東京ミッドタウン

2007.12.27(21:16)

ミッドタウンのビル

12月15日、六本木の東京ミッドタウンのサントリー美術館へ「鳥獣戯画がやってきた」という展示を観に行ってきました。
2007年3月にオープンしたという東京ミッドタウンの一郭に、ぼくは初めて足を踏み入れました。

ステンドグラスの吹き抜けミッドタウン

お洒落で高級そうなお店がたくさん並んでいました。

旗のある吹き抜けミッドタウン

ぼくはこういう建物の何に惹かれるのかといいますと、この空間構成そのものです。
遠近だけでなく、上下に空間を意識させる設計に、感性を揺さぶられます。

 クリックしてください → 「鳥獣戯画がやってきた」
コメント
僕のブログにコメントをいただいてから時間が空いてしまい、申し訳ありません。

僕はロートレック展でサントリー美術館デビューする予定でいます。


また寄らせていただきますね。
【2008/01/21 23:31】 | COZY #- | [edit]
nekocchi さん、こんばんは。
同じ東京ミッドタウンといっても、人によって着目するところはいろいろでしょうね。
ビルははるか上方に伸び上がり、ステンドグラスは下方にも透けてその下を人々が往来しており、ビルの内部は広大な吹き抜けになっています。
つまり上下に空間を感じさせる構造がぼくをおもしろがらせているので、やはりぼくが撮る写真はそういう部分に着目して紹介するかたちになります。

さて、こちらこそ大変お世話になりました。来年もまた、いろいろな動植物をたくさん観察し、おぼえられるように努力いたしますので、引き続きお付き合いくださいませ。
【2007/12/28 22:43】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ビルの高さがよくでていますね^^
東京ミッドタウンの写真は、他の方のブログで拝見したことがありました。撮る方によって雰囲気も違って見えます。ステンドグラス?がとても綺麗ですね~♬

今年はお世話になりました^^
少し早いのですが、ご挨拶に来ました。
来年もよろしくお願いいたします^^
良いお年をお迎えください<(_ _)>

 
【2007/12/28 19:42】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
nakamura さん、なかなかうまく表現できないのですが、次々とできてきているこういうお洒落な場所というのは、なにかぼくの美意識に訴えてくるものがあります。
とくに建物そのものの構造が、三次元の空間の存在そのものを実感させるようなつくりで、しかも装飾的なセンスがよい場所は、そこにいるだけで嬉しくなります。 
【2007/12/28 14:28】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは。

あれあれ、むかしの写真を・・・と
ついつい思いましたが、最新作でした(笑い)。

こういうのも、ディックさんらしくてよろしいですね。
【2007/12/28 00:03】 | nakamura #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/1490-87b8702c