fc2ブログ

カラタチ(枳殻、枸橘)の果実 2021.08.24 -- 1

2021.08.24(19:00)

20210806 ことも植物園 カラタチの実ブログ用

 カラタチの実って、撮りたいと思うときには撮れないのに、この日は絶好の角度でよい写真が撮れました。
 でも考えてみると、8月は例年出歩く機会が少ない。一番暑い時季に出歩いていれば、ちゃんと見られる果実は多いのだ、と今年の夏は気がつきました。
 来年からは、暑い中でも頑張ろう、と思います。


《参考》カラタチの花(2021.04.08 同じ横浜市こども植物園)

20160408 こども植物園 カラタチの花1再録ブログ用

 カラタチ(枳殻、枸橘)はミカン科カラタチ属の落葉低木。カラタチ属というのがあるのですね。
 「日本ではウンシュウミカンなどの柑橘類を栽培するときに台木として使われる」のだそうで。棘を嫌ったら罰が当たります。
 昨日ぼんやりとNHKテレビの「趣味の園芸」を見ていたら、最近の園芸では、こうした植物の棘が邪魔だと、棘だけ切ってしまうらしい。それでも鑑賞や果実の収穫には影響がないとか。
 聞いていて、棘があるからこそ美しい植物を「なんてバカなことをするんだ」と思いました。

20160408 こども植物園 カラタチの花1再録2ブログ用

 さて、カラタチの未成熟の果実を乾燥させたものは、漢方薬にも使われるとのこと。
 このように人に役に立つ「有用植物」は大切にしたいものです。棘も含めて。


2021年08月24日

  1. カラタチ(枳殻、枸橘)の果実 2021.08.24 -- 1(08/24)