FC2ブログ

5月上旬〜中旬の庭から(8) 2020.05.26 -- 1

2020.05.26(19:30)

【ヤマボウシ】

20200513 自宅庭 ヤマボウシ1ブログ用

 撮 影 日:2020.05.13
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 わが家の庭のヤマボウシ。木の仕立てにもよるのだが、横に広く枝を伸ばしたりしたらすぐに軒にぶつかってしまう。
 しかし、現在の木の伸ばし方では、花が見えにくいのだ。
 2階のベランダから望遠レンズを使うしかないが、その望遠レンズを落としたために、フォーカスを合わせられなくなった。修理に出すしかないが、高く付きそうで躊躇している。

20200513 自宅庭 ヤマボウシ2ブログ用

 というわけで、ヤマボウシの花を撮るのに、脚立を持ちだしてその上に乗って、100mmマクロレンズで撮影し、多少トリミングしたのがこれらの写真だ。
 拡大すれば花の形もきちんと見える。真ん中の花も一部が開いているようだ。

20200513 自宅庭 ヤマボウシ3ブログ用


【イチジク】(無花果)

20200511 自宅庭 イチジク2ブログ用

 撮 影 日:2020.05.11 下の写真も同じ

 昨年カミキリムシがイチジクの木にやってきて、穴を開けた。
 幼虫が中で食い荒らしたらしく、大枝1本を根元近くから諦めて切った。
 植物は大したもので、残った枝2本を大きく伸ばしている。
 庭の正面に近いのに、こんなにイチジクを大きくしてどうするんだ! と私は少し不満があるけれど、イチジクは食べるとおいしいのである。

20200511 自宅庭 イチジク1ブログ用


【バラ「ホワイトメイディランド」(White Meidiland)】

20200512 自宅庭 ホワイトメイディランド1ブログ用

 撮 影 日:2020.05.12 以下同じ

 このバラは1980年、フランスのメイアン社が作出した。純白で四季咲きのシュラブ系の修景バラだ。
 「修景バラ」とは、都市計画に沿った公共の場に植栽するのに適したバラ。つまりはごく自然な雰囲気を出すのに都合のよい、花付きがよくて、病害虫に強く、手が掛からない、放っておけば繁みの格好が自然に付くような、そういうバラのことだ。
 下の写真を見ていただければ、一目瞭然。まさにその条件を満たしているではないか。

20200512 自宅庭 ホワイトメイディランド 2ブログ用


20200512 自宅庭 ホワイトメイディランド3ブログ用


20200512 自宅庭 ホワイトメイディランド4ブログ用


2020年05月26日

  1. 5月上旬〜中旬の庭から(8) 2020.05.26 -- 1(05/26)