fc2ブログ

自宅庭のアマドコロ と 横浜市こども植物園のホウチャクソウ 2023.04.05 -- 1

2023.04.05(22:20)

20230405 自宅庭 花壇のアマドコロ1ブログ用

自宅庭・花壇のアマドコロ(4月5日撮影)

アマドコロ(甘野老)は、キジカクシ科アマドコロ属、ホウチャクソウ(宝鐸草)はイヌサフラン科チゴユリ属。

ほかに外見がよく似た植物としてナルコユリ(鳴子百合)があるが、やはりキジカクシ科アマドコロ属だ。

これらの違い、見分け方に言及するととても面倒だし、ネットには情報があふれているので、調べたい方はネットを検索していただきたい。


20230405 自宅庭 キャラボクの下のアマドコロブログ用

自宅庭・キャラボクの下のアマドコロ(4月5日撮影)

アマドコロは、根茎に甘みがあることと、その根茎の形(野原にいる老人に見立てて野老だそうだ)が名前の由来になっている。わが家の庭のアマドコロは野生ではなく、斑入りの葉の園芸種だが、葉が美しいので気に入っている。

アマドコロの写真の2枚目(上の写真)は、キャラボクの下にあるのを撮影した。かみさんは「植えた覚えがない」と言う。花壇のアマドコロの果実を食べた鳥が種を運んだのだろうか。そういえば、当ブログには果実の写真がない。花が終わると興味をなくし、果実の写真までフォローしていないのだった。


20230404 こども植物園 ホウチャクソウ1ブログ用

横浜市こども植物園のホウチャクソウ(4月4日撮影)

ホウチャクソウの「宝鐸」とは寺のお堂の四隅にぶら下げる鐘のような形をした装飾品のこと。形が似ているという連想で名付けられたとのこと。横浜市こども植物園ではあちらこちらで見かける。



2023年04月05日

  1. 自宅庭のアマドコロ と 横浜市こども植物園のホウチャクソウ 2023.04.05 -- 1(04/05)