fc2ブログ

Yからの誘惑 ---- 私が好きなこと(4)

2024.03.31(09:30)

20240330 自宅庭のナニワイバラ
 自宅南側擁壁上のナニワイバラ iPhone13Pro 2024.3.30撮影

「私が好きなこと」の初回に、「私は1969年に早大の政治経済学部政治学科に入学し、ワセダ・ミステリクラブに籍を置いた」と書いた。
ミステリ・クラブへ理工学部から通ってきていたYは、理工学部では「オーディオ研究会」に加入していて、私を音楽の世界に誘った。

彼はまず、イ・ムジチ合奏団の演奏するヴィヴァルディの「四季」を、是非とも聴いてみるように! と薦めてきた。
「FM放送をエアチェックしたオープンリール・テープを貸すから、TEACのテープデッキを買うように」とまでいう。私はアルバイトで稼いだ金でテープデッキを買った。カセットではない。直径は18cmほどで剥き出しのテープだ。
ミステリ・クラブの部室代わりの喫茶店で、私はYから彼のテープを借り、家へ帰ったらそれを聴く。そして、そのテープを聴いたら「感想レポートを書く」という日々が、こうして始まった。

Yのせいで、私はバロック音楽に嵌まった。Yはバッハの「イタリア協奏曲」を私に聴かせておいて、次にはそれをジャズ化したジャック・ルーシェ・トリオの「プレイ・バッハ」のテープを持ってくる。
こうして、私はJAZZの道へと足を踏み込んだ。
ただ、私にジャズを教えたYは、それ以上深入りしないのだった。彼にとっては、「プレイ・バッハ」はバロック音楽の楽しみを広げる一例に過ぎなくて、私のようにジャズの楽しみにのめり込むことは決してしないのだった。

さて、現在の私には「音楽のジャンル別による好みの片寄り」は一切ない。クラシックは中世から現代音楽まで、ジャズも古いブルースから現代のジャズまで。ロックだってカントリーだって、ソウルだってファンクだって、「いいな」と感じれば古い曲から新しい曲まで、私は何でも聴く。
私の苦手は、「聴くのにやたらと時間がかかる音楽」だ。ワーグナーの楽劇とか、ブルックナーの交響曲など、後期ロマン派の長い曲はあまり好まない。
仕事が忙しかった頃は、長い曲を楽しむなど不可能だったし、現時点では、孫たちの世話や医者通いなどのため、まとまった時間がなかなかとれない。そんな忙しい毎日だが、小刻みな時間をフル活用すれば、さまざまな音楽を聴く楽しみがある、のは嬉しい。

古今東西、世界中の音楽を楽しむのに、「デジタル音楽配信の進歩」が私の味方になってくれているのが便利だ。
前回のブログで、「私がデジタル音楽配信に詳しい」とびっくりされた方々がいらしたが、それには上のような事情があったのである。

「音楽関係の古い本」と「最近のデジタル配信ミュージック」--- 私が好きなこと(3)

2024.03.26(15:18)

20240304 自宅庭のクリスマスローズ1

学生時代以降から、最近まで「そのうち読もう、と買っておいた音楽関係の本」が、私の書斎兼PCルームには数十冊あります。
たとえば、最近折に触れて参照しているのは「スーパー・ロック・ギタリスト」(1985年1月10日刊)と、キネマ旬報社のエッセンシャル・ガイド3冊で「カントリー」「ブルース」「ソウル」(1996年5月、6月刊行)、さらに1974年11月のニュー・ミュージック・マガジン増刷の「ブルースのすべて」。ほかにも、ジャズ関係の本はとてもひとつひとつ書いていられないくらいたくさんあります。
こういう本は、今ではどんなに欲しくても買えません。
当時レコードやCDはとても高価で、あれこれ聴きたくても数多くは買えないし、仕事も忙しくて、音楽を聴いている時間がなかったけれど、それでも「そのうち読もう」と買っておいたのでした。

ところが、あらゆる分野の音楽配信が、書斎の27インチPCの画面(Apple Studio Display)から、ドルビー立体音響配信で聞こえてくるようになって、私にとってこんな楽しい時代がくるのなら、「この数十冊を買っておいてよかった!!」とつくづく思っているのです。
クラシック、ジャズ、ロックなど、世界中の音楽を何でも楽しめる「デジタル音楽配信時代の到来」を迎え、「そのうち読もう、聴こう」と買っておいた数十冊の本は、いまや宝物です。買った当時の評価が書かれていて、それをいま読むことができるということは、それぞれの音楽の、各時代ごとの評価もわかる、ということです。

さて、デジタル・ミュージック配信の話題ですが、Amazon、Spotify、Apple Musicと、この数年いろいろと試してきました。
まず、Amazonですが、彼らはCDを売りたいので、販売したいCDがあれば何でも推奨してきます。だからあまり当てになりません。
Spotify はさすがにこの分野の老舗で、古い曲から新しい曲まで品揃えが豊富です。
そして Apple Musicですが、昨年初めの頃は、「品揃えがまだまだだなあ…」という感じでした。
ところがこの1年間に猛烈な勢いで Apple Music が充実してきました。古い時代のアルバムでも、ほとんどなんでも聴くことができるようになってきました。
Apple社は、最終的にパソコン(Mac)や iPhone を販売したいのです。だから Apple Musicを充実させれば、大勢の人々が Appleの製品に引き寄せられ、買ってくれる、と考えている。
資金力があるので、ロック、クラシック、ジャズなど各分野それぞれに専門家を雇い、彼ら専門家が心の底から「このアルバムはよい!」と思えば、詳細なコメントを添えて推奨してきます。
Amazon のように、「在庫のCDを販売したい」という目論見などないので、推奨コメントには下心もなく、コメントを書いた専門家の言葉にも迫力があります。かなり詳細な推奨コメントが付けられています。

また、音楽の分野でかなり厄介なのはクラシックで、作曲家、演奏者など、それぞれ視聴者の好みがうるさく、細かい分類が必要です。
Apple社はそこで何をしたかというと、クラシック専門の配信会社(カリフォルニアの Primephonic社)を買収したのでした。それがいま成果が出てきて、最近のクラシック分野の充実度合いには目を見張るものがあります。
50年代のような古い時代の録音から、最新の録音まで、品揃えはとても潤沢になり、過去には Spotifyでしか聴けなかったCDが Appleでも聴けるようになりました。
そこで、私は Amazonと Spotifyの 有料配信を解約しました。現在は Apple Musicだけにしています。(音質を抑えた無料配信は、AmazonでもSpotifyでも、いまでも聴くことができます。広告が入りますけど…)

Apple Music は 27インチの画面からドルビー立体音響で聞こえてくるし、庭で草むしりをしたりするときは、Apple社のイヤホンをつけてiPhoneで聴けばよい。
私にとっては夢のような時代の到来です。自社の製品を販売したい彼らは、世界中の国々に専門家を置いて、アフリカだろうがアジアだろうが、その国で流行しているジャズやロックや民族音楽を収集して、私に聴かせてくれるのです。

ただし、問題点もあります。Apple Musicを充実させたい彼らは、次々とソフトを更新してきます。
ところが、Apple の製品にはガイドブックが存在しません。「適当にいじってみてね」なのです。
ただ、Appleの製品には「強いファン」がいます。ネットを検索すれば、Apple社の正式ガイド以外にも、親切な人がガイドを書いてくれていて、「こんなこともできるぞ」と気がつく。それがまた楽しい、というのが、「Appleファン」なのです。

さて、久しぶりにこうしてブログを更新しましたので、またしばらくの間は、コメントに私の「承認」を求められることはなくなるでしょう。ご迷惑をおかけしました。
なお、写真は3月4日にSONYのミラーレス一眼レフで撮影した自宅花壇のクリスマスローズです。

2024年03月

  1. Yからの誘惑 ---- 私が好きなこと(4)(03/31)
  2. 「音楽関係の古い本」と「最近のデジタル配信ミュージック」--- 私が好きなこと(3)(03/26)