FC2ブログ

トモエソウ(巴草) 2020.07.06 -- 1

2020.07.06(17:30)

20200617 舞岡公園 トモエソウ1

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 一昨日の記事のオトギリソウに引き続き、トモエソウ(巴草)も、オトギリソウ科オトギリソウ属 の多年草。
 横浜市戸塚区の舞岡公園では、オトギリソウとほぼ同時期に見られる。
 楽 さんから教わったのだが、一日花なので、午後になると萎れ始めるから午前中に撮るべきだそうだ。
 6月17日、私は午前中に出掛けたものの、谷戸の田の畦道や水路付近で、イグサとかオオチドメとかこだわって撮影していて、トモエソウのある辺りへまわっていくのが遅れた。
 コンビニで買ったおにぎりを食べるなど休憩していたのもよくなかった。
 やや萎れ始めたところで、何枚かはなんとか見られる写真を撮れたようだ。すべり込みでセーフかアウトか、リプレー検証されても仕方がないところだが…。
 上の花は、あきらかに萎れかけている。

20200617 舞岡公園 トモエソウ 2

 花冠がやや大きく、花弁が巴状につくのが特徴で、それがこの花の魅力だが、黄色の花弁に黄色の雄しべはとても撮りにくい。私のブログにも、過去に萎れかけた自然教育園のトモエソウの写真が1枚あるだけだ。
 トモエソウもオトギリソウも、ネットにはよい写真が案外と少ないのは、「一日花だから」なのか「黄色い花は同色の蕊が花弁の色に埋もれて撮りにくいから」なのか…。たぶん両方の理由が重なっているからではないか、という気がしている。

20200617 舞岡公園 トモエソウ 3


20200617 舞岡公園 トモエソウ4

 長年うろ覚えだったオトギリソウとトモエソウの撮影ができ、関連知識も整理できて、ほっとしている。
 新型コロナウイルスの騒ぎや自分の体調の不良などの問題点は引き続き続いているが、一方でいろいろと新しい植物を憶え、うろ覚えだった知識は確実なものとなっている。ここ1、2ヶ月の成果には満足してもよいだろう。


2020年07月06日

  1. トモエソウ(巴草) 2020.07.06 -- 1(07/06)