FC2ブログ

尾形光琳 ~ 紅白梅図屏風

2009.03.07(14:48)

紅白梅図屏風

 尾形光琳のの紅白梅図屏風は国宝に指定されており、熱海のMOA美術館では毎年梅が開花している2月頃に展示している。
 美術雑誌などに図版が掲載されることが多く、一般にたいへんよく知られているが、実物を前にすると、印刷物を見ているときよりもはるかに強い印象を受ける。
 まず屏風が大きい。左右の白梅と紅梅は、樹肌の描き方などがかなりリアルだ。
 しかし、そうはいってもこの作品は図案である。梅を写したものではなく、いかにも梅らしく見えるようにデザインされた図案なのだ。尾形光琳という絵師は江戸時代初期に登場した革新的なデザイナーであり、光琳図案と呼ばれる数々のデザインを生み出した。
 紅白梅図屏風を前にすると、じつは妙な違和感を覚えるのがふつうで、その理由は真ん中にある川である。これは川であることは間違いないが、梅が梅らしく見えるほどには川らしさを感じさせないし、あまりにもどんと大きく真ん中に存在しすぎているのだ。

 画家の立場になって制作過程を思い描くと、こういうことだろうか。
 左側に白梅を、右側に紅梅を配し、真ん中の川で隔てられているという紅白梅酢屏風をデザインし、制作したい。左右二枚の屏風をそれぞれ二分して、一枚の左半分に白梅を、もう一枚の右半分に紅梅を描く。川はそれぞれ残りの半分で、並べれば真ん中が川になるようにする。白梅と紅梅はそれぞれ変化をつけて、性格の異なる様子の梅としたい。川は真ん中になるが、主役は白梅と紅梅だから、川が主役に見えてはならぬ。
 であれば、川は単純なデザインで、写実性は必要なく、見る人に「これは川だよ」とわかる程度に描くのがよいだろう。流れを図案化して、それとわかる記号(マーク)でよいのだ。
 とまあ、こんなところだろうか。
 しかし、記号にしては川はボリュームが大きかった。しかも真ん中である。
 けれども小さくしてしまうわけにはいかない。白梅と紅梅が川の流れで隔てられているところを描くのであって、簡単に飛び越えてしまえる小川であってはならないのだ。
 このような過程で出来上がったのが、この紅白梅図屏風であろう、とぼくは想像する。

 屏風絵だと思うから余計な違和感があるのであって、現代アートだと思えば、何でもありの世界だから「ふうん」となりそうだ。
 尾形光琳というアーティストは、そのくらい革新的なアーティストなのだと思う。尾形光琳に限らず、浮世絵など、日本画には近・現代アートと通じ合うセンスの作品が多い。日本のアートは西欧の絵画よりよほど時代を先取りしていたのだ。
コメント
ヨンさん、
西欧の絵画は、教会で信者に見せたり、貴族などの館の壁に肖像画などが掛けられた。日本では、和室の装飾として襖絵や屏風、出版物として浮世絵などが生まれた。成立の仕方が違うんですね。
日本画のほうが、より身近な感じがします。
現代の日本画家もいろいろな試みをしていて、画面が大きいから、取り囲まれる感じになり、なかなかよいものです。
【2011/03/17 15:51】 | ディック #- | [edit]
自分は尾形光琳より屏風になじみがありまして、小さいころ腕自慢の大工さんが建てたという家(実家が材木屋でしたもので)立派なといっても光琳からすると全然マイナーの屏風でしたけど、を見せてもらった覚えがあります。光琳までなると頂点でしょう。けど、名もない作家の屏風もちょっとおもしろいものがありますね。
【2011/03/17 09:26】 | ヨン #- | [edit]
antさん、
根岸森林公園でボーダーコリーはよく見かけますが、それにカメラを持った男が加われば、私の可能性が高いです。

>真ん中の川が女性で、紅白梅が若いのと年のいった男性で、そのふたりが女性をとりあう構図

小林太市郎さんという美術史家が広めた説だそうですね。
かたちのデザイン性を追求した人だと思うから、ぼくはそこまでうがった見方はしにくいですが、それだけ話題性のある屏風なのですね。

今後ともよろしくお願いいたします。
【2009/03/14 21:06】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
はじめまして ディックさん

私もよく森林公園にはいきますので、この花通信で掲載されている写真をいつも楽しみにしています。

ちょうどこの3/7にスパンキーとおもわれる犬を連れて撮影している御仁をみかけました。
もしかしたら、ディックさんかも知れないとおもいながらも、突然声をかけたら驚かれるとおもい通りすぎました。


毎年「紅白梅図屏風」が2月に公開されているのですね、そうとは知らず去年 のこのことMOAまででかけて見逃しました。

ディックさんの光琳評、おもしろかったです。
私が聞いたところによると、真ん中の川が女性で、紅白梅が若いのと年のいった男性で、そのふたりが女性をとりあう構図、そんな艶っぽい話しもあるようです(笑



【2009/03/14 09:07】 | ant #- | [edit]
地理佐渡 さん

>なかなかこの手の展覧会に足を運べません。

まあ、そんなものですよ。
ぼくは学生時代から好きでしたが、仕事がピークの頃は年に一度がやっとでした。
昨年後半から、月に二回程度という頻度になっています。いまは大きな楽しみのひとつです。
昨日も次女と新人アーティストの祭典へ行ってきたのですよ。
【2009/03/09 22:25】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
おはようございます。

なかなかこの手の展覧会に足を運べません。
チャンスがあればと思うのですが、足が遠
のいています。以前は東京までとかしたの
ですが..。

紅白梅図屏風絵。本物を見てみたいものです。
【2009/03/09 06:14】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
またこんばんは。
>デザイナー

なるほど納得です。

レオナルドダビンチの東洋版、・・・ははは、チョト違いましたか(笑い)。
【2009/03/08 21:17】 | nakamura #- | [edit]
モカさん、
夏に「大琳派展」とか「対決・巨匠たちの日本美術」などを観に行っておりますが、屏風絵や襖絵は、最近では部屋の造りを再生して見せる工夫をしている展示もあります。
なかなか楽しいものです。
【2009/03/08 20:27】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
nakamura さん、光琳はデザイナーですから、襖絵や屏風絵をデザインすれば壁紙デザイナー、色紙や巻物の下絵、文箱などをデザインすれば文具デザイナー、着物をデザインすればファッションデザイナーというふうに、何でもやれた方ですね。『光琳図案』が定型化して模倣されるようになった、と何かに書いてあったように記憶しています。
すでにこの時代の日本人は現代感覚ですから、英語にすると納得がいきます。光琳がデザイナーなら、あっちの得手とこっちの得手を合わせて、新しいものを創り出した本阿弥光悦はプロデューサーでしょう。
また、例の「風神雷神図屏風」のごとき絵は、絵画といよりはイラストレーションという感じです。
【2009/03/08 20:24】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

さすがディックさんの評ですね。
数年前に同じ感覚を持ちました。ディックさんのようにむずかしいことは分かりませんが、時代を完全に超えているというのが強烈な印象でした。
なお、小物の製作などもすごかったように記憶しておりますが、どうだったでしょうか?
【2009/03/07 23:04】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま、こんばんは~~♪
光琳の紅白梅図屏風、素晴らしいですね。
ディックさまの寸評、拝見いたしました。
梅の「静」と、川の「動」のバランスが絶妙ですね。。
仰るとおり、川のボリューム・・・これから斬新さを感じます。
時代を超えておしゃれな作品ですね。

屏風の素晴らしいところは、
近づいたり離れたり、正面から右から左からと角度を変えて
さまざまな表情を見せてくれるのを楽しむことができますものね~。
素晴らしいもののご紹介ありがとうございました。v-237
【2009/03/07 22:04】 | モカ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/2522-679afd7a