FC2ブログ

自宅庭のクリスマスローズ(その1) 2021.02.23 -- 1

2021.02.23(18:40)

20210222 自宅庭 クリスマスローズA1プログ用

 撮 影 日:2021.02.22
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 皆様、ご無沙汰しておりました。
 いろいろと多忙な日々が続いていましたが、久しぶりの写真記事は「自宅庭のクリスマスローズ(その1)です。

20210222 自宅庭 クリスマスローズA2ブログ用

 クリスマスローズはキンポウゲ科ヘレボルス属。
 NHK「みんなの園芸」によれば、『無茎種(茎がなく、根茎から葉柄と花柄が別々に伸びる)のヘレボルスで、無茎種の原種を交雑させてできた園芸種を指す』そうです。
 花弁にに見える部分は萼片であり、散らずに長期間残るので、鑑賞できる期間が長いのが特徴です。
 タキイ種苗によれば、本来は、ヘレボルス属の中でも冬咲きするニゲル種のことを指し、クリスマスの頃から咲くのでクリスマスローズと呼ばれていたとのことですが、現在は2月頃から咲く園芸種がよく知られています。

20210222 自宅庭 クリスマスローズA3ブログ用

 クリスマスローズは「種で増やしても花色、花形、花の模様が安定せず、同じ花が咲かない」ことで知られています。
 株分けで増やすことも大量にはできないそうで、そのため、細かな園芸品種名を付けて販売するのではなく、花の形や模様の特徴で名前が付けられているそうです。
 自宅の庭のクリスマスローズですが、写真の花がどういう種類なのか、私は知りません。

20210222 自宅庭 クリスマスローズA4ブログ用

 わが家では、場所によって日照時間が限られる部分が庭に多いのが幸いしてか、栽培は比較的容易で、春先の大きな楽しみとなってくれています。
 この記事は、ほかの色のクリスマスローズへと続きます。

20210222 自宅庭 クリスマスローズA5ブログ用

 次の写真は、レンズが変わります。
 Tamron の広角レンズでの撮影です。

20210222 自宅庭 クリスマスローズA6TAMブログ用

 撮 影 日:2021.02.22
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012 次の写真も同じ


20210222 自宅庭 クリスマスローズA7TAMブログ用

 上の写真も Tamron の広角レンズで撮影しました。


20210222 自宅庭 クリスマスローズA8TAMブログ用

 撮 影 日:2021.02.22
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後はいつもの CANONの100mm Macro です。


2021年02月23日

  1. 自宅庭のクリスマスローズ(その1) 2021.02.23 -- 1(02/23)