FC2ブログ

フライイング・ダッチマン・プロジェクト'08

2008.09.17(18:57)

ダッチマンプロジェクト斜め前から

ここは「みなとみらい21地区」横浜美術館の正面前の空き地です。
これはいったい何か、というと「彫刻です」ということになるのでしょうか。横浜トリエンナーレ2008 の一環としての展示です。


ダッチマンプロジェクトランドマーク

フロリアン・クラールはドイツ人アーティストですが藤沢に住んでいるとか。いうなればまあ、無国籍人に近い生活をしている人ですが、だからこそ「さまよえるオランダ人」の物語に惹かれるのかも知れません。
フライング・ダッチマン(さまよえる幽霊船の船長)は死んでいるわけではないのですが、生きているわけでもなく、死ぬこともできない。
そしてこの作品は、船のようでもあり、生物の骨格のようでもあります。ぼくは潜水艦を連想します。
いずれにせよ、この作品は「何かを入れて動くもの」なのだろうと思います。


うねうね感

これがアートなのか? こんなもののどこがいいんだ? という方もいらっしゃるかも知れません。
ぼくなら、「ほら、このうねうね感がいいんだよ」と答えるのですが、いかがでしょうか。
コメント
nakamura さん、この手の構築物は、ふつうは背景を意識して配置するものです。
そうなると、これを見物して撮影するほうとしても、背景のどこにランドマークタワーを入れようか、とか考えますし、この三枚の写真も、それぞれ別の建物を入れたものにして、横浜であることを強調しようというわけです。
【2008/09/18 21:08】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

おもしろいですね。
おそらく、下から、横から、上から見るものですね。
ランドマークタワーを意識した・・・??(笑い)。
【2008/09/18 20:47】 | nakamura #- | [edit]
地理佐渡管理人さん、
今年の横浜の秋はアート・イベントがたくさんあって、目移りします。できるだけまわって紹介したいな、と思います。大判の写真はこちらで、小さい写真と詳細な記事は「ディックの本棚」へ掲載するよう仕分けしています。
【2008/09/17 19:12】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

飛行機の主翼部分の骨格のようにも
見えますね。いずれにせよ楽しい
オブジェです。時折はこういう現代アート
も楽しみたいですね。
良いものを紹介していただきました。
【2008/09/17 19:04】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/2065-a688a9f4