FC2ブログ

バラの初心者が惹かれる大輪の豪華なバラ「ピエール・ド・ロンサール」 2020.05.30 -- 1

2020.05.30(20:00)

20200514 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール1ブログ用

 撮 影 日:2020.05.14
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下、最後の2枚のみ2020.05.15 撮影

 ピエール・ド・ロンサールはバラの魅力に惹かれた人たちが最初に憶えるバラのひとつだろう。
 命名の由来は16世紀フランスの抒情詩人のなまえだという。この詩人にまつわる物語はよく知られているらしいが、長くなるので割愛。
 フランスのメイアン社が1988年に作出したバラだ。

20200514 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール2ブログ用

 ピエール・ド・ロンサールは南西の擁壁沿いにあって、地上3mくらいまで這い上り、かつては大輪の花を数多く咲かせた。
 しかし、モチノキ、オオデマリ、カエデなど陽当たりを邪魔する木が多く、昨年はほとんど花を咲かせなかった。

20200514 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール3ブログ用

 周囲の木々を刈り込んだりしたので、今年はやや復活の兆しが見える。
 しかし、この辺りはまだ繁みがかなり混み合っていて、カメラマンの私が立ち入るスペースにも困る状態である。
 高温多湿になりやすく、もっと整理が必要なのだ。
 オオデマリとカエデは、数年前から伐採候補に挙がっているのだが、なかなか決断できないでいる。

20200514 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール4ブログ用


20200515 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール5ブログ用


20200515 自宅庭 ピエール・ド・ロンサール6ブログ用

 バラのピークは過ぎて、6月の花々が咲き始めている。未紹介のバラも多いので、2、3種は紹介しつつ、まもなくブログも新しいシーズンに移行していかざるを得ないだろう。


2020年05月30日

  1. バラの初心者が惹かれる大輪の豪華なバラ「ピエール・ド・ロンサール」 2020.05.30 -- 1(05/30)