fc2ブログ

キキョウの花の観察(その1) 2022.09.04-- 1

2022.09.04(15:00)

20220630 自宅庭 キキョウの観察1ブログ用

6月30日頃、自宅庭のキキョウの様子を見て、「今年はキキョウの花の継続観察をやってみよう」と思いついた。

ただ、キキョウの咲いている位置は、ジューンベリーの木とトネリコの木のあいだに挟まれて、キキョウが咲いている位置だけ影になっており、庭のどちらがわから見ても背景が異常に明るく、撮影は困難をきわめた。

1枚目、6月30日の写真はつぼみと花が2つ写っている。

これはいったいどういう状態なのだろう、と不思議に思う。遠い側の花には何やら雄しべの残骸のようなものが見え、近い側の端は花粉のついた棒のようなものが突き出ている。

20220701 自宅庭 キキョウの観察2ブログ用

2枚め7月1日。逆側からだが、近い側の棒のようなものは、雄しべらしきものがしっかりと閉じているのかな、と思わせる。

20220701 自宅庭 キキョウの観察1ブログ用

3枚め7月1日。上の花は、その雄しべらしきものが開いてバラバラになり、残った部分に花粉がこびりついたように見えるが、雌しべが受精している様子には到底見えない。

20220701 キキョウの観察拡大2ブログ用

4枚目(上)、5枚目(下)は近づいてしっかりと撮影したものだが、一般に花の雌しべというのはいかにもそれらしい柱頭が開いて、そこに雄しべの葯からこぼれた花粉が付着するものであって、「いったいこれはどういう状態なのだろう?」と首を傾げざるを得ないのだった。

20220701 キキョウの観察拡大1ブログ用(明日に続く)

この話題は、継続観察によってきちんと結論に至りますが、花のしくみとその変化を調べるのに、同じ株を日を追ってずっと観察し続けることの大切さを感じました。



2022年09月04日

  1. キキョウの花の観察(その1) 2022.09.04-- 1(09/04)