FC2ブログ

サワフタギ(沢蓋木) 2020.05.04 -- 1

2020.05.04(19:30)

200425 こども植物園 サワフタギ3ブログ用

 撮 影 日:2020.04.25
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 サワフタギ(沢蓋木)は、どこかへ遠征したときに青い実を見つけたのが最初だった。
 横浜市こども植物園に低い木があるのを見つけて、何回も花を撮影しようと試みてきたが、いつもうまくいかない。
 たまたま花の時期にタイミングが合っても、咲いている場所が薄暗く、足場もやや悪く、どうしても満足のいく撮影結果が得られなかった。
 これらの写真も、一見フォーカスが当たってるように見えるかも知れないが、Photoshop で見えやすく修正しているから、どこか無理をしているという印象の写真になってしまう。今回はこれでもマシなほうである。
 葉の様子やつぼみ、枝振りなども入っているので、総合的に判断して今回は良しとしようと決断した。

200425 こども植物園 サワフタギ2ブログ用

 初めて真剣に調べて見た。
 サワフタギはハイノキ科ハイノキ属の落葉低木だそうだ。別名、ルリミノウシコロシ。「瑠璃色の実の牛殺し」の意らしい。牛殺しはカマツカに似ているからだそうで、毒があるとかそういうことではない。
 谷間や湿地に多いというから、この木を陽当たりのよい明るいところで撮ろうというのがそもそも無理なのかも知れない。

200425 こども植物園 サワフタギ1ブログ用

 アルミニウムを多く含むので、材を燃やした灰を紫根染めの媒染剤として利用してきたそうだ。ハイノキもサワフタギと似たような花のようだが、花柄はかなり長めだ。
 和名「沢蓋木」は沢を塞ぐように葉が生い茂ることから、だそうである。

 サワフタギ、ハイノキ、カマツカも住宅地では見つからず、よく知らない木ばかり。今回はよい勉強になった。


2020年05月04日

  1. サワフタギ(沢蓋木) 2020.05.04 -- 1(05/04)