fc2ブログ

「江戸東京たてもの園」の散策 2023.04.29 -- 1

2023.04.29(21:00)

ゲンゲの記事の際にも書きましたが、4月18日は恒例の「SanPoの会」で武蔵小金井駅に集合し、「江戸東京たてもの園」ほか、玉川上水の沿道を歩きました。

江戸東京たてもの園は、都立小金井公園内にあって、自然豊かで、各建物の庭なども美しく整備され、歩くだけでも豊かな自然を楽しむことができます。

平日で空いていましたが、園児の散策に利用している団体もあり、それぞれのんびりと楽しんでいました。

本日は、そのとき撮影した iPhone13Proの写真の中から、ビックアップしたものを並べます。ウォーキングが主目的ですから、私は通常の一眼レフカメラは携行していませんでした。


20230418 江戸東京たてもの園 藤棚iPhoneブログ用

1枚目は園内の藤棚。後日反省したのですが、このような細部の細かい写真は iPhoneでもRAWで撮影したほうがきれいに撮影できます。「こんなときはRAWで撮影する」という機敏な反応が、まだできていませんでした。


20230418 江戸東京たてもの園 バス1 iPhoneブログ用

2枚目はバス。詳しい解説がないので、明治の頃なのか大正の時代なのか、わかりません。ある解説によると、このボンネットバスは、個人所有の車両であり、東京都所有のものでないことから、展示品、収蔵品とは別の扱いになっているものと思われる、とのこと。

ボンネットバスは元自衛隊の車両であり、東京都とは関係ないが、かつての都営バスカラーをイメージさせる色に塗られ、方向幕にも「上野広小路」と表示されている、とのことらしいです。

20230418 江戸東京たてもの園 都電1 iPhoneブログ用


20230418 江戸東京たてもの園 都電2 iPhoneブログ用

次は都電7500形。これも受け売りですが、この車両は1962年製で、渋谷駅から虎ノ門、六本木、西麻布を経由して新橋駅まで運行されていた6系統の表示で展示されている、とのこと。

中へ入ってみると、かなり長く、大きな車両でした。


20230418 江戸東京たてもの園 前川国男自邸1 iPhoneブログ用

江戸東京たてもの園には、高橋是清が暗殺された自邸が移築されているなど、歴史的に有名な建物もありますが、カメラマン目線から惹かれた建物をひとつだけ載せます。

案内表示には前川國男自邸とあり、私は前川國男がどんな人なのかまったく知らないでいました。

Wikipediaによると、「ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした」建築家だそうです。

江戸東京たてもの園は都立都立小金井公園内にある野外博物館で、東京都が運営していて、料金は格安。自然豊かで美しく、平日はかなり空いている。65歳以上なら200円と料金は格安。ネットで休園日を確かめて、晴れた日にのんびりしに出掛けるのに最適だと思います。


20230418 自宅庭内側 ナニワイバラ1 iPhoneブログ用

最後の2枚、「SanPoの会」に出掛ける前に、天気がよいからと慌てて自宅庭で iPhoneで撮影したナニワイバラと藤棚です。朝のうちは、自宅庭の西側の擁壁の内側に陽が当たるので、このような写真が撮れます。iPhoneのワイドな画角を生かして撮影した写真です。

20230418 自宅庭 藤棚とナニワイバラ1 iPhoneブログ用



2023年04月29日

  1. 「江戸東京たてもの園」の散策 2023.04.29 -- 1(04/29)