FC2ブログ

キキョウ(桔梗) 2020.09.10 -- 1

2020.08.10(16:30)

《倒れてしまったキキョウ》自宅庭

20200720 自宅庭 キキョウ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.20
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 2020年7月20日、自宅庭のキキョウです。伸びて、倒れて、花を咲かせています。
 キキョウには、多くのカメラマンが陥りそうな罠があります。
 上の写真のように花の真ん中の柱頭がきれいな「星形」になったら撮影したい、と待ってしまう。

 しかし、キキョウの花は雄性先熟であり、まず雄しべが成熟して花粉が出て(雄花期)、その後に雌しべが開き(星形が整い)、柱頭が受粉可能になります(雌花期)。
 待っている間に、ひょろひょろと伸びるキキョウは風に煽られ、雨に打たれ、倒れてしまう、というわけです。


《撮影が遅すぎて、疲れが見える雌性期のキキョウの花》こども植物園

20200802 こども植物園 雌性期のキキョウ花1ブログ用

 撮 影 日:2020.08.02
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 8月2日にこども植物園で撮影した雌性期のキキョウの花。
 ここは風の影響をあまり受けにい場所にキキョウがありますが、さすがに8月では遅すぎました。株全体に長雨の疲れが見えてしまっています。

20200802 こども植物園 雌性期のキキョウ花2ブログ用

 NHKテレビで「万葉の花」という特集を月に一回続けていますが、万葉集に出てくる朝顔(あさがほ)がこのキキョウの花だ、というのが定説のようです。
 「朝顔は朝露負ひて咲くといへど夕影にこそ咲きまさりけり」詠み人知らず


《雄性期のキキョウの花とつぼみ》こども植物園

20190703 こども植物園 雄性期のキキョウとつぼみブログ用

 撮 影 日:2019.07.03
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キキョウといえば「つぼみのかたち」も魅力的! 
 開いた花に星形の雌しべの柱頭、その隣りに若いつぼみ、というのが写真としては理想ですが、なかなかそううまい具合にはいかないものです。
 上の写真(2019年7月3日横浜市こども植物園)はつぼみは入ったけれど、雄性期のキキョウの花です


2020年08月10日

  1. キキョウ(桔梗) 2020.09.10 -- 1(08/10)