fc2ブログ

アシズリノジギク(足摺野路菊) 2021.11.19 -- 1

2021.11.19(22:00)

20211106 海蔵寺 ノジギクか2ブログ用

 私が 2021年11月15日付ブログで、鎌倉・海蔵寺で撮影してきたキク(1枚目の写真)の種類がよくわからないため、
 「ノジギクか、ハマギクか、リュウノウギク(野路菊 か 浜菊か 竜脳菊)」という苦し紛れの標題を付け、「ご存じの方はご教示ください」とブログ内で書いたところ、神奈川県全域 とくに三浦半島から湘南地方にまでをテリトリにしていらっしゃる mirusiru.jp の mirusiru さんから「アシズリノジギクじゃないですか?」とコメントがあった。
 私は mirusiru さんの知見の深さをよく知っているので、多分アシズリノジギクで正しいのだろう、とは思ったが、突然足摺だなんて高知県の最南端の岬の名前が出てくるのでびっくりした。

20211116 こども植物園 アシズリノジギク1ブログ用

 風邪が治らず、孫の世話に終われ、一方で歩くことを続けて少しでも体調を整えたい、と忙しく動き回っていたので、「あとで落ち着いて調べよう」とそのままにして、翌16日には横浜市こども植物園内を歩きに出かけた。
 こども植物園の山野草を植えてある一角で、いきなり「アシズリノジギク」の立て札と出会ってびっくりした。
 2枚目の写真、葉の白い縁取りの様子はよく似ているが、海蔵寺の写真と比較すると、葉のかたちが微妙に異なっている。
 花弁もあの太い花弁ではない。

20211116 こども植物園 アシズリノジギク2ブログ用

 ふと一段上を見上げると、そこにも一株合って、咲ききった花はリュウノウギクのような花弁の花がふたつ咲いている。
 葉については、個体差もあるだろうと考え、海蔵寺にあったノギク(1枚目)はやはりアシズリノジギクなのだろう、と思った。

 昨日はネットでアシズリノジギクを検索してみた。
 なんと、真っ先にヒットするのは園芸種の販売業者のサイトではないか。そして、そこで目にする写真は、海蔵寺のノジギクの葉とそっくりなのである。
 横浜市こども植物園が植えたものの出所は明らかではないが、海蔵寺が植えたものはきっと園芸種として販売されているアシズリノジギクに相違ない。

 ということで、本日の写真はもう一度海蔵寺で撮影したアシズリノジギクが1枚と、横浜市こども植物園の陽当たりの悪い一角に植えられ、ようやく咲いたばかりのアシズリノジギクが2枚である。
 mirusiru さん、ご教示いただき、ありがとうございました。


2021年11月19日

  1. アシズリノジギク(足摺野路菊) 2021.11.19 -- 1(11/19)