FC2ブログ

H・R・ギーガーがデザインしたエイリアン 2020.05.24 -- 1

2020.05.24(20:00)

 H・R・ギーガーというスイスの画家をご存じだろうか。
 米国のSF映画「エイリアン」のデザイナーだ。つまりはグロテスクなイメージの絵を得意としていた人である。「H・R・ギーガーの世界」という映画もあって、彼の自宅を中心に、創作方法などを紹介していておもしろい。
 それはともかく、エイリアンのデザインだが、歯のある長い口、それを開くと、そこからさらにもうひとつの口が出てきて威嚇する。
 以下に、「エイリアンのイメージを再現している」と勝手に私が類似性を感じている植物を紹介するが、画家自身、どこかでこうした動植物のイメージを見ていて、それをネタにイメージを膨らませているはずだ、と感じている。

【シラン】(紫蘭)

20140501 自宅庭 エイリアンの口を思わせるシランブログ用

 撮 影 日:2014.05.01
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 ギーガーの創作には、怖さと同時にエロティシズムがある。
 ピンクのシランは艶やかであり、少しばかりのエロティシズムを感じさせると同時に、歯をむき出した異形の怖さをも感じさせる。


【コエビソウ】別名:ペロペロネ

20200512 近所のお宅 エビソウ1保存用

 撮 影 日:2020.05.12
 撮影場所:自宅の周辺
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 近所のお宅から道路側にはみ出しているコエビソウの横顔を撮っていたら、なんと口の中から口が出てきているではないか。
 これぞエイリアンだ! と私は感じた。
 コエビソウはメキシコ原産の多年草で、コエビソウはペロペロネの名で知られている。キツネノマゴ科だそうだ。

20200512 近所のお宅 エビソウ2ブログ用


【アカンサス・モリス】

20200518 自宅庭 アカンサスモリスアップ4ブログ用

 撮 影 日:2020.05.18
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下撮影日のみ記載

 同じような花の構造をしている花が、いまの季節にもうひとつある。昨日紹介したアカンサス・モリス(ハアザミ)だ。

20200520 自宅庭 アカンサスモリスアップ1ブログ用

 撮影日:2020.05.18

 なんとなくエイリアンを思わせるなあ、と感じて、花を覗き込んでいたのは、この花も口の中から口が飛び出しているような感じがするからだ。
 調べたら、やはりキツネノマゴ科だった

20200520 自宅庭 アカンサスモリスアップ2ブログ用

 撮影日:2020.05.20


20200518 自宅庭 アカンサスモリスアップ3ブログ用

 撮 影 日:2020.05.18

 花は観賞する人に「顔」を感じさせる。
 ゴマノハグサ科の花は「とくに異形の顔を感じさせるなあ」というのが私の感想だ。

 なお、コエビソウの花は白く見える部分(つまり口の中から出ている口)のところが花の本体だ、ということだ。アカンサス・モリスも白い部分が花だ、という。


2020年05月24日

  1. H・R・ギーガーがデザインしたエイリアン 2020.05.24 -- 1(05/24)