fc2ブログ

キキョウの花の観察(その2) 2022.09.08 -- 1

2022.09.08(14:00)

20220703 自宅庭 キキョウの観察3ブログ用

今週はいろいろと用事が重なって、ブログの更新を続けられませんでしたが、「キキョウの花の観察」の続きです。

1枚目は7月3日の写真ですが、6月30日よりも花が咲き進み、花数も増えています。

20220705 自宅庭 キキョウの観察4ブログ用

これが5日になると、上の茎の先端の花2つの、雌しべの柱頭が開きました。

これこそがキキョウの雌花だ、ということがわかります。

5日の時点で、これら2つの花の雄しべは開ききって、雄しべの花粉はすでに散ってしまい、別の花ないし別の株の雄しべの花粉を昆虫が運んでこないと、この雌しべは受粉できないことがわかります。

つまり、キキョウの花は「雄性先熟」だったことがわかります。

20220707 自宅庭 キキョウの観察5ブログ用

3枚目の写真では下の茎の花の雄しべが見えています。

未成熟の雌しべを、雄しべがしっかり取り囲んでいるのですが、中にある未成熟の雌しべは柱頭が開いていないので、その雌しべは受粉することはできません。


前回の写真も含めて全体を見直してみると、キキョウの花がどんなふうに成長するか、キキョウの花の雄性先熟とはどういう仕組みなのか、よくわかりますね。



2022年09月08日

  1. キキョウの花の観察(その2) 2022.09.08 -- 1(09/08)