fc2ブログ

自宅庭のハマユウ 2023.07.22 -- 1

2023.07.22(20:40)

20230721 自宅庭 ハマユウ咲き始め1ブログ用

1枚目は7月21日午前中の撮影です。夜間に多少雨が降ったのか、雄しべの葯の花粉が半分くらい落ちています。

陽当たりが満足ではなく、部分的に開花した程度で、楽さんが7月8日に三浦半島の天神島(植物学的に自生の北限とされています)で撮影されたハマユウには到底かないませんが、わが家のハマユウは三浦郡H町から横浜へ出てきた祖父が、H町の自宅付近の花を持ち込んだものと思われ、わが家としては年に一度は撮っておきたい花です。

伽羅木(キャラボク)がいよいよ「もう長くはない」という気配なので、祖父が持ち込んだ木々、草花の中では、ハマユウくらいはずっと残しておきたい。

わが家のハマユウを 70~300mmズームで撮るのは初めてですが、原サイズでは葉の縁を這うアリまでしっかり写っていたりして、驚異の解像度を発揮しています。

20230722 自宅庭奥 ハマユウの雄しべブログ用

2枚目のハマユウは、翌7月22日(本日)に庭の奥、庇の陰で咲いているハマユウ。場所が悪く全体像はよくないのですが、雄しべの葯についた花粉がしっかりと写っているので、その部分だけを切り取って掲載しました。

20230722 自宅庭ハマユウ 咲き進みブログ用

ラスト3枚目は21日と同じ位置ですが、左側の花房が咲き進んだ写真。それでももう、花弁に傷みが見えています。横浜・東京の梅雨明けが、やっと本日となった空模様では、仕方がありません。

さて、今週は落ちた体力を取り戻すための週というこことで、草刈りをやめて、21日のインプラントの手術以外はなにも予定を入れてませんでしたが、双子の孫たちの弟のほうの体力が落ちていて、発熱が取れず、病院へ連れて行ったり忙しく、私も完全復活とは言えないまま21日を迎えました。

14時の予約でしたがインプラント2本の手術が14時過ぎから17時頃まで続き、またまた体力を消耗しました。

22日(本日)は久しぶりに SanPoの会のウォーキングに誘われていましたが、「そんなことになるのではないか」との予感でキャンセルしていました。結果的に本日は昨日手術した箇所の消毒に行かねばならず、キャンセルしておいてよかった。その後27日の2回目の消毒まで、予定はありません。消毒なんて10分程度で済みますし、今度こそ体力復活の週とする予定です。

孫の弟のほうは夜間に咳が止まらず、よく眠れていない様子。私と同様に体力復活にむけて頑張ってほしいところ、22日(本日)朝は熱もなく、母親の次女と双子兄弟で出掛けていき、水族館など見物して、疲れはあるものの元気な様子。よかった!!

なお、私の小刻みな余暇時間は、読書と好きな音楽を聴くことに充てています。「塵も積もれば山となる」で、かなりの分量になっています。今後は、記事の中でそのような話題にも触れていけたらよいな、と思っています。



2023年07月22日

  1. 自宅庭のハマユウ 2023.07.22 -- 1(07/22)