FC2ブログ

ノブキ(野蕗)の果実 2011.11.11 -- 1

2020.11.11(16:00)

【ノブキの花】

20180830 自然教育園 ノブキの花再録2ブログ用

 撮 影 日:2018.08.30
 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 2018年の8月30日に白金台の自然教育園でノブキ(野蕗)の花を撮影したことがある。
 ごらんのとおり、つぼみもまだたくさんあったし、果実を撮影できることを楽しみにしていたが、その後何度か自然教育園を訪れたのに、果実が見つからず、撮影はできないままに終わっていた。


【ノブキの果実】

20181021 小石川植物園 ノブキの果実1ブログ用

 撮 影 日:2018.10.21
 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下2枚も同じ

 一昨日から昨日にかけて、アザミについて執拗に調べていた際、2018年10月21日の小石川植物園の写真の中に、ノブキの果実を見つけた。
 どこか草むらに座り込んで撮ったのだろう、と思う。
 このときは2ヶ月前に撮影したノブキのことなどすっかり忘れていて、撮影しているそれがノブキの果実だとは、まったく気がついていなかったのだった。

20181021 小石川植物園 ノブキの果実3ブログ用

20181021 小石川植物園 ノブキの果実2ブログ用

 さて、こういう機会に記事にしておかないと、また忘れてしまう。
 2年も前の秋の話で申し訳ないが、ようやくノブキの花と果実が結びついたので、また忘れてしまわないうちに記事にして記録に残しておきたい。


【ノブキの花】(近付いて撮影した一枚)

20180830 自然教育園 ノブキの花再録1ブログ用

 撮 影 日:2018.08.30
 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 あらためて、調べてみた。
 ノブキは、横に這う地下茎のある多年生草本でキク科ノブキ属だそうだ。
 葉がフキにやや似ていて、地味な花を咲かせるが、この花が結構ややこしい。
 頭花を構成する小花の内、外側には雌花が並び、内側には両性花が並ぶ、というのだ。そして雌花は結実するが、両性花は不稔である。
 写真の花は開花したばかりで、小さくしか写っていなくて、なかなか見分けがたいが、もう少し近づいて撮っていれば、両性花と雌花の区別がもっとはっきりとわかったかも知れない。
 外側に並んだ雌花の下にある子房が、上の妙な形で突き出た果実になる、ということらしい。

 一度ここまで知識を深めておけば、次の機会には私はノブキを見つけやすくなっているはずだ。
 またの機会に期待しよう。
 気持ちに余裕のあるときは、興味を惹かれると、わからないままにも一応レンズを向けて撮影しておく。そういう習慣がある。こんなふうに、後からでも役に立つことがあるから嬉しい。


2020年11月11日

  1. ノブキ(野蕗)の果実 2011.11.11 -- 1(11/11)