FC2ブログ

寒木瓜(カンボケ) 20210331 -- 1

2021.03.31(18:30)

20210301 本牧山頂公園 ボケ1

 撮 影 日:2021.03.01
 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 寒木瓜(カンボケ)という言葉を聞いた。
 え? 何? そういう品種があるの? と調べてみると、
 「ボケ  や クサボケ  は春から咲き始めるが、このカンボケは11月前後から花を開き始める。ボケと同じく中国原産で平安時代頃より日本に渡来」と書かれている解説を見つけた。
 「花が秋から冬に咲くことから寒木瓜の名が付くが、春になるとさらに咲く花が増え、葉も出揃う」とも書かれている。

 ボケは花が呆けているからときどき早くに開花するのだと思っていた(笑)。根岸森林公園の朱色のボケも、初冬にポツポツ咲いていたりする横を、愛犬を連れてずいぶん散歩したものである。

20210301 本牧山頂公園 ボケ3

 ネットのページを見ていると、濃い緋色の花が多い。別名はヒボケ(緋木瓜)という、と書かれているサイトもある。
 それらの写真はまあ、この記事に掲載したような外観の木瓜だ。本牧山頂公園で撮影した。
 しかし、困った。
 じつは、本牧山頂公園には初冬にはあまり花がないので、ほとんど見にこない。確認していない。
 今年の11月〜12月頃、もしかして咲いていないかどうか、確認のため見にくればよい、ということか?
 写真のこの花が初冬に咲くことがあれば「寒木瓜」で、そうでなければ「木瓜」だなどと、どうも植物学上の厳密さに欠けるような話である。


20210301 本牧山頂公園 ボケ2

 Googleで検索すると、白やピンクの木瓜の写真に「寒木瓜」という標題が付いた写真も多い。
 園芸種として「寒木瓜」と名が付けられ、いろいろな品種があるらしい。
 「寒木瓜」と名を付けた方が売れるからと「寒木瓜」と名付けて売っているんじゃないか、との疑いが頭をよぎる。
 「寒木瓜」という品種があるのか、ないのか、どうもなんだか釈然としないなあ、という気持ちを拭えない。

 当記事のタイトルの「寒木瓜」は、写真の花の標題ではなく、「寒木瓜」という言葉について書いたのだ、ということにしておこう。
 
 どなたか、「寒木瓜」について詳しい方、すっきりと説明してくださるとありがたいです。


根岸森林公園のソメイヨシノ 2021.03.30 -- 1

2021.03.30(18:15)

【ケヤキの新緑】

20210329 根岸森林公園 ケヤキの新緑ブログ用

 撮 影 日:2021.03.29
 撮影場所:根岸森林公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同じ

 根岸森林公園は大きくふたつに分かれています。
 近くに住んでいる私たちは「上の公園」「下の公園」などと区別して呼んでいますが、
 旧根岸競馬場の廃墟が見える円形広場のあるのが「上の公園」、旧根岸競馬場のトラックの形がなんとなく残っているひろい芝生広場があるのが「下の公園」です。
 本日は「上の公園」の風景を紹介します。

 桜の記事はできるだけ載せない、と書きましたが、根岸森林公園はブログを始めた頃とは違い、「梅と桜とその他の木立」のほかは芝生だけという、じつにつまらない公園になってしまいました。
 年1回だけ、この時期が最も美しい景観を楽しめますので、ついつい紹介したくなるのです。
 

【米軍施設へのゲート】

20210329 根岸森林公園 米軍施設入り口ブログ用

 横浜市への返還が決まっていますし、施設内はすでにほとんど人の気配すらありません。
 いったい何が問題になっているのか、わかりません。


【旧根岸競馬場一等馬見所の廃墟とソメイヨシノ】

20210329 根岸森林公園 ソメイヨシノと廃墟ブログ用

 見えている建物は「旧根岸競馬場一等馬見所」の廃墟です。

20210329 根岸森林公園 ソメイヨシノとカツラの木ブログ用

 2枚上の撮影ポイントから、右の方へカメラを振っていくと、上のような景色になります。

20210329 根岸森林公園 ソメイヨシノと廃墟2ブログ用


【円形広場からの眺望】

20210329 根岸森林公園 簑沢方面の眺望ブログ用

 鉄塔のすぐ右側は、よく晴れた日は富士山がかなり大きく見えます。
 春は霞が掛かり、穏やかな景色になりますが、富士はほとんど見えません。

20210329 根岸森林公園 みなとみらい方面の眺望ブログ用

 2枚上の写真の撮影位置からからカメラを右の方へ振っていくと、みなとみらいのビル群が見えます。


3月16日の庭の花 2021.03.29 -- 1

2021.03.29(18:30)

【ムスカリ】

20210316 自宅庭 ムスカリブログ用

 撮 影 日:2021.03.16
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下すべて同じ

 キジカクシ科ムスカリ属。


【ヒヤシンス】

20210316 自宅庭 ヒヤシンス1ブログ用

 キジカクシ科ヒヤシンス属。

20210316 自宅庭 ヒヤシンス2ブログ用


【オキザリス】(詳細は不明)

20210316 自宅庭 オキザリスブログ用

 オキザリスに間違いはありませんが、個別の品種名がある、と思います。


【ローズマリー】(和名:マンネンロウ)

20210316 自宅庭 ローズマリーブログ用

 シソ科マンネンロウ属。ハーブとして知られています。


【チューリップ】

20210316 自宅庭 チューリップブログ用


【タチツボスミレ】

20210316 自宅庭 タチツボスミレブログ用

 17日のブログには別のタチツボスミレの写真を掲載しました。


【ツバキ】

20210316 自宅庭 ツバキ1ブログ用

 鉢植えを放置しておいたら、根が伸びて動かなくなってしまいました。
 数多くの立派な花を付けてますが、庭の隅でもったいない。品種名不明です。


【マルバノキの芽吹き】

20210316 自宅庭 マルバノキの芽吹きブログ用

 マンサク科マルバノキ属。
 花の写真を紹介し損ねています。いずれまた。


小石川植物園のスモモ 2021.03.28 -- 1

2021.03.28(18:30)

20210317 小石川植物園 スモモ・メスレー3ブログ用

 撮 影 日:2021.03.17
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 3月17日の小石川植物園の日本庭園付近、フェンスに近いところでたくさんの白い花が咲いていた。
 いままで気がついたことがなかったか、自分が忘れていたのか…、カメラを向けながら掛札を捜した。
 「スモモ、メスリー」とある。

 そうか、これはスモモなのか。
 スモモなどと言うからわからない。たまに食べてみる、あの「プラム」が実る木のことであると、最近になってようやくわかった。

20210317 小石川植物園 スモモ・メスレー2ブログ用

 花の形はウメやサクラと似て、たいへん美しい、バラ科サクラ属り落葉低木でする。
 いままで、それがあの食べる「プラム」と結びついていなかった。なにしろ果実を撮影したことがない。

 傷みやすいのか、こども植物園でも横浜イングリッシュガーデンでも、花にカメラを向けてみると、花弁が落ちてしまっていたり、葯がなくなってしまったりしている花が多く、これまでなかなかきれいに撮れたことがないのがスモモだ。

20210317 小石川植物園 スモモ・メスレー1ブログ用

 NHKの「みんなの趣味の園芸」のサイトによれば、以下のような品種があるらしい。
 ビューティ、大石早生、メスレー、ソルダム、サンタローザ、貴陽などだ。
 スペルまでは確認ができないが、小石川植物園のメスリーと、ネットでの一般名称メスレーは同じスモモだろうと思われる。


《参考:横浜市こども植物園のスモモ》

20200321 こども植物園 スモモ1再録ブログ用

 撮 影 日:2020.03.21
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 悔しいことに、横浜市こども植物園のスモモも、小石川植物園のメスリーも、イングリッシュガーデンのベニバスモモも、まだ果実の写真を撮ったことがない。
 最近は、私は「実のなる植物」にこだわっている。残り少ない人生だから、うまいと言われるものは片っ端から食べてみたいという欲があるのだ


《参考:横浜イングリッシュガーデンのベニバスモモ》

20170318 横浜イングリッシュガーデン ベニバスモモ再録ブログ用

 もっとも、ベニバスモモは観賞用に改良されたスモモで。西南アジア、コーカサスに分布するミロバランスモモと野生のスモモとの雑種と考えられているそうだ。庭園などで新葉の赤を楽しむために植栽されるらしい。
 プラムとしてはとくに知られていないから、ベニバスモモがうまいかどうかはわからない


自宅庭のユキヤナギ(雪柳) 2021.03.27 -- 1

2021.03.27(18:17)

20210316 自宅庭 ユキヤナギ1ブログ用

 撮 影 日:2021.03.16
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 さて、本日のウォーキング歩数24,225歩。
 そのうち9割はサクラの木の下を歩いていました。さすがに疲れました。
 写真は1枚のみです。


根岸森林公園のオオシマザクラ(大島桜) 2021.03.26 -- 1

2021.03.26(19:00)

20210323 根岸森林公園 オオシマザクラ遠景1ブログ用

 撮 影 日:2021.03.23
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同日、
      レンズは EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今年の根岸森林公園のオオシマザクラはわかりやすい。
 オオシマザクラがほぼ満開に近くなってから、ソメイヨシノがちらほらと開花し始める。
 オオシマザクラだけが咲いている、という状態が先にあるので、「あれまあ、ここにもオオシマザクラが! 」ということになる。一周してみると、案外とあちらこちらにオオシマザクラがあることがわかった。

20210323 根岸森林公園 オオシマザクラ枝1ブログ用

 花弁は真っ白で大きく、存在感がある。
 雄しべがはっきりしていて、黄色い葯が目立つ。
 葉が開花と同時に見られるので、全体の様子が白と新緑の色で清々しい。
 それがオオシマザクラの特徴だ。
 花の大きさと、新緑の葉の量にはかなりの個体差があるが、上の特徴が揃っていれば、まずオオシマザクラに間違いない、と思ってよい。

20210323 根岸森林公園 オオシマザクラ枝2ブログ用


20210323 根岸森林公園 オオシマザクラマクロ1ブログ用

 前々日の風雨の影響で、高い方の枝では花弁が引きちぎられたりしているようだ。


20210323 根岸森林公園 オオシマザクラマクロ2ブログ用

 この枝もかなり花が傷んでいる。


20210323 根岸森林公園 オオシマザクラマクロ3ブログ用

 低い枝では開花したばかりで新鮮な花が見られる。


20210323 根岸森林公園 オオシマザクラHDRトーンブログ用

 最後の写真はちょっと遊んでみた。特殊な加工がしてある。
 後ろのほうでぼけて見えている林は、これからソメイヨシノが咲き始める予定だ。

 今年はあまりサクラにこだわらず、数多く記事にはしないつもりだが、オオシマザクラは好きだから、どうしても一度はブログに載せないと気が済まなかった。


フサザクラ(房桜) 2021.03.25 -- 1

2021.03.25(18:30)

〈つぼみ〉2021.03.11

20210311 小石川植物園 フサザクラつぼみブログ用

 撮 影 日:2021.03.11
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 フサザクラ(房桜)はキンポウゲ目フサザクラ科フサザクラ属の落葉高木だ。
 フサザクラに花被(花弁)はない。多数の紅色の雄しべがチャームポイント。
 下は2019年3月20日に撮影したフサザクラの花だ。

〈フサザクラの花〉2019.03.20

20190320 小石川植物園 フサザクラ花ブログ用

 ご覧のようにフサザクラの花で目立つのは雄しべばかり。
 「フサザクラの花は雄しべがしっかりしているうちは雌しべがほとんど見えない」と知っていたので、今年は「なんとか撮影してやろう」と意気込んで、3月17日にまた出かけていった

〈フサザクラの雄しべ・雌しべが見える花〉2021.03.17

20210317 小石川植物園 フサザクラ雌雄揃った花ブログ用

 しかし、「これがそうかな」と見つかるのは、「これから雌しべに成長しそうな、小さな白い何か」がちょこっと見えている姿だけである。 
 加齢とともに視力が衰え、近寄って肉眼で見てもわからない。とりあえず、シャッターを切って、自宅で写真を確認しようと思った。
 じつは、上の写真は雌しべが写っているのだ。
 雌雄の蕊が揃って見えている。しかし、ブログ写真としてはきわめてわかりにくくて、説明がむずかしい。


〈フサザクラの雌しべ〉2019.03.27

 もっと雌しべがはっきり見えている写真がほしい。
 悔しいので、ここ数年分の3月の写真ファイルを徹底的に捜してみた。

20190327 小石川植物園 フサザクラ雌花1ブログ用

20190327 小石川植物園 フサザクラ雌花2ブログ用

 上の写真、右上の花(雄しべは枯れて散っている)は雌しべが大きく発達しているのが見えるではないか。
 私は2年前にフサザクラの雌しべきちんと撮影していたのだった。
 そのときにきちんと記事にしていたら、忘れてしまうこともなかっただろう。
 ともあれ、これでフサザクラのブログ記事は雄しべ、雌しべが揃ったことになる。

 ついでに下に冬芽と果実の写真も掲載しておこう。

〈フサザクラの果実〉2019.02.14

20190214 小石川植物園 フサザクラの果実再録ブログ用

 現在使用しているカメラを購入してから、約9年間が経過している。
 昨年胃ガンの手術と新型コロナの騒ぎなどでほぼ1年間を棒に振ったが、今年もまだコロナ騒ぎが終息していないし、孫の世話も負担になって、出掛けられない日が出てくる。その分、新しい写真は撮りにくい。

 「以前から気になっているし、撮影したこともあるのに、忙しいからと調べもせず、記事にしないで放置していた植物」を、今後はきちんと調べ直し、記事にしていくという作業を地道にやっていきたい。
 昨日の「ユスラウメ」もそのような例である


2021年03月

  1. 寒木瓜(カンボケ) 20210331 -- 1(03/31)
  2. 根岸森林公園のソメイヨシノ 2021.03.30 -- 1(03/30)
  3. 3月16日の庭の花 2021.03.29 -- 1(03/29)
  4. 小石川植物園のスモモ 2021.03.28 -- 1(03/28)
  5. 自宅庭のユキヤナギ(雪柳) 2021.03.27 -- 1(03/27)
  6. 根岸森林公園のオオシマザクラ(大島桜) 2021.03.26 -- 1(03/26)
  7. フサザクラ(房桜) 2021.03.25 -- 1(03/25)
次のページ