FC2ブログ

自宅庭のハマユウ(浜木綿) 2020.07.26 -- 1

2020.07.26(20:00)

20200724 自宅庭 ハマユウ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 咲き始めて数日経過、「もう少し開いて全体のかたちが整ったら撮影しよう」と待つと、なぜか長雨や暴風の日が挟まって、花はズタズタ。なかなか撮影できなかったのが今年のハマユウでした。
 何本かはダメにしても、あとから新しい花茎が立ち上がってくるのがハマユウのよいところですが、今回花茎が立ち上がった場所は上にヤマボウシの木があって、全体の形が整うのはむずかしそうです。
 もう待つのはよそう、と決めて、中途半端ながら撮影したのがこの写真です。

20200724 自宅庭 ハマユウ 2ブログ用

 ハマユウはヒガンバナ科ハマオモト属の多年草。
 神奈川県三浦市出身の祖父が、現住居地に自宅を建てる際に持ち込んだもの、と思われます。


オニユリとキアゲハ 2020,07.25 -- 1

2020.07.25(20:30)

20200724 オニユリとキアゲハ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 庭がかなりひどい状態なので、できるだけ草むしりに励もうとしています。
 とはいえ、一生懸命やり過ぎると腰が痛くなるので、軽いストレッチで復活できるという、その手前でやめておかないといけません。せいぜい1時間が限度でしょうか。
 その草むしりの際中にいろいろと目につくので、いったん家へ入ってからカメラを持って出直してきて、こちらのような写真を撮っています。

20200724 オニユリとキアゲハ2ブログ用


20200724 オニユリとキアゲハ 3ブログ用

 オニユリはアゲハなどの蝶類には人気があるようでも繰り返し繰り返しやってきます。
 ふだん動く対象はあまり撮らないので、カメラの設定をとっさに連写に変えようとか、その辺がうまくいかず、止めて家へ入ってから操作法に気付いたりします。

20200724 オニユリとキアゲハ 4ブログ用

 あたふたしていても、これだけ撮影できたのは、キアゲハが何度も何度も繰り返し私の目の前にやってきてくれるからです。

20200724 オニユリとキアゲハ5ブログ用


自宅庭で咲いた風変わりなドクダミの花 2020.07.24 -- 1

2020.07.24(21:00)

20200724 自宅庭 ドクダミの花2ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 抜いても抜いても出てくるしつこいドクダミ。
 かみさんとふたりで草むしりの真っ最中、かみさんが「ちょっと見て!」と呼ぶので見たら、このドクダミの花がありました。
 「あとで撮影してから抜いてほしい」と頼んでそのままにしておいたのがこの写真のドクダミです。
 この花の葉は、すぐ近く(花の下)に見えている小さめの葉で、ほとんど生長しないまま(背丈が低い)花を付けたようでした。

20200724 自宅庭 ドクダミの花1ブログ用

 というわけで、本日の写真はこのドクダミの花。
 何が起きていると考えられるのか、その可能性でもよいので、どなたか、私の代わりに解説していただけるとありがたいです。
 小さな石が見えているのは近くにあるバラを囲ってある置き石です。

20200724 自宅庭 ドクダミの花3ブログ用


オニユリの庭 2020.07.22 -- 1

2020.07.22(17:40)

20200716 自宅庭 オニユリ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.16
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 7月16日曇り。
 天気予報ではずっと雨ないし曇りの日が続きます。
 待っていればオニユリは次から次へとどんどん咲いて、かえって撮影しにくくなるだろうと予測し、
そろそろ見切り発車で撮影してみよう、と決めました。

20200716 自宅庭 オニユリ2ブログ用


20200716 自宅庭 オニユリ3ブログ用



20200716 オニユリの下のカタツムリブログ用

 オニユリの下で這っていたカタツムリ。
 久しぶりに自宅庭でカタツムリを見ました。

20200716 自宅庭 オニユリ4ブログ用


20200716 自宅庭 オニユリ5ブルーベリー付ブログ用

20200716 自宅庭 オニユリ6ブログ用


20200716 自宅庭 オニユリ7ブログ用


20200716 自宅庭 オニユリ8ブログ用

 いかがでしょうか?
 「鬱陶しくなってきた」というのが、正直な感想ではありませんか?

 最後の写真は写り込んでいる花の数が最も多いですが、これでも、おとなしくきれいに見えるところを選んで撮影しているのです。
 つぼみがたくさん見えますよね。それらが次から次へとどんどん開花します。
 7月21日のオニユリの様子は、道路を通行する方たちが「ここの家はオニユリ屋敷か?」と呆れているのではないか、と思うほどでした
 じつは21日も少し撮影しましたが、花が多すぎてよい写真にはなりませんでした。
 少し間引いて伐ってしまおうか、と倒れたものは処分するのですが、ぴんと立って咲いているのを伐るのは可哀想ですし…。
 1個所だけでなく、7、8ヵ所に分散していますので、全体を見ると庭はオニユリだらけです。
 今朝は雨がかなりひどく降っていますので、これでかなり倒れれば、明朝は鋏を持って庭へ出て行くことになるでしょう。


わが家のブルーベリー 2020.07.16 -- 1

2020.07.16(15:50)

20200624 ブルーベリーの実ブログ用

 撮 影 日:2020.06.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 わが家の3本のブルーベリーの木は6月下旬から少しずつ収穫期に入っています。

20200702 収穫したブルーベリーブログ用

 撮 影 日:2020.07.02
 撮影機器:iPhone11Pro

 2、3日に1回ずつ上の写真のような具合に収穫します

20200702 ホットケーキ with berriesブログ用

 撮 影 日:2020.07.02
 撮影機器:iPhone11Pro

 そのまま食べてもおいしいですが、アイスクリームに載せたり、写真のようにしてみたり…。
 赤い小さな粒の集まりはラズベリーです。最初はせいぜい20くらいの収穫かと思っていましたが、その20粒が何回も重なりました。これもなかなかおいしいです。

20200716 オニユリとブルーベリー1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.16
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後の写真はオニユリがブルーベリーのほうへ垂れてきたところを1枚。
 ブルーベリーはまだまだたくさん実っているので、最終的にはいったん冷凍して、ジューンベリーも少し加えて、ブルーベリー・ジャムになるでしょう


自宅庭のヤマユリ 2020.07.11 -- 1

2020.07.11(21:20)

20200702 自宅庭 ヤマユリ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.02
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III 以下同じ

 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM
 昨年の台風で傷んだ屋根の補修、今後の災害に備えてのヒノキの大木の伐採など、いろいろとやりまして、屋根樋の調整も頼んだところ、「あっ」と気がついたときには、もっとも高く伸びたヤマユリのよい枝を職人さんが折ってしまっていました。
 さらには、暴風と長雨が続き、今年のヤマユリは散々な目に遭って、よい写真を撮れないままシーズンを終えました。
 夜間、開けた窓からヤマユリの香りを楽しむのもせいぜい二晩だけに終わってしまいました。

20200702 自宅庭 ヤマユリ2ブログ用

 かわいそうだから、やはりブログには載せておこう、と記事を書きました。

20200702 自宅庭 ヤマユリ3ブログ用


20200702 自宅庭 ヤマユリ 4ブログ用


 ちなみに昨年7月9日のヤマユリは下の写真のようでした。

《昨年のヤマユリ》

20190705 自宅庭 ヤマユリ全体再録ブログ用

 年々温暖化等で天候が荒れ、季節外れの台風が押し寄せたりして、季節の花も満足に楽しめないことが多くなってきているようなきがします。
 そこへ新型コロナウイルスの騒ぎが長期化し、ウィズ・ウイルスだかなんだか、新しい生活様式へ生活そのものを変えていくように、とのこと。
 次第につまらない世の中へと変化していっているようで、残念です。



庭の黄色いユリ 2019.07.09 -- 1

2020.07.09(18:00)

20200629 自宅庭 黄色いユリ1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.29
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 6月29日、梅雨の晴れ間に撮りました。
 カサブランカ系の園芸種だろう、と思います。
 この左隣に2輪咲いている株があり、なかなか豪華でした。
 最後は長雨でやられてしまい、今年のユリたちの寿命は短くて残念です。


2020年07月

  1. 自宅庭のハマユウ(浜木綿) 2020.07.26 -- 1(07/26)
  2. オニユリとキアゲハ 2020,07.25 -- 1(07/25)
  3. 自宅庭で咲いた風変わりなドクダミの花 2020.07.24 -- 1(07/24)
  4. オニユリの庭 2020.07.22 -- 1(07/22)
  5. わが家のブルーベリー 2020.07.16 -- 1(07/16)
  6. 自宅庭のヤマユリ 2020.07.11 -- 1(07/11)
  7. 庭の黄色いユリ 2019.07.09 -- 1(07/09)
次のページ