条件と聞いております。いやはやまことに気むずかしい。そして、中国原産の「太郎冠者」という品種から派生したものでないといけないようです。
下の写真の白いツバキは根岸森林公園へ向かう途中のマンションの植え込みの花で、たいへん小さくてかわいらしいのですが、はっきりと黄色い葯が付いておりまして、これでは「侘助」落選なのでした。


マンションの白いツバキ100103

品種はともかくとして、上の写真のように、「雄しべの付け根がくっついているのがはっきり見えて、黄色い葯が付いていて、大きくは開ききらない程度のヤブツバキ型」がディック好みの椿の原型かなあ、と思っております。
コメント
こんばんは。

一枚目、味があって、そのままワビ助・・・です。
ワビの世界は難しそうですが、やはり、開きすぎると味消しですね。欧風の美と、和風の美は違います。
【2010/01/11 20:58】 | nakamura #- | [edit]
nekocchi さん、
ブログも五年目になりますと、自分で同じパターンに飽きてきます。
撮れる範囲の被写体の中でブラッシュアップを図るしかないわけですが、虫の世界は虫の世界で見つけるのが大変でしょう。それぞれ、得意分野で頑張りましょう。
【2010/01/11 16:01】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
地理佐渡さん、
まあ、私には撮りたくても雪景色は撮れないですから、それぞれ自分のテリトリを生かすしかない、ということでありましょう。
【2010/01/11 15:57】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
mico さん、
椿や梅はわが国で、バラは西欧で、古くから新しい品種作りが盛んで、いろいろと蘊蓄が蓄積されているようです。
たまにはそういうものを掘り起こすのもおもしろい、と思いました。
【2010/01/11 15:55】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
山手の木々 さん
おもしろいものを見つけられましたねぇ。
これはたいへんありがとうございました。
【2010/01/11 15:52】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
YAKUMA さん、
ツバキもいろいろ、好みもみなさんいろいろですね。
多種多様に楽しめるのが一番でしょう。
【2010/01/11 15:48】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
写真がどんどんきれいになり・・・
この頃の私はといったら虫が多いので、華やかさにかけてしまいます。
御鼻も撮りに行ったほうが良いのかな~~~なんて悩んだりもします^^:
【2010/01/10 23:50】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
おはようございます。

椿、サザンカの類はこちらの周囲にも
咲いてはいますが、天候の関係で
暗く、写りもその為鮮やかさを失いま
す。こちらはうらやましい写りです。
【2010/01/10 08:24】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
椿もよく観察すると面白そうですね。
私は「綺麗に咲いているな」で終り(苦笑
いろいろ勉強になりました。
【2010/01/10 08:17】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
へえー、またまた蘊蓄ですね。侘助などお茶をやらないので見たことがありません。インターネットを見ていましたら薄田泣菫に侘助椿という小品がありました。ご参考までに。http://www.aozora.gr.jp/cards/000150/files/3386_21028.html
【2010/01/10 05:42】 | 山手の木々 #- | [edit]
こんばんは
ツバキもいろいろなんですね。
私は1枚目の花の様子が好きです。
【2010/01/09 21:28】 | YAKUMA #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/3185-6b4b17db